ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2017年03月
TOP2016年11月 韓方医療観光FAMツアー ≫ 【韓方ツアー】韓医院の美味しいランチと宿泊(入院)施設 韓方(ハンバン)が身近にある暮らしが羨ましい~♪ 

【韓方ツアー】韓医院の美味しいランチと宿泊(入院)施設 韓方(ハンバン)が身近にある暮らしが羨ましい~♪ 

【韓医院のランチタイム】

飲食店でアルバイトをするなら、賄い(食事)が美味しい店。
これは私の絶対条件。

そして今回のFAMツアー、韓方病院(韓医院)で昼食をいただくという、
韓国旅行マニアでもなかなか出来ない珍しい経験をさせていただいて、
この度、私は決意しました。

入院するなら、美味しい病院。これは絶対条件。

「ワッタカッタ!さん、余命わずかです」と宣告されてからでは遅いので、
今のうちから、食事が美味しいホスピスを探しておこうかしら・・・
と思いました。早め早めの、美味しい病院探し&美味しいホスピス探し。



治療の途中でしたが、昼時になりコッマウル慶州韓方病院内の施設にて
ランチタイムとなりました。

P1260559.jpg

この日、釜山から慶州へ向かうバス車中で、ガイドさんから、
「昼食は、病院内で召し上がっていただきます」とのご案内がありましたが、
取り立てて期待はしていませんでした。

『あっ時間の都合上、病院で食べるのね』程度です。

P1260558.jpg

こちらの食堂で、病院スタッフも入院されている患者さんも、一緒に食事を取ります。

P1260560.jpg

P1260575.jpg

私たちゲストには特別でしょうか、ご丁寧に座椅子と、
特別料理の他、フルーツやお菓子などの用意もされていました。

お心遣いに感謝です。

P1260562.jpg

そしてこちらに並ぶのが、本日の昼食、韓医院ビュッフェとなっております。

P1260576.jpg

はい並んで並んで~順番に順番に~♪

P1260578.jpg

さあ~お腹が空きました~何食べようかな~♪

P1260565.jpg

P1260566.jpg

P1260567.jpg

P1260568.jpg

P1260569.jpg

P1260570.jpg

P1260572.jpg

料理はどれもこれも見た目は普通で地味ですが、滋味豊かな味ばかり。
今回のFAMツアー参加者の多数は、韓国旅行慣れした方ばかりでしたが、
全員が口を揃えて美味しい~美味しい~の連発。

たしかに、誠実、丁寧に作られた身体に良さそうな韓国のお味の料理でした。

P1260589.jpg

壁には献立表、一週間分の朝、昼、晩、それぞれの献立の予定が貼ってありました。
以下は、私たちが訪ねた、11月24日(木)昼食の献立です。


밥(パプ[ご飯])=현미밥(ヒョンミパプ[玄米飯])

국(クク[汁物])=시락국(シラックク[干した大根の葉&茎の味噌汁])
※시래기국(シレギクク)の慶尚道なまり

반찬(パンチャン[おかず])=오리불고기(オリプルコギ[アヒルの焼肉])、
가을냉이(カウルレンイ[秋ナズナ])、숙주나물(スクチュナムル[緑豆もやし])

기타부식(キタプシク[その他の副食])=야채샐러드(ヤチェセルルドゥ[野菜サラダ])、
요구르트(ヨグルトゥ[ヨーグルト]) 、청국장(チョングッチャン[韓国式納豆汁])、
과일(クァイル[果物])


献立は、当日の料理とは一致しない料理もありましたが(いやほとんど違うかも^^)、
1つ、気になっていたナムル、緑のお野菜の正体が分かりました。

가을냉이(カウルレンイ)、秋ナズナ

新井さ~ん分かりましたよ!!あれは가을냉이(カウルレンイ)、秋ナズナです!!

韓国の山菜系、その種類が多く、地方に行けば珍しい山菜にも当たりますが、
名前が分かる人も少ないです。私たち質問したのですが、とんと分からずでした。

P1260582.jpg

こちらが、この日私が韓医院で食べた昼食。かなり消化が良い料理だったようで、、
昼にお腹いっぱい食べたはずでしたが、夕方、お腹が空くの早かったです。そして・・・

念願だったステンシクパン(스텐식판)

韓国の社食や学校、軍隊で使われるステンレスのトレイですが、私は初めて使いました。

P1260583.jpg

いただきます!

一週間、朝、昼、晩と食べたら、健康になりそう~!

P1260587.jpg

ところで、病院内敷地には、ハンアリがありましたが、味噌、醤油は自家製でしょうね。
プルコギに添えたテンジャンですが、これが田舎風味で、本当に美味しかったです。
マートで買うテンジャンとは、ひと味もふた味も違いました。


ご馳走さまでした!



【昼食後は宿泊施設で休息タイム】


P1260598.jpg

腹の皮が突っ張ると、まぶたの皮がたるみます。

P1260600.jpg

昼食後、案内されたのが、宿泊施設。なんて素晴らしい~ところだろう~ここは。

新羅千年の都だった慶州で、半日以上、病院で過ごすことも、かなりレアケースですが、
そこで、古都、慶州で寝て過ごすというのも、これまたなかなか聞いたことが無いツアー。

P1260604.jpg

病棟の奥にも、いくつもの韓屋の建物があり、これらは、「Mediflower Healing Center」。

P1260605.jpg

私たち、ここで、この中で休んでくださいとのこと。

P1260609.jpg

お邪魔しま~す!テレビも冷蔵庫もあります。そして鍵付きのロッカーまでも。
床はオンドル(床暖房)で、私はゴロゴロとしてました。

P1260602-1.jpg

P1260603.jpg

シャワー&トイレ完備。

学生さんの下宿部屋のようですが、ここに宿泊、いや入院して長期治療もできます。
病院に張り紙がありましたが、がん患者さんのターミナルケア(終末期ケア)もされているようです。

オルネリョ!さんは「青森の酸ヶ湯温泉みたいだな~」と言いました。
そうそう~ここは温泉場ではありませんが、お灸に鍼、カッピングもあり、
韓国の湯治場みたいな場所かもしれません。

P1260606.jpg

私たちが休息した建物の前は、冬枯れはしていますが、芝生のお庭。

P1260608.jpg

こちらで休息のあと、お灸へと続きました。

P1260458.jpg

かなり急ぎ、韓方体験プログラムを消化ましたが、それでも予定時間をかなり過ぎてしまったようです。

P1260459.jpg

最後、院長先生にご挨拶、そして記念撮影をして、コッマウル慶州韓方病院をあとにしました。

P1260455.jpg

韓方治療は、直ぐに目に見えて結果が出るようなことはありませんが、
身体の不調を相談し、じっくりカウンセリングをしていただき、
それぞれの体質に合った治療法、そして自然界の生薬を配合する韓薬(ハニャッ)の処方と、
韓方医、韓醫師(ハニサ)に頼れる暮らし。

子供の頃から、韓方病院(韓医院)に親しむ韓国の人たちが、
私は羨ましい~と感じた、慶州でのメディカル体験となりました。




☆コッマウル慶州韓方病院(꽃마을경주한방병원)
住所:慶尚北道慶州市塔洞46-1(경상북도 경주시 탑동46-1)
TEL:054-775-6600

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

クリックお願いします^^




関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL