FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP2017年旧正月ソラシドエアで行くソウル旅行 ≫ 韓ドラ「ハッピーレストラン」のロケ地に使われた中華料理店「燕京」で韓国の国民食の昼食♪

韓ドラ「ハッピーレストラン」のロケ地に使われた中華料理店「燕京」で韓国の国民食の昼食♪

韓国に暮らす、まともな人に聞くと、一般的な店のチャジャンミョンは、添加物がたっぷりで、
特にアッパー層は、そんな junk 、屑みたいな料理は食べないと言います。
韓国中華を代表する中華料理とは、その程度のもの。

しかしチャジャンミョンは国民食ではないか?人気の料理ではないか?とお思いでしょうが、
韓国の99%の人は庶民。庶民は100円程度のマッコリや焼酎を酔いつぶれるまで飲んで
日々の憂さを晴らし、出前でチャジャンミョンを食べるのが現実。

旅行は非日常。憂さを晴らすのも楽しみ。韓国の国民食をこれから食べます。



私は富裕層ではありませんが、普段から、減塩生活、菌活と、栄養のバランスを考え、
食事には気を使っていますので、旅先でくらいは、身体に悪そうなものを食べます。

たまには羽目を外す。それがストレス発散。

P1280215.jpg

見るからに身体に悪そう~。特に沢庵は、着色料・保存料・甘味料ともにたっぷり。

うっしっしっし。これが韓国旅行の楽しみ。
誰か私に韓国旅行の正しい楽しみ方を語らせないかな~

空気を読まない私は絶対に呼ばれません・・・ビジネスに繋がらない本当のこと言いそうだから・・・

P1280214.jpg

これから仁川市が観光に力を注ぐ、チャイナタウンで昼食をとります。
入ったお店の窓からは、人気店の萬多福が見えていました。

P1280218.jpg

注文した青島ビールは大瓶。このサイズ、日本にもあるのかな?この国、大きいことは美徳です。
名節の贈物は、サイズを競います。中身は二の次三の次。見た目が勝負の国です。

P1280224.jpg

デカっ!!

これが韓国中華の酢豚。タンスユクです。この店の酢豚は、特に肉が大きかったです。
ハサミでカットして食べる酢豚、タンスユクは初めてのこと。大きい肉片が5~6枚はありました。
大きいことは美徳。味やサービスは二の次三の次でも大丈夫の国。

P1280227.jpg

日本のとんかつ用のロース肉くらいの厚みと大きさの豚肉を油で揚げ、
固めのアンで固めてあります。

肉はもも肉と思われます。
脂肪が少ない赤身なので、さっぱりとは食べられますが、それでも2人にはキツイ量。

P1280231.jpg

そして普通に美味しかった韓国のジャージャー麺、チャジャンミョン。
オルネリョ!さんには、萬多福の100年チャジャンミョンを食べて欲しかったのですが・・・
また今度ですね。

これが華僑の味!売上1日1000万ウォンという100年チャジャン麺♪ 
萬多福(マンダボク:만다복)


P1280216.jpg

もも肉のタンスユクが25000ウォンでした。この値段なら、こりゃ~新館、ビルも建つわなと納得。
(豚モモ100グラム100円前後が日本のスーパーの相場ですから卸値はもっと安いかも)

fc2blog_20170904070310fb7.jpg

入った中華店「燕京大飯店」は、韓国ドラマのロケに使われたそうです。
韓国ドラマ、私は興味が無いので知りませんでしたが、現在、日本のBS放送でもオンエア中とか。

物語は、仁川の中華街で出前からスタートして、大型レストラン「家和萬事成」を一代で築いた
奉三峰[ポン・サムボン]とその家族の話。


MBCドラマ「가화만사성(家和萬事成[カファマンサソン])」 ※日本語タイトル=ハッピー・レストラン
OA期間:2016年2月27日 ~ 2016年8月21日
全51部作、最高視聴率20.4%

家和萬事成とは「家族皆仲が良ければ、すべてのことがうまくいく」の意

主演:
김영철(金永哲[キム・ヨンチョル])、원미경(元美京[ウォン・ミギョン])、
김소연(金素姸[キム・ソヨン])、이상우(李尚禹[イ・サンウ])他






☆燕京 (ヨンギョン/연경 )
住所:仁川広域市 中区 北城洞3街 5-1(인천광역시 중구 북성동3가 5-1)
場所は有名店、共和春の並び
TEL:032-765-7888
ホームページ:www.ygchina.co.kr





ワッタカッタ!さんのInstagramはこちら ⇒ ★☆★☆★

フォローしてね^^

ユーザー名は ⇒ wattakatta

ブログ共々、インスタも、よろしくお願いします^^





にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

クリックお願いしますm(_ _)m



関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL