ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP2017年旧正月ソラシドエアで行くソウル旅行 ≫ 旧正月前日の韓国仁川松島セントラルパークを歩いてみた

旧正月前日の韓国仁川松島セントラルパークを歩いてみた

真夏に振り返る真冬の韓国の旅です。


私が韓国、仁川にある松島国際都市を初めて訪問したのは、忘れもしません、
2014年に開催された、仁川アジア競技大会開催記念FAMツアーでした。



詳細はここから

2014年仁川アジア競技大会開催記念FAMツアー目次



思いがけず目にした街は、近未来を描く、映画のセットのような街でした。
あれから、松島の街はどう変貌したのでしょうか。

あの時、超高層ビル「Gタワー」から眺めた景色を、もう一度見たくて・・・
と思いましたが、旧正月の連休にあたり、残念ながらビルは閉鎖されていました。

仁川大橋展望台も、工事中で入ることは出来ませんでした。



さてどうしようかと、冷たい空気の中、人の暮らしが見えない、
松島(ソンド)国際都市の中心となるセントラルパークを歩きます。

人の姿が写り込まないようにと意識したわけではありません。
この日、旧暦の2017年を迎えようとしている大晦日、本当に人の姿が見えませんでした。

おそらく、お金持ちの住人はバカンスへ。家族持ちは田舎へ里帰りなのかもしれません。
この時期、この街に観光に来る韓国人も外国人も、居ない様子です。

P1280155.jpg

水上タクシーが見えてきました。

こちら松島には、海水を引き込んで作られた水路が全長1.8kmほど回らされ、
そこには水上タクシーが運行し、約30分かけて松島の未来を水上から見せてくれます。

私、これに乗りたかったのよ~と、ウロウロとチケット売り場を探しましたが、突然現れたお客に、
係りのおじさんが、乗るんだったら今直ぐでも出発できるけど、お客はあんたたちだけ・・・
と、本当に面倒そうにオルネリョ!さんに言います。

まるで迷惑な様子に、それでは中だけ見学ということになりました。

P1280156.jpg

P1280158.jpg

P1280159.jpg

松島地区の都市構想が発表された当時のニュースを読むと・・・

「米国のニューヨークやシカゴ、イタリアのヴェネツィアを模範とし
それらが持つ要素を取り込んだ都市開発を進めている」と書いてあります。
そして「国内外から多くのレジャー観光客を集めていく」とも。

P1280162.jpg

韓国政府が取り込む、仁川経済自由区域(IFEZ)の開発は、
「ビジネス」「物流」「レジャー」が3本柱。

ちなみに、IFEZとは、Incheon Free Economic Zone の略です。

干潟に浮かぶ島は、北東アジア経済中心実現戦略の中核となる地域を目指して開発が始まり、
その完成は2020年と政府発表されています。

完成まであと3年ですか・・・。

P1280163.jpg

ハブ都市仁川を象徴する特異な建築物トライボウル。

P1280166.jpg

「トライボウル(Tri-bowl)」とは、3つを意味するトリプル(triple)と器を意味するボウル(bowl)の合成語。

P1280172.jpg

こちら、イベントホールや多目的ホール、デジタルライブライリーなどがある複合文化空間。
韓国最大の連休中にも関わらず、特にイベントは開催しておらず・・・

仁川、韓国の本気度も、だんだんと透けて見えてきました・・・

P1280165.jpg

Gタワーが見えています。あの日あの時、あのビルから見た景色は衝撃だったんですが・・・

「松島や ああ松島や 松島や」韓国最高層ビルが見える!!韓国仁川~松島新都市の絶景!!

3年経過し、夢から覚めてしまったような私が居ました。




ワッタカッタ!さんのInstagramはこちら ⇒ ★☆★☆★

フォローしてね^^

ユーザー名は ⇒ wattakatta

ブログ共々、インスタも、よろしくお願いします^^


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

クリックお願いしますm(_ _)m





関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL