ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPK-POPノスタルジー ≫ 昨日韓国のFMで流れていた曲  ~싸이[PSY] 「おってっするか」~

昨日韓国のFMで流れていた曲  ~싸이[PSY] 「おってっするか」~

TEXT BY オルラッタネリョッタ!







オリジは朴正炫[パク・チョンヒョン]とのデュエットだけど、
僕は李知恩[イ・ジウン]とか朴ポムとのバージョンが好き。






※張基河[チャン・ギハ]と別れた後のアイユー。どんな気持ちでこの歌を歌ったのかな?





※改めて聞くと朴ポムの声って、独特でイイね

어땠을까[おってっするか] 
「싸이6甲 Part 1」収録、発売日2012.07.15.


내가 그때 널 잡았더라면
俺があの時オマエを手放さなければ
너와 나 지금보다 행복했을까
オマエと俺、今よりも幸せだったのかな?
마지막에 널 안아줬다면 어땠을까
最後の最後でオマエを抱きしめていたら、どうなっていたのかな?

나의 옛사랑 옛사람
俺がむか~し付き合ってた彼女
가끔 난 너의 안부를 속으로 묻는다
時々俺はオマエが何しているかを心の中で問いかける
그리고는 혼자 씩 웃는다
そして独り意味ありげに笑うのさ
희미해진 그때의 기억을 빈 잔에 붓는다
霞んでいくあの時の記憶を空の盃に注いでいく

잔이 차고 넘친다
盃が満ちて溢れていく
기억을 마신다
記憶を飲み込む
그 기억은 쓰지만 맛있다
その記憶は苦いけど、味はいい
그 시절 우리의 도수는 거의 웬만한 독주보다 높았어
あの時期の俺らの関係は中国焼酎なんかよりも度数がきつかった
보고 또 봐도 보고팠어
デート後でも又すぐに会いたくなるほど
사랑을 해도 해도 서로에게 고팠어 목말랐어
喉が渇くみたい、お互いとても愛に飢えていた
참 우리 좋았었는데 헤어질 일이 없었는데
とても俺らはいい感じだったのに・・・別れるほどの事もなかったのに・・・

왜 그랬을까 그땐 사랑이 뭔지 몰라서
どうして別れたのだろう?あの時、愛が何かも判らなかったから
사랑이 사랑인줄 몰랐어
愛が愛であることも理解できていなかった
혼자서 그려본다
一人で想像してしまう
헤어지지 않았더라면
オマエともし分かれていなかったらって・・・

어땠을까 (내가 그때 널)
どうなっていただろう?(俺があの時オマエを)
어땠을까 (잡았더라면)
どうなっていただろう?(オマエを離さなかったら)
어땠을까 (너와 나 지금보다 행복했을까)
どうなっていただろう?(オマエと俺、今より幸せだったかな?)
어땠을까 (마지막에 널)
どうなっていただろう?(最後の最後でオマエを)
어땠을까 (안아줬다면)
どうなっていただろう?(抱きしめていたら)
어땠을까 (너와 나 지금까지 함께 했을까)
どうなっていただろう?(オマエと俺、今でも一緒だったかな?)

둘이 같이 꼴딱 밤새 맞이한 아침
二人で一緒に夜を過ごして迎えた朝
홀딱 잠 깨 창문을 닫지
すっかり目が覚め、窓を閉めきったっけ
우리는 마치 창 밖의 참새처럼
俺らはまるで窓の外のスズメみたいに
잠들기 싫어하는 애처럼 초등학생처럼
寝るのをぐずる子供みたいに

아무도 없는데 아무도 모르게
誰もいないし、誰にもわからないように
아무도 못 듣게 귓속에 말을 해
誰にも聞こえないように耳元で囁く
그 시절 우리의 온도는 거의
あの時の俺らの関係は
저 밑에 적도 보다 높았어
ずっと南の方にある赤道よりも熱かった
성났어 감기도 아닌 것이 열났어
気持ちが高ぶった 風邪でもないのに熱があった
온몸의 어디든 귀를 갖다 대면은 맥박소리가
体中どこにでも耳を当てたなら、波打つ脈拍が・・・
귓가에 그날의 너의 소리가
耳元にあの日のオマエの鼓動が聞こえただろう

왜 그랬을까 그땐 사랑이 뭔지 몰라서
どうして別れたのだろう?あの時、愛が何かも判らなかったから
사랑이 사랑인 줄 몰랐어
愛が愛であることも理解できていなかった

혼자서 그려본다
一人で想像してしまう
헤어지지 않았더라면
オマエともし分かれていなかったらって・・・

어땠을까 (내가 그때 널)
どうなっていただろう?(俺があの時オマエを)
어땠을까 (잡았더라면)
どうなっていただろう?(オマエを離さなかったら)
어땠을까 (너와 나 지금보다 행복했을까)
どうなっていただろう?(オマエと俺、今より幸せだったかな?)
어땠을까 (마지막에 널)
どうなっていただろう?(最後の最後でオマエを)
어땠을까 (안아줬다면)
どうなっていただろう?(抱きしめていたら)
어땠을까 (너와 나 지금까지 함께 했을까)
どうなっていただろう?(オマエと俺、今でも一緒だったかな?)

눈앞에서 살진 않지만
手の届く所にはいなかったけど
눈감으면 살고 있다
目を閉じれば、まるで一緒に生きているよう
다른 사람 품 안에서
それぞれ別の相手と付き合いながらも
같은 추억 하면서
同じ思い出を共有している
내 곁에 있진 않지만
俺のそばにはいなかったけど
내 몸이 기억하고 있다
俺のカラダが覚えている
다른 사람 품 안에서
それぞれ別の相手と付き合いながらも
같은 추억 하면서
同じ思い出を共有している

왜 그랬을까 그땐 사랑이 뭔지 몰라서
どうして別れたのだろう?あの時、愛が何かも判らなかったから
사랑이 사랑인 줄 몰랐어
愛が愛であることも理解できていなかった
혼자서 그려본다
一人で想像してしまう
헤어지지 않았더라면
オマエともし分かれていなかったらって・・・

어땠을까 (내가 그때 널)
どうなっていただろう?(俺があの時オマエを)
어땠을까 (잡았더라면)
どうなっていただろう?(オマエを離さなかったら)
어땠을까 (너와 나 지금보다 행복했을까)
どうなっていただろう?(オマエと俺、今より幸せだったかな?)
어땠을까 (마지막에 널)
どうなっていただろう?(最後の最後でオマエを)
어땠을까 (안아줬다면)
どうなっていただろう?(抱きしめていたら)
어땠을까 (너와 나 지금까지 함께 했을까)
どうなっていただろう?(オマエと俺、今でも一緒だったかな?)





ワッタカッタ!さんのInstagramはこちら ⇒ ★☆★☆★

フォローしてね^^

ユーザー名は ⇒ wattakatta

ブログ共々、インスタも、よろしくお願いします^^




にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
↑     ↑     ↑
クリックしてくださればHAPPYです。
感謝ハムニダ~!


関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL