ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2017年03月
TOP我が家の韓国料理 ≫ ワッタカッタ!キムチ研究所 

ワッタカッタ!キムチ研究所 

冬に美味しい~大根の品種もさまざまで、私が暮らす東京世田谷のスーパーでも、
お馴染みの青首大根の他、三浦大根、赤いラディッシュ、そして最近よく見るレディーサラダと、
赤&白と目出度く、紅白の大根がいろいろ並び楽しいです。

そして大根の葉っぱ。
大根同様に、その葉っぱにも、いろいろなタイプがあるもんだ~と、
これまた素通りできません。



これは、たしか「葉大根」の名称で棚に並んでいました。その前をウロウロ、行ったり来たり。
忙しいから止めようと思いながら、どんな味になるのか試したくて、ついつい手が伸びました。

P1270863.jpg

前にキムチにした大根の葉より葉が長くて、しっかりしています。根っこの白い部分も、若干の太め。

東京近郊産の中抜き大根と生唐辛子で作る!本場韓国の味 「ヨルムキムチ」♪

この記事で使った大根の葉は、扇形に葉が広がりましたが、今回の葉は置いても、横に広がりません。

P1270864.jpg

大根の品種が違えば、大根の葉も違うのだろうかと思いつつ、塩を振ります。

P1270913.jpg

漬かった直ぐのキムチの写真は、撮り忘れ。3週間ほど経過し、残りわずかとなった頃、
写真に収めた葉大根。古漬けですね。大根の葉のキムチは、浅漬けより古漬けが美味しい~。
色味は悪いですが、よく漬かり、酸っぱくなった方が、大根の葉のキムチは美味しい~と、
私は思います。これまた好みですが^^

P1270894.jpg

そして後日、白い大根の部分が15センチくらいのミニ大根です。お試しにと6本買いました。

P1270897.jpg

毎回使う、下漬け用のステンレスの桶ですから、大根の大きさも分かるかと思います。
韓国のチョンガク大根は、先が、もう少し丸みを帯びていますが、大きさと形が似ています。

P1270899.jpg

白から赤へ。美味しくなれよと言い聞かせ、フタを閉めて3週間放置。
1週間室温、その後、冷蔵庫です。我が家のセカンドの冷蔵庫は、秋から冬、キムチだらけ(^_^;)

P1270928.jpg

フタを開けた瞬間、大根キムチの良い匂い。昨年の秋、韓国で購入した粉唐辛子が、
フレッシュなせいか、仕上がりのキムチの匂いまで変わりました。

P1270929.jpg

食べやすい大きさにカットしました。瑞々しい唐辛子の香りです。

韓国の大根と違い、日本のメジャー品種、青首大根をキムチにすると、
大根に水分が多いせいかシャキシャキ感は消え、柔らかい食感のカクテキになりますが、
このミニ大根は、カリカリのキムチに仕上がりました。韓国のチョンガクキムチのようです。

P1270908.jpg

セロリ大好きです。サラダ、きんぴら、スープ、炒め物、チャーハンも良いですね~。
そしてセロリのキムチも美味しいですが、市販品を買うのが難しいので、
自分で作ってしまいましょう。

P1270922.jpg

セロリのキムチは、浅漬けが美味しいです。写真は、少しばかり漬かり過ぎ。

P1270916.jpg

セロリの葉っぱは、刻んでアジア風の卵焼きにして食べるも美味しいですが、
これこれ、これは山本麗子先生のレシピ。何でも台湾人のお父さまの味とか。

油で、にんにくとしょうがのみじん切りを炒め、ベーコンと刻んだセロリの葉っぱを炒めて、
紹興酒と醤油で味付けした小さなおかず。冷蔵庫で3~4日は保存がききます。
この小さなおかずと白いご飯が合う合う。もう何年だろう~10年以上は、繰り返し作っています。

家庭の味は、繰り返し繰り返し作ること。これ大事と、誰かがおっしゃっていました。
あれ誰だったかな・・・?????忘れたわ^^


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

クリックお願いしますm(_ _)m










関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL