ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月
TOP我が家の韓国料理 ≫ 魚のアミ(セウジョ)を使用しない白菜キムチを作りました~♪韓国の市場で食べるあの味の再現です!

魚のアミ(セウジョ)を使用しない白菜キムチを作りました~♪韓国の市場で食べるあの味の再現です!

秋の大冒険スペシャルですね・・・
「はじめてのおつかい」に小さい子供を出す、親御さんの気持ち、初めて知りました。
家に居ても気がかり、1人団体旅行に出しても気がかりですが・・・

オルネリョ!さん、今夜、無事?生還する予定です。



一人暮らしに憧れる私ですが、部屋を散らかす人が留守だと、何げに手持ち無沙汰。
秋に漬けたミニ白菜のキムチですが、亭主が留守の時間、簡単に紹介します。

この秋、長雨、台風などの影響により、白菜の価格も高騰しました。
高い、買えないと思うと、無性に白菜キムチが食べたくなり、ミニ白菜(1個約500グラム)を一つ買って、
簡単にキムチにしましょう~と手にしましたが・・・

どうせ作るなら2つとカゴに入れ、それならば普通の白菜1つにすれば良かったと思いながら、
結局、ミニ白菜2つに対してヤンニョムの量が多すぎて、急遽、もう1つミニ白菜を買い足し、
ミニ白菜3個の白菜キムチを漬けることになりました。

P1260037.jpg

白菜キムチのワッタカッタ!さん的作り方は、過去に紹介しておりますので、
今回、違う視点で、また作り方がいつもと違うポイント中心に紹介します。

【切り方】

白菜キムチを作る方においては、当然過ぎるお約束ごとですが、
白菜1個を4等分、今回はミニなので、半分に割りますが、包丁の入れ方にコツがあります。

包丁は、白菜の葉の白い部分まで切れ込みを入れます。全部を切りません。
最後に外側の大きな葉で包むので、そこを考えて、包丁の入れ目を考えた方が、
葉がバラバラにならずに、最後、大きな葉で、ヤンニョムをこぼすことなく、キレイに包むことが出来ます。

これ大事!最初の一刀目目は慎重に!です。

P1260038.jpg

【白菜の割り方】

葉脈がしっかりとした、白い葉の部分まで包丁を入れたら、静かに、
手で割きます。割きながら、からまった緑の葉の部分を引き離すようにします。

P1260039.jpg

お見事です!葉っぱのクズが出ずに、キレイに2つに割ることができました。
包丁は、深く入れても良くないし、浅いと、白菜の白い部分の葉が巧く割けず、
途中で葉がちぎれたりするので、包丁に入れ加減は、慎重にお願いします。

P1260040.jpg

白菜の重さの5%の塩を、根元深くまで振ります。

塩を振るだけでは、なかなか水が上がらないので、これに4%の塩水を加えます。
白菜が2キログラムだと、塩水が1リットル強くらい。1キログラムだと500~600ccくらい。

P1260041.jpg

途中、上下を一度変えて、一晩、これまた一晩とは?とよく思いますが、
8時間から12時間くらいですね。晩冬になると、白菜の白い葉の部分が分厚くなり、
塩が入るのに、時間がかるようになりますが、今回、用意したのはミニ白菜です。

下漬けに8時間くらいかな。下漬けが完了したら、軽く水洗いをして自然に水切り。
この間に、ヤンニョムを作ります。

P1260042.jpg

【本漬け】

塩漬けした白菜にヤンニョムを塗り込む作業ですが、私は、小判型の洗い桶を専用にしてます。
これ、深さがある小判型のボールだと、ヤンニョムが周囲に飛び散っても桶の中に落ち、
台所が汚れず安心なことと、ヤンニョムを最後までキレイに使い切ることが出来ます。

P1260043.jpg

今回作ったヤンニョム、ノリが少し固く、固めに仕上がりました。ヤンニョムは、ミニ白菜2個分、
半分に割ったので4ピース出来ていますので、ヤンニョムを4等分に、最初に分けておきます。

しかし!4等分に分けると、これはどう~もミニ白菜2個に対しては量が多いと分かり、
ここでミニ白菜1個追加。大慌てで、買物を済ませ、塩をふりました。

結局、ヤンニョムは6等分に分けることになりました。今回、このあたり行き当たりばったりです。

P1260061.jpg

ヤンニョムを葉の間に挟む前に、全体を赤く塗り込んでも良いです。
葉の間に挟み込んでいると、全体にヤンニョムが自然と回りますが。

P1260046.jpg

ヤンニョムは、根元に、刻んだ大根やネギ、玉ねぎをたっぷりと挟み、刃先は赤くする程度にします。
最後に丸めると、葉先から、野菜などの具材がはみ出るので、この程度で十分。

P1260054_20161121015833483.jpg

外側の大きな葉の部分から挟み込み、最後は、小さい葉の間の奥まで赤くします。
そし半分に包むように折り、外側の大きな葉1枚で、蓋をするように包み込みます。

P1260055.jpg

こんな感じ。

P1260058.jpg

ミニ白菜は、扱いがラクです。キムチ作りの初心者向けの食材かもしれません。

P1260064.jpg

白菜や大根、ネギ、にんにく、生姜など近郊産の厳選素材を使用。
粉唐辛子、塩、魚醤などは韓国産と、いずれも貴重な、しかも高価な食材で作りますから、
ゴムへらなどを使い、ヤンニョムの一滴も残さない気持ちでキレイに仕上げます。

P1260065.jpg

密封できる蓋ができる容器にならべますが、必ず、白菜の切り口が上です。
大きな葉が被さっていますが、切り口、小さい葉が上になるように隙間なく並べます。

P1260067.jpg

漬けて3日目くらいです。水が上がっています。
実は、今回のキムチ、セウジョ、つまり魚のアミを使わず、魚醤多めで作ってみました。

P1260079.jpg

2週間過ぎた頃が、1番美味しかったです。

口にして思わず思い出したのは、市場などで食べる粉食屋の白菜キムチの味。
魚のアミを使わず、魚醤だけで発酵を促すと、チヂミの店や、ククス屋で食べる、
食べ放題の、あっさりした白菜キムチの味になります。

これも友人に少量ですがおすそ分けし、残りは胃袋に全部消えて、あっさり無くなりました。




オルネリョ!さんが、本場韓国でキムジャン体験をして、今夜、帰国します。
キムジャンは、どんなだったのかな・・・ああ~来年は、光州キムチ祭り、私も出かけるかな・・・





にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ひと押しお願い!クリック年末に向けて強化中~!


関連記事

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.11.22Tue 16:11 ≫ 編集
ワッタカッタさん!の漬けたキムチ美味しそうですー。

やっと白菜の値段も落ち着いてきたし、この辺りの産直では、手頃なサイズの物も売ってますが、、、
ものぐさな私は上手く作れる気がまったくしません💦

ところでオルネリョさんは無事に帰宅されましたか?
今回は光州だったんですね、オルネリョさんのキムジャンの報告楽しみにしてます。
2016.11.22Tue 18:29 ≫ 編集
Re: コメントいただいた方へ
コメントいただいた方へ

済州の件は残念&悲しいです。
済州観光公社のご担当の方に報告しました。

さてさて♪エシャレット、昨夜食べたのですが・・・・
上手く漬かっていました~~~!!塩加減もバッチリでした!!

時間があるとき、レシピ忘れないようにブログに残す予定です。

2016.11.23Wed 04:20 ≫ 編集
Re: ハルハナさんへ
ハルハナさんへ
先日、お会いしたとき、まさにミニ白菜が漬かっている最中でした。
お分けしようかと思いましたが、まだ味見をしていなくて自信が無く・・・
今度、美味しく作ったら、送りますね^^
今度がいつになるか、年末まで見通しがつきませんが(^_^;)

オルネリョ!さん、帰宅しましたが・・・
まんまと、キムチの汁をキャリーバッグに漏らして、騒動です!!

もうバッグはダメかもしれません。・°°・(>_<)・°°・。
2016.11.23Wed 04:25 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL