ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP韓国・事件の現場 ≫ [独自調査]韓国で大騒動! バンジージャンプの事故現場はコチラです♪

[独自調査]韓国で大騒動! バンジージャンプの事故現場はコチラです♪

TEXT BY オルラッタネリョッタ!










事故は今月14日のことだったらしい。
係員からは事前に
安全指導のようなものもなかったとは被害女性。

上のニュース映像ナレーションによると、動画を撮影していたのは被害者の彼氏。
ジャンプ後、命綱の役割を果たすロープが安全フックにかけられていない状態で
そのまま被害者はプール(深さ5m)に落下&
係員が助けにくる様子もなく、
水面に浮き上がってきた彼女を彼氏が自力で助け出したらしい。
現場の高さは42m、14階建て建物に相当するとのことで、
いくら落下地点がプールとは言え、全治4週間の打撲傷でよく済んだな~と感心。

事故後、業者サイドはロープが1回目の反動で
安全フックから外れてしまったと弁明しましたが、
動画のおかげでウソの証言と判明。
従業員は警察での取り調べで、
「安全フックにロープを引っ掛けるのを忘れてしまったかも」と供述。
業務上過失傷害の容疑で、恐らく立件されることでしょう。

そんでもって、現場はどんなところ?と思いましたので、
最近自分でもはまっている例の作業。
DAUMのストリートビューを利用して
現場に急行してみました。



Baidu IME_2016-9-23_16-24-42x


ニュース映像を見るより、このワイドな写真の方がある意味コワイっす…


別のニュース番組に出演した現地の専門家が指摘した問題点は

○韓国では業者は許可制ではなく届出制

○安全基準が国から示されていないので、安全対策がいい加減

○従業員への安全教育も適当にならざるを得ない

○お客はジャンプ前、「事故っても自己責任」という誓約書に署名させられる



一応、日本人を対象にした旅行ブログですので、皆様への注意喚起の意味を込めて、
事故現場の名称をお知らせいたします。
(韓国の報道では事故現場は「江原道・春川の某施設」と表現されてます)



○강촌번지점프(江村[カンチョン]バンジージャンプ)

강촌번지점프167xxx


所在地:강원도(江原道) 춘천시(春川市) 남산면(南山面) 방곡리(芳谷里) 282-4



韓国でのバンジージャンプは絶対に避けてください。




おまけ

Baidu IME_2016-9-23_18-14-13xxx


DAUMのストリートビューはスゴイ。バンジー施設の脇からも撮影しちゃう。
試しにNAVERを確認すると、バンジーから40~50m離れた公道からのイメージしか見られませんでした。



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
↑     ↑     ↑
クリックしてくださればHAPPYです。感謝ハムニダ!



関連記事

Comment

怖いですね。 安全については ちゃんとしてないとは聞いていましたが。 記事にしてくださりありがとうございます。 ふつう情報のない事を 教えてくださりありがとうございます。  この前の地震の時も テレビでの速報が遅れたそうで そんなこんなのドタバタもどういう風になっていたのか 興味あります。
2016.09.24Sat 17:26 ≫ 編集
Re: ちかにゃん♪  さま
ちかにゃん♪ さま

つい先日の慶州の大地震で
蔚山女子高の生徒たちが慌てふためいて校内を走って逃げる映像を見て、
東日本大震災の時、身近にいた韓国人たちの妙な怯え方を思い出しました。
あの人たち、本当に地震に慣れていないので、見てるコチラが焦るほどです。
ある女子社員は地震の1時間後でも、手を震わせていました。


マグネチュード5以上が連チャンで来たもんだから
カカオトークが2時間不通になった言われています。
あと、地上波各局、日本みたいな報道特集に切り替わることもなく、
地震発生の夜7時代、普通にドラマがOAされちゃって、
地震情報が欲しい視聴者にとっては、ものすごく不満だったとかも言われてました。

僕的には、慶州とか蔚山の近くは原発が複数稼働していると思うので、
そっちのほうが心配です。
だって、朝鮮半島って、
地震を考慮にいれて、原発を建設していないと思いますので・・・


「安全不感症の国、韓国は今後どのように対処していくんでしょうか?」
がとても注目されます。

2016.09.25Sun 06:14 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL