ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP2016年11月 韓方医療観光FAMツアー ≫ 【韓方ツアー】土塀で権兵衛さんの夜♪釜山ウェルカムパーティーは「The bay 101」でどうでっしゃろか?

【韓方ツアー】土塀で権兵衛さんの夜♪釜山ウェルカムパーティーは「The bay 101」でどうでっしゃろか?

海沿いの町で生まれ育った私は、潮の香りがすると、
懐かしい気持ちでいっぱいになります。

冬の海は格別。夏は海水浴のお客で賑わったビーチが静けさを取り戻し、
砂浜は引き締まります。肌に突き刺さるような潮風に全身吹かれ、
厳寒の冬の海を眺めるのも、私は大好きです。

1番好きなのは、台風の雨風で荒れ狂う海ですが、良い子にはすすめません。

釜山の海は、冬には空気が澄んで、ネオンが一段と明るく輝いて見えます。
釜山国際空港でツアーメンバーが全員揃い、海雲台(ヘウンデ)へ市街地を抜け移動です。

途中、ダイヤモンドブリッジと呼ばれる広安大橋(クァンアンテギョ)から見えた、
広安ビーチの、ど派手でカラフルなネオンが美しいこと。浜から見上げる吊り橋、
広安大橋も素晴らしいですが、橋から見える広安ビーチも素敵でした。

海の景色を見て、釜山に来たな~と、嬉しくなります。
海は良い。故郷に帰って来た気持ちになります。



車が停車し、先ず目に飛び込んで来たのは、超高層ビルが並ぶ夜のネオンの景色。
冬場は、留守のお宅が多いので、夏場に比べると、窓の明かりが少なめだそうです。
しかし、クリスマスの休暇から年末年始にかけて、また人が戻って来ると、
ビルのネオンも一層輝いてくるのではないでしょうか~。またその頃訪ねたいです。

こちらは、APECハウスがある冬柏(ドンベク)公園の近くで、
ウェスティン朝鮮釜山(朝鮮ビーチホテル)から一本道を挟んで山側と説明すれば、いいのか?
韓国バブルの象徴、韓国全土からお金持ちが投資する海雲台のリゾートエリアです。

P1260294.jpg

ツアー初日の夜は、釜山の夜景に酔いしれ、私の瞳もダイヤモンドと、仲間たちと
浮かれたい気分ですが、11月の釜山、さすがに夜のオープンエアのテラス席では寒すぎ?

P1260290.jpg

テラス席に面して、お店は営業しています。生ビールを買ってここで一杯でもロマンティックですが、

P1260286.jpg

しかし皆さん、冬場は、写真を撮ったら、さっさと店内に退散ですかね?夏場にまた来たいです。

P1260234.jpg

初日、ウェルカム釜山と歓迎され、私たちが食事をしたのは「The bay 101」。
何とお読みするのかと思ったら、「ドベイ イルゴンイル」。

土塀?ですか!!

なんか調子狂うよね。そこが韓国語の魅力。「The bay」は「ドベイ」と言いそうです(^_^;)

P1260233.jpg

さて土塀へ入店です。

P1260307.jpg

ドベイ イルゴンイルで今夜は jazzyな夜だぜ~!!

P1260302.jpg

1階には、香り高く味わい深いと言われるコーヒーが飲めるカフェ「SIDE Coffee」が、
また1階~2階へつづく「FINGERS & CHAT」では、生ビールやカクテルなどに合う、
フィッシュアンドチップスやピザ、BBQなどを、室内席とテラス席で楽しむことが出来ます。

「ところで、あなたたち、さ、寒くないの!?」

体温が上がったり下がったりのおばちゃんから韓国の人たち見ると、寒さに強すぎ。
冬のコンビニでも、店の前のパラソル席で普通に飲み食いしている様子、普通に見ますが、
ここでも、半テラスですが、普通にビール飲んでいました。

P1260244.jpg

「おばちゃんとおじちゃん達は、寒いから中に入るね」

2階席の「THE SEASIDE DINNING PUB」へ。ここは「FINGERS & CHAT」と隣接。

P1260246.jpg

そろそろお正月ですからね~。ここ、土塀でも、お餅をこねています。

P1260247.jpg

「ピザです!!ここでは生地からこね、窯で焼いているんです!!」

P1260254.jpg

ワインを保存するための貯蔵専用庫、ワインセラーが通路と客席を隔てています。

P1260284.jpg

ワインセラーの向こうの奥にはピアノがあり、カウンターが見えます。
バーでしょうか?ピアノの弾き語りを聴きながら・・・

誰かロマンチック止めて♪ロマンチック♪胸が胸が苦しくなる~♪と、
ばかりに、釜山のRomanticが止まらない夜って~とこですかね♥

P1260249.jpg

そして手前にはダイニングと続き・・・

P1260267.jpg

窓際までお席があります。かなり大きい箱です。

P1260260.jpg

ワッタカッタ!さん、そろそろ着席してください。宴会始めますよ~。はいはい。

P1260270.jpg

「건배(コンベ)!!」

「コンベ」とは、韓国語で「乾杯」を意味します。「権兵衛」ではなく「건배」。
「土塀」で「権兵衛」さんに会ったわけではありません。念のため。

P1260266.jpg

この夜のディナーは、ステーキをメインとしたコース料理をいただきました。
先ずはスープ。

P1260273.jpg

そしてパスタ。確認してませんが、手打ち?だったかもしれません。

P1260281.jpg

そして牛のステーキ。これがまた韓国式なのか?焼き加減は聞かれませんでしたが、
私の皿は真っ黒なウェルダンで、お隣りの方の皿を見ると、ミディアムウェルの焼き加減と、バラバラ。
どう見てもSNS映えしない皿が私には当たったので、お隣りの皿のお肉をカメラに収めました。

P1260283.jpg

コース料理の皿数は少なめですが、一つ一つの料理の量が多く、お腹いっぱいです。
一生懸命食べました。このピクルスが、私には1番口に合いました(^_^;)
ピクルスのお代わり3回くらいしたかも・・・。

P1260243.jpg

価格設定は、思ったより安いと私は思いましたが、いかがでしょうか?
客層も、若い子が中心ですので・・・特別高い店ではありません。

P1260299.jpg

大きな国際会議場のようにも見える「The bay 101」ですが、ここは、レストランやカフェ、バー、
韓牛が食べられるの焼肉の店など飲食店のほか、海洋レジャーを楽しめるクラブハウス、
そして文化と芸術の空間であるギャラリーも併設する複合施設でした。

P1260287.jpg

あれやな・・・

オープンしたのが2014年5月ですから、成熟したサービスが提供できるのは、
これからかもしれません。完成した、出来上がったものを楽しむのか、
これから熟する過程を楽しむのか?というと、釜山のリゾートエリアは後者のような感じ。

P1260241.jpg

ぶっちゃけ本音トークもままならない、お互い腹も探り探りの初々しい韓国人カップルの、
100日記念日なんていうイベントに利用すると、最高の場所かもしれません^^

私は今度は夏に、生ビールとフィッシュ&チップスを楽しみに、また訪ねてみたいです!


☆The bay 101 (더 베이 101)
住所:釜山広域市海雲台区佑洞 747-7
(부산광역시 해운대구 우동 747-7)
道路名住所: 釜山広域市海雲台区冬柏路 52
(부산광역시 해운대구 동백로 52)
交通:釜山地下鉄2号線冬柏駅 1番出口から徒歩約10分
TEL:051-726-8888

営業時間:
CLUB 101 7:00~23:30
Gallery 101 10:00~22:30
SIDE 7:30~24:00
FINGERS & CHAT 10:00~翌日2:00
大都食堂(テドシッタン) 11:00~23:00
FINGERS & CHAT ザシーサイドダイニングパブ 11:00~24:00

ホームページ http://blue-marine.co.kr/dongbaek/




にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

クリックお願いします^^




関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL