ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP2016年11月 韓方医療観光FAMツアー ≫ 【韓方ツアー】釜山ロッテホテル高層階のお部屋の楽しみは寝転がっても見える釜山の夜景♪

【韓方ツアー】釜山ロッテホテル高層階のお部屋の楽しみは寝転がっても見える釜山の夜景♪

お口のエチケットを気にしてか、または運転中の眠気覚ましだったのでしょうか、
私の父親の車「ファミリア」には、ロッテのガムが数種類いつもありました。

偏見の塊だった母親は、小さい子供には身体に悪いとガムは噛ませてくれません。
たまに父親と2人車に乗ると、子供の機嫌取りに「お母さんには内緒」と言って、
幼稚園児の私にも板ガムを1枚くれました。ロッテのグリーンガムやクールミントガムを、
顎が疲れるまで噛み締め噛み締めドライブしたものです。

私にとってロッテガムとは禁断の味で、ロッテのチョコレートは遠足の味です。
それにしても、昭和の時代の板ガムも板チョコも、硬かったな~というのが思い出。

「お口の恋人ロッテ」で知られる製菓メーカーも、今や韓国財閥の1つと成長しました。

ロッテグループの社名であるロッテの語源は、文豪ゲーテの世界的な名作である
「若きヴェルテルの悩み」の主人公である「シャルロッテ」に由来します。

そう日本と韓国、知らない人は居ないロッテグループですが、そのロッテの名前には、
愛と自由に溢れた豊かな世界を作り上げるという願いが込められています。

P1260369.jpg

愛と自由のロッテか・・・

P1260368.jpg

初めての釜山旅行は、フリーパックのツアーを利用しました。
ツアーには、免税店の立寄りが義務付けられており、この裏、釜山ロッテ免税店に直行。
初めての釜山で初めて立ち寄った免税店に隣接する、釜山ロッテホテルに宿泊します。

P1260367.jpg

あの時のガイドさんが、さかんにショーを観ませんか?と車中で営業しました。
こちらの建物は1984年の開業以来、ホテル、カジノ、免税店の他、12の国際会議場と宴会場があり、
韓国最大規模の超高級ビジネスホテル兼エンターテイメントホテルとして知られ、
釜山のランドマーク的存在として、日本人観光客にも広く親しまれています。

今回のツアーに同行してくださったガイドさんから、数年前までは行われていた、
釜山ロッテホテルのラスベガスショーは有名だったと、懐かしそうに説明がありました。

そうだったのか・・・そんな話を聞くと、釜山を訪ねた10年以上も昔ですが、
釜山ロッテホテルのショーを、見ておけば良かったかななんて、今更ながら思いました。

P1260331.jpg

釜山を訪ね、西面の交差点から近いホテルの前は、もう何度と通りましたが、
ホテルに入ったのは、この夜が初めてでした。ソウルにあるロッテホテル本館には、
それこそ初めての韓国旅行、2001年に宿泊しましたが、釜山のロッテホテルの宿泊は初めて。

P1260334.jpg

43階まであるホテルの30階にある部屋へ。今宵はずいぶんと高い場所で休むことに。

P1260335.jpg

ビュ~ンと高速のエレベーターで30階に上がり、釜山ロッテホテルの3003号室に入ります。

P1260337.jpg

オープン!

P1260363.jpg

ロッテのホテルというと、キンキラキンの超~ど派手というイメージですが、
こちら釜山のロッテホテル室内は、ブラウンを基調とした落ち着いた色合いの部屋でした。

P1260364.jpg

高層階のお楽しみは、ベッドからも見える・・・

P1260341.jpg

釜山の夜景!まるでそれはホテルの部屋にある小さなシアターみたいに見えます!

P1260342.jpg

一枚の絵画のようにも見える景色を今宵は一人占めの贅沢!

P1260343.jpg

この時、時間は夜の11時半前後だったと思います。もう少し早い時間だと、
会社の明かりも点灯していて、近所のビルも、もう少し輝いていたかもしれません。
少し遅い時間でビルは暗くなっていましたが、それでも十分、
釜山の夜の景色が素晴らしい~。

P1260344.jpg

下にコンビニ見えるかな?さてと、写真を撮ったら、コンビニにマッコリを買いにいこう~♪

P1260345.jpg

知らなかったのですが、釜山のロッテホテルは、カテゴリ的にはビジネスホテルだったんですね。
ロッテのホームページに書いてありました。 ⇒ 

P1260348.jpg

テレビの下に金庫。

P1260352.jpg

お水は2本サービス。韓国のホテルは、これ、水のサービスが嬉しいです。

P1260350.jpg

冷蔵庫もチェック。

P1260424.jpg

ティーパックのチェックは忘れました。

P1260425.jpg

P1260427.jpg

このあたりのお酒はロッテの風格。

P1260353.jpg

ゴワゴワしないガウン。そして使い捨てのスリッパと、あると便利なバゲージラック。

P1260354.jpg

1984年の開業ですから、今年32年を迎えた釜山ロッテホテル。
多少の傷みは仕方がありませんが、2008年から順次、リノベーションが進められ、
水回りも、とくに気になるようなことはありませんでした。

P1260361.jpg

P1260355.jpg

P1260356.jpg

P1260357.jpg

P1260362.jpg

P1260358-1.jpg

バスタブ付きのゆったりとしたバスルームでしたが、ホテルチェックイン前に、
お風呂は済ませてきたので、夜は見学だけにして、朝、シャワーを利用しました。

アカスリもしたので、翌朝は、肌がつっぱるほど、ツルツルピカピカの状態に。
いつものことですが、化粧品おろか、化粧水もクリームも、持ち合わせていません。
4日間、いつも通りのノーメイク、そしてハンドクリーム以外、塗り物は、何もしなかった私(笑)。
どなたか、化粧の仕方、顔の手入れの仕方の「いろはのい」から、教えてくれないかしら・・・。

P1260344.jpg

釜山に来たからには、マッコリが飲みたい。夕食時に、軽く赤ワインをいただきましたが、
深夜12時近くなり、どうしても釜山のマッコリが飲みたく・・・
携帯電話を見ると、ご一緒した満作さんは、すでに買物へと外出中~。
ホテルは、繁華街のど真ん中にあります。コンビニも、周辺にいくつもありました。

P1260332.jpg

1階ロビーまで降りると、こんな穴のような出入口があります。
ここから入り、下へ降りて行くと、ショップが並ぶフロアに入り、
そこから地下鉄西面駅へ通じる、地下街へとつながっていました。

さすがのロッテ。雨でも雪でも傘をさすことなく、地下鉄の駅まで移動ができます。
そして地下道から、お向かいに横断し地上に上がり、適当にコンビニを探しました。

P1260372.jpg

そしてコンビニで買ったのは、これ!釜山を代表するマッコリ「生濁」!
これが飲みたかったのよ~私♪約1年ぶりの釜山で「生濁」が飲めて良かったです。

生濁(センタク)のおじさんの正体!センタクって?  ← 釜山のマッコリについてはここ

P1260373.jpg

そしてこれ!コンビニのキンパプも食べたかったのよ~♪
深夜のコンビニで、ナイトキャップのマッコリと夜食を購入しました・・・

明日、起きれるかな?






☆釜山ロッテホテル (부산호텔롯데 )
住所:釜山市釜山鎮区釜田洞503−15
(부산시 부산진구 부전동 503-15 / 부산시 부산진구 가야대로 772 )
TEL:051-810-1000



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

クリックお願いします^^




関連記事

Comment


>ホテル、カジノ、免税店の他、12の国際会議場と宴会場があり、韓国最大規模の超高級ビジネスホテル兼エンターテイメントホテル
>釜山のランドマーク的存在

なのに、カテゴリー的には「ビジネスホテル」というのは解せません。どういう基準何だろう。この内容でビジネスホテルなら、大阪市北区中之島にある創業昭和十年の老舗「リー〇・ロ〇〇ル」はどうなるのか。

それは兎も角、お部屋がシックでスタイリッシュで落ち着いたもので良いですね。
2016.12.09Fri 22:02 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL