ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPK-POPノスタルジー ≫ 2009年10月24日OAの韓国MBC<쇼! 음악중심[Show!音楽中心]> ♪

2009年10月24日OAの韓国MBC<쇼! 음악중심[Show!音楽中心]> ♪

TEXT BY オルラッタネリョッタ!




この日のOAはソウル安岩洞の自宅で観ました。
中国の若い連中に負けてたまるか!と韓国語漬けの生活でした。アハッ




MBC<쇼! 음악중심
(ウマクチュンシム[Show!音楽中心])>
~185회(♯185)~ 2009年10月24日OA





○オープニング


※司会は少女時代のユリ&ティファニー





○本編



티아라&초신성(T-ARA&超新星) -
“티티엘(Time To Love[Listen 2])”








환희(Fany[ファニ])of FLY TO THE SKY -
“심장을 놓쳐서(シムジャンウルロッチョソ
[I Missed Your Heart])”


曲紹介テロップ:
FLY TO THE SKYのファニが発表した最初のミニアルバムのタイトル曲で、
濃い目のソウルフルな感覚に加え、軽快なエレクトロニックハウスが
絶妙に融合した曲だ。







엠블랙(MBLAQ) - “오 예(Oh Yeah)”

曲紹介テロップ:
ピ(RAIN)のプロデュースした次世代男性5人組クループ「MBLAQ」のデビュータイトル曲
“Oh Yeah”は重厚なHIPHOPビートとスピード感あるドラムワークが耳を鷲掴みする
中毒性が強いダンス曲だ。







에프엑스[f(X)] - “라차타(LA chA TA)”







비스트(BEAST) - “배드 걸(Bad Girl)”

曲紹介テロップ:
デビュー前から話題を集めてきた6人組アイドルグループ「BEAST」のデビュータイトル曲として
POP的なメロディーと強烈なビートが作り出す果敢なサウンドが耳を鷲掴みにする曲だ。







시크릿(SECRET) -
“아이 원트 유 벡(I want you back)”


曲紹介テロップ:
実力派感性アイドル「Secret」のデビューシングルのタイトル曲“I want you back”は
HIPHOPのビートと愛らしいメロディーが絶妙に交じり合ったPOPなR&B曲だ。







샤이니(SHINee) - “링 딩 동(Ring Ding Dong)”

曲紹介テロップ:
「SHINee」の3番目のミニアルバム《2009,Year Of Us》のタイトル曲“Ring Ding Dong”は
強力で中毒的なサウンドが聴く者の耳に一発で鷲掴みにするアフロエレクトロジャンルの
ダンス曲だ。







포미닛(4Minute) -
“왓 어 걸 원트(What a girl wants)”


曲紹介テロップ:
“MUZIK”に続きお披露目する後続曲“What a girl wants”は可愛らしい
印象的な曲で、男たちがやり過ごしやすい女の子の浮気心を歌詞に込めている。





○エンディング&ラストの曲紹介







○エンディング曲&エンドロールクレジット



더블에스오공일(SS501) -
“러브 라이크 디스(Love Like This)”


曲紹介テロップ:
ミニアルバム《REBIRTH》のタイトル曲“Love Like This”は耳にまとわりつく
反復的メロディーが印象的な曲で、SS501特有のユニークな和音が引き立つ
신스팝 (Synthpop)なダンス曲だ。


ss501-wallpaper-8.jpg
メンバー(左より)
김형준(金亨俊[キム・ヒョンジュン])
生年月日:1987年8月3日、出身校:檀國大學校師範大學附屬高等學校
박정민(朴政珉[パク・チョンミン])
生年月日:1987年4月3日、出身校:檀國大學校師範大學附屬高等學校
김현중(金賢重[キム・ヒョンジュン])
生年月日:1986年6月6日、出身校:漢陽工業高等學校→京畿大學校藝術學部電子デジタル音楽學科
김규종(金奎鐘[キム・ギュジョン])
生年月日:1987年2月24日、出身校:全北大學校師範大學附設高等學校→百濟藝術大學校
허영생(許永生[ホ・ヨンセン])
生年月日:1986年11月3日、出身校:現代高等學校→東ソウル大學校公演藝術科



これぞ正統派アイドル!




発作的に思い出した韓国語の勉強法なんですが、
僕は音楽番組の曲紹介のテロップを書き写して
「無条件暗唱」というのをソウルでやってました。
結構、말하기の試験でアドリブ的にしゃべれたりして助かりました。

中1で百人一首の完全暗唱(高校で古文・漢文系が得点源に)、
中3で駿台・伊藤和夫先生の「基本英文700選」の完全暗唱(高1で英検2級合格)等
他人から無理やりやらされましたけど、今思うと、
日本語にせよ、外国語にせよ、「無条件暗唱」はタイヘン役に立つと思います。
(細かな文法とか単語の知識は後からついてきます、絶対)

無条件暗唱=オルネリョ!が作った用語で、
「これを覚えて何の役に立つの?」とかを一切考えないで暗唱する行為。
僕みたいな並みのアタマの人がやると効果大です。





にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
↑     ↑     ↑
クリックしてくださればHAPPYです。感謝ハムニダ!




関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL