ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月
TOP韓国の事件 ≫ 犬を政治的道具に利用した恐ろしいおばさん「朴槿恵」♪

犬を政治的道具に利用した恐ろしいおばさん「朴槿恵」♪

TEXT BY オルラッタネリョッタ!







20130225112033_271497_520_346_59_20130225112533.jpg


※プレゼントの主に対し、「青瓦台に連れて、健康に育てます」と挨拶する朴槿恵



飼っていた犬9匹を大統領府に置いたまま、自宅に引っ込んだ朴槿恵。
ネットユーザーからは避難の嵐・嵐・嵐
そもそも彼女が犬を飼うことになったきっかけは、
彼女が大統領になって、江南の自宅から青瓦台に引っ越した時、
近隣住人からプレゼントされた、
生まれて間もないオスの「ヒマンイ[希望]」とメスの「セロミ[新しさ]」、
2匹の珍島犬(진돗개[チンドッケ])を譲り受けたこと。


개보다 못한 사람
けぼだ もったん さらむ
犬より劣る人間



人の悪口を言わせたら世界一?の韓国の人々からは、こんな感じで罵られています。
政治家としての資質もなかったけど、彼女の人間性まで批判の対象に・・・
(僕的には、生き物を人にプレゼントする方もどうかと・・・)



IE002073879_STD_99_20170313184303.jpg


そんでもって、 2015年8月、その2匹が5匹の赤ちゃん犬を出産、
それぞれ、평화(平和[ピョンファ])、통일(統一[トンイル])、백두(白頭[ペクトゥ])、
금강(錦江[クムガン])、한라(漢拏[ハルラ])と命名され、当時話題になりました。
(この5匹はその後それぞれ、里親に譲渡されたそう)

※子犬の名前をつけたのは、北は崩壊すると予言した
アノ崔順實だったかもしれないですよね!


赤ちゃんが譲られたことはとても良かったのに、
今年の1月、大統領が職務停止中に、
2匹の親犬が何と!再び7匹の赤ちゃんを出産。

どうしてもっとちゃんと管理をしないかな~?
去勢手術を施すなど、やれることはあったはず。

恐らく、動物愛護団体が手を差し伸べて、新たな里親を見つけてくれるでしょうけど、
エセ愛犬家を堂々と標榜できる、ここまで心のない人間を目の当たりにすると、
本当に恐ろしくなってきます。
特に犬好きでもない僕が憤ってしまうのだから、いわんや真の愛犬家をや!





にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
↑     ↑     ↑
クリックしてくださればHAPPYです。


関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL