ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月
TOP2016年11月 韓方医療観光FAMツアー ≫ 【韓方ツアー】これ病院!?新羅千年の都だった慶州にあるコッマウル慶州韓方病院建物が素晴らしかった話

【韓方ツアー】これ病院!?新羅千年の都だった慶州にあるコッマウル慶州韓方病院建物が素晴らしかった話

ツアー2日目の目玉は、慶州にある韓方病院にて、韓国伝統の韓方治療を体験します。

病院嫌い検査嫌い注射嫌いの私。ドクターの前でパンツ脱ぐなら死んだがまし!
腹切って死ぬ!と、つい2~3年前まで婦人科検診さえも受診したことがなかった私です。

今回、新羅千年の都だった慶州で、果たしてパンツを脱ぐことになるのでしょうか!?
韓国伝統家屋造りの病院において、ドキドキのメディカル体験をご報告致します。



慶州は、「屋根のない博物館」と称されますが、ここは屋根の無い博物館にある病院というのか、
いやいや映画村のような、趣のある韓屋の病棟や薬庫や食堂、入院棟が広大な敷地に並び、
1日かけて体験するプログラムを、時間の関係で、超特急、半日で済ませました。

P1260627.jpg

韓国時代劇にトリップした気分です。白いハチマキ(というのか?)をした、
カゴを担ぎ困った顔の許 浚(ホ・ジュン)が、ふらっと門から現れそうです。

P1260492.jpg

正面の門を敷地サイドから見ると、こんな感じ。ハンアリが並び、病院とは思えません。

P1260490.jpg

この小屋は薬庫でしょうか~。韓方、薬草のようなものが無造作に保管されていました。

P1260488.jpg

診療棟と手技室(マッサージ室?)をつなぐ廊下が、これまた文化財クラスの造り。

P1260497.jpg

私たちツアーメンバーは二手に分かれ、それぞれ問診、検査、診察診断、治療を受けました。
その様子は、のちほど、ご紹介します。まずは病院建物探訪から。

P1260457.jpg

バスで到着した私たち、駐車場から病院敷地内に入ると、こんな感じで病院景色がひらけました。

P1260460.jpg

広い中庭には、布団や薬草を干すための道具が置かれています。
そう~この病院、宿泊出来る韓屋の個室完備にて、長期滞在しての治療も可能です。
宿泊棟のご紹介は、これまた後ほど。盛りだくさん過ぎる体験コースでしたので、
3回に分けてご紹介します。

P1260462.jpg

さて建物の中に入ってみましょう~。「手技室」と書いてあります。手のワザ?
何されるのかしら~?漢字から想像してドキドキと心配になります。

P1260463.jpg

入口にはトイレがありました。病院の建物内には、風格がある置物がいろいろとあり、
その1つ1つが、高価そう~で、キョロキョロと眺め、病院滞在中、見飽きることがありません。

P1260471.jpg

待合室です。先に右手の部屋に入ったメンバーが、温浴とマッサージ。
退屈そうに順番を待っていると、奥の診療室を見せてくださいました。

P1260478.jpg

診療台が、部屋の壁に沿って並んでいます。なんかスゴイです。

P1260479.jpg

10台どころではありません。韓国全土から身体が悪い人が押しかけても大丈夫?
それぐらいあるように見えます。

P1260480.jpg

手のワザで使う道具でしょうか~。

P1260475.jpg

お湯呑みが可愛い♥

P1260476.jpg

この時点では、これが道具とは知らず、お湯呑みと思っていた私です。

P1260487.jpg

さてお向かいにある、廊下で繋がれた、診察棟に行ってみましょうか~。

P1260529.jpg

検査室を抜けると、リビングでしょうか~。診察治療を終え、ゆったりできる部屋です。

P1260532.jpg

西洋的な病院には見られない、心身ともに、ゆったり寛ぐ空間になっています。
これはまるで、お茶の間です。みかん食べながらテレビ見て昼寝しても良さそう~。

P1260533.jpg

ホンモノ?海亀の剥製かな~?

P1260535.jpg

リビングの向こうにも治療のための部屋があり、怪しい光は遠赤外線かな。

P1260537.jpg

伝統家屋にPCが不思議な感じですが、今時の病院ですから、カルテの管理はPC。

P1260538.jpg

ここで私も、治療を受けました。これが生まれて初めての体験で・・・

P1260540.jpg

そしてちらっと見えているのが院長先生。お部屋に入ってみましょうか。

P1260542.jpg

「ハイ私が、コンマウル慶州韓方病院の、韓醫師(ハニサ)で院長の金東烈です」
「本日は、どうぞよろしくお願いします」


【金東烈(キム・ドンニョル)先生略歴】

生年月日:1961年5月13日
出身地:蔚山広域市
学歴:大邱韓醫大學校韓醫学科から同大学院博士過程修了

P1260472.jpg

ところで今回、私は初めて耳にした韓醫師、韓方病院で医療に従事するお医者さんの事ですが、
韓国では、どういう定義なのか、まずは、そこから紹介しましょう~。


韓醫師(ハニサ:한의사)とは、韓醫學に基づく医療行為を行える法的資格を持った人で、
国民の健康増進のため制定された国民医療法(現・医療法)に明示された
医療人(医師[西洋医学]、歯科医、助産師、看護師)の一種。

韓医師は国民の健康的生活に寄与すべく、韓方医療の従事がそのメイン業務(医療法2条2項)
韓医師を目指す者は韓医学科(韓医学部課程予科2年、本科4年)を専攻し、
韓医学士の学位を受けた者として
(保健福祉部長官が認定する同等なる外国の大学を卒業、韓医学士を取得した者、
韓医師の免許を受けた者を含む)
韓医師国家試験に合格後、保健福祉部長官からの免許を受けなければなりません(医療法5条)

ところが一般的に医療類似業者である「鍼灸師」や
医薬品販売業者である「韓方薬師」などと混同されやすい点が問題とされています。


韓醫師は、韓国の医療法で決められた国家資格者となります。
さて次回は、検査、診断、治療などについてレポします。


☆コッマウル慶州韓方病院(꽃마을경주한방병원)
住所:慶尚北道慶州市塔洞46-1(경상북도 경주시 탑동46-1)
TEL:054-775-6600


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

マニア過ぎる?クリックお願いします^^




関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL