ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP2016年11月 韓方医療観光FAMツアー ≫ 【韓方ツアー】正直な話 興味が湧かず眠い体験もあります しかし目が覚めた!大邱薬令市韓医薬博物館で石鹸作りの巻♪

【韓方ツアー】正直な話 興味が湧かず眠い体験もあります しかし目が覚めた!大邱薬令市韓医薬博物館で石鹸作りの巻♪

昨年、2016年11月に参加しました、韓国観光公社さま主催、
「韓方医療観光FAMツアー 」の続きです。

レンガの家~ピョクトルチプで食べるコンドゥレの石鍋ご飯とコダリの逸品料理♪

この記事の続き。



2日目、昼食のあとは、大邱薬令市韓医薬博物館にやって参りました。
街歩きが好きな私の本音は、薬令市通りを散策したかったのですが、
ツアーですから、勝手気ままな行動は慎みます。

韓国大邱の薬令市通りにある「大邱薬令市韓医薬博物館」は、1993年にオープン。
館内には韓医書や、韓方の道具、韓方薬材など約300点が展示され、
韓国の漢方、韓国では「韓方」と書きますが、その歴史や文化を見て体験できる博物館。

体験コーナーでは、韓薬材を使ったサシェ(匂い袋)や石鹸作りが体験出来、、
また韓方足浴体験、韓方茶無料試飲などもあります。

P1270187.jpg

私たちは、ここで先ずは、韓方石鹸づくりを体験。

P1270176.jpg

こちら事前予約が必要だそうです。ちなみに体験時間は約30分くらいで、体験費は3000 ウォン。

私の本音は、韓薬材をいっぱい売っている薬令市通りを散策したかった・・・
バスを降りて、博物館までの通りを少し歩いただけでは物足りません・・・
仕方が無い・・・また大邱に来るか・・・そんな心境で、目の前の道具を見て、心は上の空。

P1270178.jpg

石鹸作りに使う韓方が5種。ここから1つ選びます。

上の空の私の目が覚めました。この係のお姉さんのキャラが素敵過ぎ。
どういうのか、眠たくなるような気だるい雰囲気で、
石鹸作りよりお姉さんが面白くて、がぜん、やる気が出てきました。

P1270173.jpg

並んだ5つの瓶には、それぞれの効能効果が、韓国語、英語、日本語、中国語で書いてありました。

杏仁(きょうにん)・白芷(びゃくし、ビャクシ) :杏仁の成分とビャクシが肌につやを与えます。

黄柏(おうばく/キハダ):肌の防御力を高めるので、子どもの皮膚炎(アトピー性皮膚)、
おむつかぶれなどによく使用されます。

当帰:荒れてかさかさの肌をなめらかにし、メラニン形成を抑えて美白に役立ちます。

白茯苓:ビタミンが豊富な白茯苓は、肌に透き通るような美しさを与えます。

みかんの皮(陳皮) :肌を健康にして、トラブルから守ります。
(効能効果については大邱薬令市韓医薬博物館ホームページより引用)

P1270179.jpg

私が選んだ韓方は、ここでは、美白、シミ、そばかすに有効と書いてある、当帰(トウキ)。

名前は聞いたことがあっても、普段、韓方(漢方)について考えたことありません。
トウキ(当帰、Angelica acutiloba)とは、セリ科シシウド属の多年草で、
漢方薬として用いられる。と、ウィキペディアに書いてあります。

P1270181.jpg

作業開始直後は、作り方のメモを取っていましたが、こりゃ~簡単、メモ取るほどでもないと思い、
途中からメモ取るのを止めたら、一ヶ月後、まんまと作り方の詳細は忘れていました。
興味が無いことは、さっさと忘れる性分です。スミマセン(^_^;)

P1270184.jpg

韓方石鹸作り、型に流して完了~。

P1270183.jpg

最後、シュッシュと霧吹きして、これで本当に完了~。この液体は何だったかな?
あとからホームページを見ると、このシュッシュは、泡を取り除くためにエタノールと分かりました。

P1270193.jpg

ここで、韓国観光公社、地元支社の方、2名さまが、叱咤激励のため?来訪。

『ワッタカッタ!さん寝てたでしょ?』
『昼食後で寝そうでしたが、お姉さんが面白くて目が覚めました』

なんて言われたら、そう答えようかと思っていました。


これで、石鹸作りで、ここでの作業が終わったかと思いましたが、ここからまだ続きます。

P1270190.jpg

韓国で経験する体験物の場合、最初に説明かれこれが無いので、えっまだ続くの!?
と、いう場合が多いです。ちゃんと最初に説明しない。これも国民性でしょうか~。

P1270191.jpg

どうやらリップバームを作ります。お姉さんの言われる通りに薬剤を計量します。
こちらの体験もホームページから要予約。体験時間は約 10 分で、体験費は4000 ウォン。

P1270192.jpg

サルでもできる韓方体験。右から前から、皆さんが手伝ってくれました。
サルでもできそうですが、抗菌と抗炎に効く紫根抽出物を利用した
天然リップバーム作りは貴重な体験。普段、考えたこともありませんので。

P1270196.jpg

ここは私、ちゃんとメモ取ってますからね~。真面目にやってます。一応ね。

リップバームの材料は、蜜蝋と書いてミツロウ、スシローでは無くミツロウです。
それと、美容オイルとして最近人気のスイートアーモンドオイル、
それにホホバオイル、これはエホバの証人とは関係は無いみたい。
あと、ローズヒップ (rose hip)。薔薇の尻かい?と長年思っていましたが、
「尻」とは無関係で、本来は「ヒップ」だけでバラの果実を意味する単語と、
これもウィキペディアに書いてあります。
私みたいに、薔薇の尻と勘違いする人、世界中にいるのでしょう・・・。
最後はビタミンEでした。

P1270197.jpg

全部を正しく計量して加熱して混ぜ混ぜします。

P1270199.jpg

容器に流し込み作業完了。誰でも簡単にできるリップバーム作りでした。

P1270200.jpg

百貨店の1階は、日本も韓国も化粧品売場。化粧品屋の利益率が高くて、
売れると儲かる理由(ワケ)も、何となく体験を通して理解できます。

P1270215.jpg

博物館の敷地内は各種薬草が植えられておりました。

P1270216.jpg

11月の下旬には、クチナシの果実が熟し、そのオレンジが美しいこと!
クチナシ(梔子、巵子、支子、学名: Gardenia jasminoides)の名前の由来は・・・

果実が熟しても、裂けたり弾けたりしないので、口が無い「口無」
または、鳥のくちばし、果実自体を梨に見立てて、口のある梨「口梨」とも。

実は私、大邱で初めてクチナシの実、果実を見て感動です。
ここの博物館で1番の感動で、西部警察、渡哲也が歌う「くちなしの花」が
頭でぐるぐると流れていました。そんなことは誰にも言いませんが・・・。

P1270232.jpg

♪ い~までは指輪も ま~わるほど

 やせて やつれた と、言われてみたい

 クチナシの花の 花の香りが

 大邱の果てまで ついてくる



水木かおる先生ごめんなさい。



「次、いってみよー!」 

(ドリフのいかりや長介さん風に)



P1270892.jpg

最後の仕上は、係のお姉さんにお任せで、私たちは足浴をしました。
こうして、旅の思い出が手作りで残るのも良いです。使えば消えますが^^



☆大邱薬令市韓医薬博物館(대구약령시한의약박물관 )
TEL: 053-253-4729
住所:大邱広域市 中区 達句伐大路415キル49
(대구시 중구 남성 52-1/ 대구시 중구 달구벌대로 415길49)
http://dgom.daegu.go.kr(日本語)

【体験プログラム案内】

期間:休館日を除く毎日
体験時間 : 午前10時~12時 午後2時~5時

10名以上の団体観覧の場合は、必ず3日前までにホームページおよび電話で予約
TEL:: 82-53-253-3359

詳細はここ ⇒ 








にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

まじクリックお願いします^^

やる気が、がぜん出ます。

関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL