ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP2016年1月 やっぱり良かったハワイの旅♪ ≫ Hawaii ♥ 見慣れたジャンフランコ・フェッレ氏デザインのCAの制服ですが日韓線とハワイ路線では着用するCAの貫禄が違います♪

Hawaii ♥ 見慣れたジャンフランコ・フェッレ氏デザインのCAの制服ですが日韓線とハワイ路線では着用するCAの貫禄が違います♪

ハワイの旅は、今回4回目を数える私ですが、空港出発ゲートは、今回も混雑していました。
わずか4回のハワイ旅行で、毎回、空港が混雑しているということは、
ホノルル空港365日毎日大混雑ということでしょうか・・・皆さんハワイが大好きなのね♥

P1230287.jpg

人混みに突進して行きます!私たちが搭乗するのはチャイナエアラインです。

P1230288.jpg

カウンターは、ビジネスでもないし、エコノミーでもありません。
その訳は、事前にE-チェックインサービスを利用。成田でもそうでしたが、
ここホノルルでも、24時間前に、パソコンからチェックインしておきました。

パソコンは、ホテルのが使いづらそう~に見えたので、宿から徒歩5分ほどの場所にあった、
ワイキキ・ショッピング・プラザ2階にあるJCBプラザ ラウンジ・ホノルルのPCをお借りしました。
JCBの会員ならば、どなたでも利用できるハワイのラウンジ。コーヒーも飲めて、PCも使えて便利です。

JCBプラザ ラウンジ・ホノルル ⇒ 

P1230290.jpg

E-チェックインサービスの利点は、長い行列に並ばなくてすみ、そして座席指定が出来ます。
帰りの飛行機のシートも、2:4:2の配列。前回のハワイの旅、中央の4席並びの席に当たり、
長時間のフライト、本当に嫌な思いをしたので、できるならば並びの2席を確保したかったのです。

嫌な思いとは、長くは書きたくありませんが、隣り、並びにアサインされたおばさんが大迷惑な人で、
CAを介して、やんわり注意してもらったら、逆ギレ炎上。私は真横から睨まれて日本まで帰国。
あんな人居るんだな~なんて、忘れられない経験です。

おばさん、自分の長い大きなカバンを、連れの友人の方では無く、私の足元までいっぱいに、
横向きで置き、私が大きなカバンは収納に入れましょうかと声かけると、このままで良いとキレキレ。
私の足は、どこに置けば良いのか?隣りのオルネリョ!さんの足元へ斜めに伸ばすのか?
納得がいかないので、CAさんに、隣りの人が置いた足元の荷物を何とかしてと欲しいと頼んだのです。
すると、足が悪い私に何をいうかと怒り出し、それならば、私の足元にカバンを侵入させずに、
お連れの方の方に、カバンを伸ばせば良いのではないかと?普通は思います。
韓国から帰国するのではありません。ハワイからです。8時間あまりも、私に斜めに座れというのか?
迷惑な女性のお連れの女性も変だったな~。ああ~結局、嫌な思い、ブログに書いてしまいました。


P1230293.jpg

人混みをかき分けかき分け、赤いカウンターのプライオリティへ。待ち人ゼロです。

P1230295.jpg

手続きに3分かかりません。発券していただき、荷物もここで預けました。

P1230301.jpg

そしてホノルル空港、メインタワー内をウロウロと見学。

P1230303.jpg

席が空きているので、ここで少し休憩できそうですが、先を急ぎます。

P1230308.jpg

急ぐ先に見えたのは?

P1230306.jpg

一代目から現在までの、歴代のホノルル空港のマネージャーの顔写真です。
こういうのって、興味あります。気になります。見過ごすことはできずに・・・

P1230307-1.jpg

おお!こちらは日系の方でしょうか~「Barry Fukunaga 1982~1999」とあります。

P1230311.jpg

さて先を急がないと、トイレに行く前、ちらっと見たら、猛烈な行列でした。
この先、長い長い退屈な時間に、ちょいと楽しめたこととは?

P1230312.jpg

P1230313.jpg

P1230314.jpg

見慣れた制服ですが、日韓路線とは違い、ハワイ線は、貫禄と風格が違いました。
入社、20年以上のベテラン勢といった雰囲気です・・・。

P1230316.jpg

検査&審査を通過するのに、小一時間はかかりました。やれやれ~と少し休憩します。




にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村


クリックお願いします



関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL