ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP2016年1月 やっぱり良かったハワイの旅♪ ≫ Hawaii ♥ 思い出しても笑っちゃう^^ヒルトン・ワイキキ・ビーチ・ホテルでハワイの旅最後の夕食♪

Hawaii ♥ 思い出しても笑っちゃう^^ヒルトン・ワイキキ・ビーチ・ホテルでハワイの旅最後の夕食♪

東京は今や、パリを超える美食の都と、海外メディアの報道や、
日本を訪ねる外国人の口などから、最近よく聞かれるお褒めの言葉です。

東京に暮らしていると、和食はもとより世界中の料理を、日々美味しく口にすることが出来、
食べることが好きな私には、東京は本当に、素晴らしい~食の都とも感じます。

さてハワイ。ハワイは移民の歴史があり、また世界中の富裕層が訪れ、各国の人々が暮らし、
その食文化の多様性と質の高さ(値段も高いですが)は、誰もが認めるところです。

私たちもハワイに到着して、いろいろと食べ歩きました。そして今回の旅、最後の晩餐です。
世界各国の料理が楽しめるハワイで最後の夕飯に、私たちが選んだものは・・・



ワイキキビーチからテクテクと歩いて、ヒルトン・ワイキキ・ビーチ・ホテルに到着。
この日は、ワイキキの端から端まで歩いた気分です。よく歩きました。

さて、ヒルトンもいろいろありますが、私の佐賀に暮らす田舎者の両親が泊まった、
あのレインボータワーのヒルトン・ハワイアン・ビレッジではなく、
ワイキキビーチからワンブロック山側、クヒオ通りにあるヒルトンです。

こちら旧名が、ヒルトン・ワイキキ・プリンス・クヒオ。
もともとは、ラディソン・ワイキキという名前のホテルでしたが、世界のヒルトンに買収され、
ホテルの名称も、プリンスクヒオからヒルトン・ワイキキ・プリンス・クヒオへと変わり、
そして現在の、ヒルトン・ワイキキ・ビーチ・ホテルへと変遷したようです。

そうなんですよね・・・
お久しぶりのハワイだと、オーナーチェンジやホテルの改装に伴う名称変更とかで、
ホテルの名前が微妙に変わっていたりして、あれ~あのホテルだったと思うけどなあ?
なんて、こちらのヒルトン探しでも少し戸惑いました。

P1230197.jpg

一歩、ホテルへ踏み込むと、アメリカらしい~陽気な音楽の生演奏が聴こえてきます。

ホテル建物は古いので、外観からは想像できませんが、2007年に6500 万ドルをかけて
大改装したとかで、モダンなアメリカンリゾートホテルへと、ホテルの中は変身しています。

P1230198.jpg

日本人ツアーが利用するお馴染みのビーチ沿いのヒルトンとは違い、
フランクな欧米人中心の客層。

あれやね~何なんでしょう~かね。ハワイにおけるホテルの棲み分けとは?
日米、双方の旅行代理店の営業力の違いとかあると思いますが、部屋にバスタブが有るとか無いとか、
オーシャンビューのこだわり、あるいはダイヤモンドヘッドが見えないとハワイに来た気分がしないとか、
はたまた免税店、Tギャラリア ハワイ by DFSから、徒歩5分内のホテルでないとイヤ!死ぬ~!とか、
それぞれハワイでのホテル選びの思考?志向?嗜好性の違いが、日米欧であるような無いような?

P1230219.jpg

ホテルフロントの方まで歩いてくると、こちらは、ややシックで落ち着いた感じです。

P1230223.jpg

さてチェックインしましょうか・・・ではなかったです。私たちはヒルトンに食事に来ました。

P1230218.jpg

最後の夜はアメリカ的なものを食べようかと、Mac24/7 ( マック・トゥウェンティーフォー・セブン)へ。
Mac24/7とは、Modern American Cooking 7days 24hours Openの略だそうです。

P1230217.jpg

ビーチサンダル、ゴム草履で入店は大丈夫かと心配しましたが、ノープロブレムでした。
(実際、カウンター席の客は、草履)

この日の昼食は、普通のアメリカンダイナーレストランでの、普通のアメリカ料理。
そして夜は、モダンなホテルのモダンなアメリカンダイナーレストランへと足を運び、
最後の最後、昼も夜もアメリカ尽くしの食事となりました。ハワイのアメリカンダイナーも様々。

P1230216.jpg

モダンな入口から先は、鰻の寝床でしょうか?
スリッパは似合っても、カウンターが似合う2人ではありません。私たち・・・

P1230204.jpg

奥へと通され、案内されたのはテーブル席。やはりテーブルの方が落ち着きます。

P1230201.jpg

奥には個室も2部屋(約8名と約20名)完備で、お一人様からカップル、グループまで対応の
24時間営業の店でした。ハワイの休暇、次はいつになるか分かりませんが、
覚えておくと都合の良い店だと思います。

P1230205.jpg

コロナ・ビールで乾杯。いやいや~よ~歩いた歩いた~身体には、やっぱりビールは旨いっ!

さて何を食べようと決めて店に来たわけではありません。
メニューを見ると、ステーキにロコモコ、エッグベネディクト、パンケーキ、サイミンと、
ファミレス並に、一通りの料理は揃っています。

長いことメニューを眺め、オルネリョ!さんが「ハンバーガーにする!」と一言。
そう来たか!それならば、私はサンドウィッチ、BLTにしてみることにしました。

あきれるくらい、いくつになっても食の好奇心と探究心は抑えられません!!

そして運ばれて来た料理が・・・・




これがアメリカさんのいうところのサンドウィッチかいな!?


P1230211.jpg

ロブスターのサンドウィッチ、BLTを注文したら、こんなもんが出て参りました。
思い出しても笑えます。異文化とは、まさにこのこと。添え物の玉ねぎはデカイし量はあるし、
メインは、玉ねぎ向こうのロブスターのパテが乗ったサンドウィッチ。
具材が被っているのは、幅広のベビースタードデカイラーメンではありません。ベーコンです。

何か間違ったものを注文したこと思うほどのフライドオニオンのてんこ盛り。
しかもこの玉ねぎが、甘くて香ばしくてカリッとして、悔しいかな美味しい~のです。

P1230213.jpg

アメリカ人好みのベーコンの焼き加減と、オルネリョ!さんが言いますが、これはベーコン煎餅です。
何もここまでカリカリにせんでもよかろう~と、口の中がキレそうな固いベーコンに苦笑い。
でもしかし、本場、カリッカリに焼けたベーコンの旨いことに、悔しいかなショックです。
初めてアメリカ人の気持ちが分かりました。たしかにベーコンのカリッカリは旨い。

P1230209.jpg

こちらは、オルネリョ!さんが注文したハンバーガー。同じくフライドオニオンてんこ盛り~。
現在の様子は知りませんが、20年くらい昔、東京・六本木にあるハードロックカフェで食べた
フォークとナイフで食べるハンバーガーのスタイルです。

20年くらい昔、当時、ハンバーガーとは手に持って食べる料理と信じていた私は、
皿に、てんこ盛りのフライドポテトと一緒に出てきた大きなハンバーガーに心底驚きましたが、
私を連れて来たオルネリョ!さんは、この時数回、アメリカ大陸を車で行ったり来たりして、
アメリカのハードロックカフェにも出入りしていたので、ハンバーガーは、これが普通といった顔。

P1230212.jpg

ゴロンと横たわったフライは何だろう~と口にすると、甘酸っぱい!?
きゅうりのピクルスのフライでした。初めて食べた漬物のフライに衝撃。

意外や以外、これはいけるかも!日本に帰国したら、沢庵、らっきょう、奈良漬に、キムチと、
漬物に衣をつけて油で揚げてみようかと思いました。フライドキムチ、かなり新しい発想かも?

P1230215.jpg

最後の夜、楽しい食事になりました。これだから海外旅行は止められません。
今はちょっと不自由な毎日ですが、まだまだ知らない世界、いっぱい経験したいです。

ちなみにBLTサンドイッチのBLTとは、パンにサンドする人気&必須の3つの食材、
ベーコン(bacon)、レタス(lettuce)、トマト(tomato)の頭文字。

BLTサンドイッチについての詳細 ⇒ 

P1230195.jpg

ヒルトン・ワイキキ・ビーチ・ホテル前は、トローリーバスの停留所ですが、
イリマ・ホテルまで、途中スーパーに寄ったり、あちらこちら散策しながら歩いて戻りました。

☆Mac24/7 ( マック・トゥウェンティーフォー・セブン)
住所:2500 Kuhio Avenue, Waikiki Beach, HI 96815
TEL:808-922-5564

http://mac247waikiki.com/






にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村


クリックお願いします



関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL