ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP2016年11月 韓方医療観光FAMツアー ≫ 【韓方ツアー】特一級大邱グランドホテル 憧れのスイートオンドルに宿泊

【韓方ツアー】特一級大邱グランドホテル 憧れのスイートオンドルに宿泊

日本からの直行便も就航し、行きやすくなった、韓国第3の都市、大邱。
大邱での宿泊は、ムクゲの花が5つ並ぶ、特一級の大邱グランドホテルでした。



特一級ホテルに到着した、全身、豚ホルモン臭い集団を迎えてくださったのは、
大邱広域市、観光協会の丸山雅子さん。遅い時間にも関わらず、とびきりの笑顔でお迎え。

大邱の観光についてのエキスパートの方で、私は、以前、東京お台場で開催された、
旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン」の会場でご挨拶させていただいたことがありますが、
大邱でお会いするのは初めてでした。

P1270424.jpg

ツアーメンバーのお一人とお約束だったとか。それならばと、ツアーメンバー全員に、
お土産をご用意されて、今か今かと、ホテルロビーでお待ちになってました。

お人柄が良いとの評判は耳にしておりましたが、ここでもすごい人気で、メンバー全員と名刺交換。
こうして、陰ながら、日韓の交流、そして韓国の観光の下支えをされている日本人がいらっしゃること、
韓国の旅を通して、彼女だけではなく、いろいろな出会いから知ることができます。

P1270425.jpg

丸山さん、お土産、ありがとうございました~。豚臭い身体、これでキレイに洗いますね~。





そして豚臭い身体で、大邱グランドホテルの部屋に入りました。

15249_5_1346997964.jpg

今夜は、スイートオンドル。

15249_4_1346997964.jpg

オンドルの部屋は、初めてではありませんが、さすがの特一級は違いますね・・・おやすみなさい。








というのは夢で^^スイートオンドルの画像は、ハナビツアーさんからお借りしました。 ⇒ 

P1270430.jpg

オンドルの部屋だったら良かったなあ~と思いながら、アサインされた部屋へ向かいます。

P1270429.jpg

カチャッ!!まさかのオンドル!?

ではありませんでした。

P1270449.jpg

大邱グランドホテルのお部屋は、心安らぐナチュラルテイストの作りで、木の温もりが良いですね。

P1270433.jpg

朝までぐっすり、寝ることができました。

P1270436.jpg

P1270434.jpg

P1270435.jpg

P1270437.jpg

P1270439.jpg

P1270440.jpg

P1270456.jpg

P1270455-1.jpg

P1270443.jpg

P1270447.jpg

P1270445.jpg

P1270454.jpg

私は、特に問題は無かったのですが、ツアーメンバー8人中、お2人の部屋では、
それぞれに水回りに問題ありだったと、翌日の車の中で、話題になりました。

ガイドさんも承知で、大邱グランドホテル、割と頻繁に、シャワーはトラブルが発生するとか。
宿泊される際は、裸になる前に、髪を濡らす前に、水回りは点検した方が良いかもです。

P1270457.jpg

朝、起きてはいましたが、私にしては珍しく、朝食会場には遅入りです。そんな気分の朝。

P1270477.jpg

ガイドさんが、満作さんとお食事をされていましたので、相席にさせていただきました。

P1270461.jpg

P1270463.jpg

P1270464.jpg

何食べようかな~とぐるりと見渡して・・・

P1270474.jpg

大邱の朝ごはんは、こんな感じです。

そして、ここでも、どうしてもキムチの味見がしたくて、キムチを少量ずつ皿に取りましたが、
これが珍しく、私の口に合わず・・・正直な味の感想をガイドさんに話すと・・・
「大邱は田舎だから」と釜山ヨジャのガイドさんの答えでした。これは田舎の味なのかと納得です。

P1270480.jpg

釜山の人から見たら、大邱は田舎?

韓国の人って・・・本当に率直です^^



☆大邱グランドホテル(대구그랜드호텔)
住所:大邱広域市寿城区泛魚洞563−1(대구광역시수성구범어동563-1)
TEL:053-742-0001



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

スイートオンドルに引っかかった方もそうでない方も、クリックお願いします^^

やる気が、がぜん出ます。
















関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL