ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP韓国のテレビ ≫ 崔順實[チェ・スンシル]騒動で俄然大注目♥新興放送局JTBC孫石熙[ソン・ソッキ])キャスターの若い頃♪

崔順實[チェ・スンシル]騒動で俄然大注目♥新興放送局JTBC孫石熙[ソン・ソッキ])キャスターの若い頃♪

TEXT BY オルラッタネリョッタ!





すべてはこの男の暴露報道からスタートした!





JuTmZeYd3.jpg
※韓国MBC[文化放送]に入局して間もない頃





↓          ↓          ↓





o-DEFAULT-570.jpg

손석희(孫石熙[ソン・ソッキ])
~JTBC報道・時事・教養部門総括社長&報道番組「JTBCニュースルーム」メインアンカー~

生年月日:1956年7月27日(60歳)
本貫:밀양 손씨(密陽 孫氏[ミリャン ソンシ])
本籍地:ソウル特別市麻浦区龍江洞[ヨンガンドン] 
(ソウル地下鉄5号線「麻浦駅」周辺の漢江リバーサイド)
宗教:천주교(天主敎[Catholic])、洗礼名:マルチェリーノ(마르첼리노)
学歴:私立・徐羅伐[ソラボル]中學校→私立・徽文[フィムン]高等學校→
國民大學校 文科學部 國語國文學科卒
デビュー:1984年MBC[文化放送]入社(アナウンサー職)


PS16061700018.jpg
※今年6月のインタビュー。
女優손예진(孫藝眞[ソン・イェージン])との共通項=本貫の「密陽 孫氏」


※JTBCとは・・・

2011年12月1日午後4時に開局した中央日報(=サムソン)系ケーブルテレビ局。
軍事政権「全斗煥[チョン・ドゥファン]」政権時代に実施された「マスコミの統廃合」で、
サムソン創業者이병철(李秉喆[イ・ビョンチョル])の野望で1964年に開局&
1966年、息子の이건희(李健熙[イ・ゴニ])が理事として入社した
放送局TBC(東洋放送)が1980年、国家権力によって
KBS2へ無理やり吸収させられた長年の恨みを
サムソンが晴らしたのが、JTBCの開局。
名前の由来は中央日報の英語表記「JoongAng Ilbo」の“J”と
今はなきTBC(東洋放送)が合体して「JTBC」となりました。



この人を日本で例えると誰になるかな~?
1980年代のニュースステーションMC「久米宏」かな~敢えて言っちゃうと・・・




※1分16秒~「電話インタビューを予定していた方の娘さんの遺体が発見されました。
ですので、インタビューはできなくなりました。」(2014年4月22日)


僕的に孫石熙[ソン・ソッキ]と言えば、セウォル号事故のとき、
他の局がニュースとしてあんまし扱わなくなっても、
しつこくしつこく、被害者に寄り添った「セウォル号」関連報道を続けた
彼の姿勢が印象的でした。

セウォル号の沈没後、中々救助活動が進まない時期に
行方不明の被害高校生の、
ある親御さんと電話を結んでライブでインタビューする際、
番組進行中に親御さんのお子さんが遺体で発見されたことを
スタジオ内で知った彼が、
涙をこらえて「この時間はインタビューできなくなりました」と
アドリブで語っていたのを、偶然PCでライブ視聴していた僕は、
思わずもらい泣きしてしまいました。
(事故のわりかし初期に一度インタビューしたことのある
親御さんだったせいか、孫石熙アンカーは余計に感極まったようです)
正直に言うと、報道番組でメインアンカーが涙を見せるのは、
ちょっと違うかな~とは思いましたが、
事件の被害者に寄り添う姿勢が韓国人の情緒にはマッチしたのか、
新興ケーブルテレビ局にも関わらず、
JTBCは韓国で最も信頼できる放送局にまで成長しています。
これって恐らくJTBC=孫石熙ブランドなんだと思います。


htm_2015021111482930103011.jpg
※2015年、しつこすぎるセウォル号事件報道に対して、JTBCが第46回「韓国記者賞」大賞受賞
後列センターが孫石熙[ソン・ソッキ]社長


noname04.jpg
※孫石熙がJTBCに移籍して1年あまりで急激に信頼度が急増。
あっという間に、既存地上波KBS、MBC、SBSを抜き去りました。


孫石熙と言えば、年配の韓国人的に印象的な出来事は、
1992年のMBCの労働争議(ストライキ)で、
顔出しのアナウンサーという立場であるにも関わらず、
熱心に労働運動に傾倒しちゃったおかげで、
警察当局から目をつけられて、
労働運動を首謀したとして、逮捕されちゃった出来事みたいです。
勇気を持って権力に立ち向かっていくという彼の姿勢が
韓国民(視聴者)の心に深く刻まれたと表現する
韓国人ブロガーさんがいましたです。




3eed91578402b81c3b2e18ac15765e5ab0f58c8c0cbb550f4adef044b067e3d9.jpg
※단결투쟁!=団結闘争[タンギョルトゥジェン]!のプラカードの真下に本人の姿が・・・

a765f3fe4dea02f5c5b5f620e303f09f965fa72940c3792bf09bce825e4c222f.jpg

c3947ef3594ed4fe2896b324abf4cdb5ff8d972e424b4d3fb32333f39af6b8de.jpg


釈放されてからは、アメリカに留学したりして、
自己啓発に励んだりして、2006年、アナウンス局長を最後にMBCを退社。
その後、大学での教鞭を経て、新興ケーブルテレビのJTBCに移籍した模様。



※「JTBCニュースルーム」のティーザー映像(新番組告知)。
既存のニュース番組(ニュース9)よりも放送時間を大幅に拡大するのが目玉(2014年9月)。



今の韓国って、国家としては、ろくでもないけど、
こんな気骨のあるマスコミ人が存在すること自体は
正直うらやましい限りです。




おまけ



NAVERのニュースアーカイブをチェックしたところ、
後輩女子アナ신현숙(愼賢淑[シン・ヒョンスク])嬢との結婚報道を発見。


경향신문19870527
※京郷新聞1987年5月27日付


20150318_1426643831_49105000_1.jpg



あと、うまくいく結婚生活の秘訣を披露した毎日経済の記事も発見しました。


매일경제19910408
※毎日経済新聞1991年4月8日付



おまけのおまけ



先月24日、崔順實[チェ・スンシル]騒動をスタートさせた記念すべきニュース報道。

상식 벗어난, 충격의 '최순실 파일'…어떻게 이런 일이?
常識から外れた衝撃の「崔順實ファイル」・・・
どうしてこんな事が?




男の僕から見ても、ダンディー&声質もヨカですね。
超~あっさりでしたが、今回は以上です。



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
↑     ↑     ↑
クリックしてくださればHAPPYです。感謝ハムニダ!




関連記事

Comment

リクエストに応えていただきまして、ありがとうございます。
ソンソッキさん、ダンディで声が素敵ですよね~
インタビュー番組を何回か見て信頼できるアンカーマンだなと感じました。今回の件は韓国国民にとってはセウォル号事件以来の衝撃だろうと思いますが、ソンソッキ率いるJTBCが韓国の抱える問題を暴き前進してくれることを期待します。日本はいつも韓国で問題が起きれば韓国をバカにして報道するのみで本当に残念。差別意識を無くし隣国に敬意を払って欲しいです。韓国語を下手ながらも継続してきて良かったと思うのは偏見を持たなくなったということです。語学を学ぶって平和につながりますね。
2016.11.10Thu 11:23 ≫ 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.11.10Thu 20:41 ≫ 編集
Re: ぱみゅぱみゅさま
ぱみゅぱみゅさま


ご意見、まったく同意いたしますが、
韓国の人々にも、もっともっと変わってほしい。
他人や他国のせいにすることなく、まず、自己批判することを学んで欲しい。
今回の大統領の不甲斐なさをきっかけに
デモで政権をかえるだけでなく、
行政システムをかえることにも着手してほしい。
まず「青瓦台」みたいな密室政治の温床を
思いっきり「廃止」してしまうことも含めて。


2016.11.15Tue 21:13 ≫ 編集
興味深いタイトルと内容ばかりです。順々に、でも早く読みたい~。
ところで、国民の怒りはもっともですが、ふと、皆さん自分がもしチェ氏やチェ氏の娘の立場で利益誘導 できたとしても、一切利用しないで今まで通り自分の労働で得られる分だけの生活でいられるのかな?と思いました…。
受験勉強コツコツやるのかな。
ドラマをよく見ていたので。

まあでも財閥の華やかな生活、有り余る大金、コネ、付き合う社会、海外の家、羨ましいと思わない人はいないか…。

民主主義国家の政治家、資本主義の経営者が王様みたいに何でも手に入れるのは行き過ぎに思います。
韓国ではその欲望が強すぎる気がします。今、不正弾劾を叫ぶ人も…。
2016.11.23Wed 10:11 ≫ 編集
Re: EVE さま
EVE さま


成金なんて日本にも、うじゃうじゃいますが、
韓国は何ていったらいいか?レベルが違う感じです。
デモやって大統領が例え代わっても、根本は何の変化もなさそうな予感・・・
2016.11.28Mon 20:36 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL