ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP韓国の財閥系 ≫ ロッテ創業家一族に関連した汚職捜査で遂に自殺者が!

ロッテ創業家一族に関連した汚職捜査で遂に自殺者が!

TEXT BY オルラッタネリョッタ!





今日の朝7時過ぎ、いわゆる「韓国ロッテの番頭さん」が、
경기도(京畿道) 양평군(楊平[ヤンピョン]郡) 서종면(西宗面[ソジョンミョン]) 문호리(汶湖里[ムノリ])、
北漢江[プッカンガン]の岸辺の散策路で遺体となって横たわっているところを
通行人により発見されたとの報道が現在韓国でバンバン報じられています。
細かな状況は樹木の枝にネクタイを結んで首つり自殺を試みたと推定されています。


372467642382.png

이인원(李仁源[イ・イヌォン])副会長 享年69歳

出身地:慶尚北道/慶山市
学歴:韓國外國語大學校 日本語学科卒
経歴:ロッテホテル入社(1973年)→ロッテショッピング社長(1997年~)→
ロッテショッピング政策本部長[副会長職](2011年~)



先月の始め、「ロッテの創業家から初の逮捕者が出ました!」なんて
当ブログでもご紹介しましたが、
とにかくここんところ、検察がロッテに目をつけ、熱心に捜査しています。
その内容とは・・・


Baidu IME_2016-8-26_9-46-17


①ロッテ系列社間の資産売却を通じて「裏金を作っているのでは?という背任疑惑」
②이명박(李明博[イ・ミョンバク])政権時代のロッテに対する「えこひいき疑惑」
(第2ロッテワールド許認可、免税店の出店等)
③ロッテ創業一族が会社を「財布代わりにしてるのでは?疑惑」
④韓国で稼いだカネを日本に「不正送金しているのでは?疑惑」
⑤ロッテマートで販売した例の「加湿器用殺菌剤」問題
⑥辛英子ロッテ奨学財団理事長の汚職捜査



こうした一連の捜査の流れで、橫領罪・背任罪の容疑者として
本日朝9時半に検察から出頭を求められていた李副会長は
昨夜家族に「運動に行ってくる」という言葉を最後に
行方不明となったまま本日の発見に至ったようです。



Baidu IME_2016-8-26_10-30-15


Baidu IME_2016-8-26_10-4-28d
※カメラマンが狙っている樹木がその現場です。

롯데2인자자살153a
※現場はソウル中心部から約50km、車で1時間くらいのところです。



現場から30mほど離れた場所で駐車されていた李副会長の車からは遺書が発見。

A4用紙4枚(1枚目はタイトル)

○持病の看病では苦労をかけた。先に行ってスマン(家族に対して)
○会社が厳しい時に先に行ってゴメン。辛東彬会長は立派な人物だ。(会社役員に対して)
○ロッテグループに裏金なんか存在しない。(検察に対して)



201608261144_61210010886952_1.jpg



李副会長は、ロッテ創業者の신격호[辛格浩(シン・ギョッコ)、日本名: 重光 武雄( しげみつ たけお )]、
そしてその次男である신동빈[辛東彬(シン・ドンビン)、日本名: 重光 昭夫( しげみつ あきお )]の
2代に渡って信頼されてきた番頭として知られ、
ある意味「全てを知る男」の自殺で検察サイドも汚職捜査の軌道修正を迫られる感じですかね。



Baidu IME_2016-8-26_11-47-19


財閥系の中で、創業家一族以外の“一般ピープル”としてせっかく最高位まで登りつめた人物なのに、
何で死ななきゃいけなかったのか?一体何を墓場まで持っていかなきゃいけなかったのか?

先ほど、「聯合ニューステレビ」のレポートで語られていましたが、
李会長が自殺した現場は、毎週末、奥さんを連れて散歩に出かけていた場所で、
会社を辞めたら、付近に別荘を建てての隠居生活を夢見ていたとのこと。
ん~、切ないね…










にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村


クリックお願いします


関連記事

Comment

はてさて本当に自殺かどうか…
自殺を装った他殺とか、無理やり自殺に追い込まれた可能性もあるのではないでしょうか。「口封じ」という言葉が頭を過ぎりました。
2016.08.26Fri 15:18 ≫ 編集
Re: cdaさま
cdaさま

警察は昨日、自殺と断定して捜査を終了していますが、
「口封じ」を考え始めると、ホント怖くなってきます、僕は。
2016.08.28Sun 06:52 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL