FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年11月
TOP未来 ≫ 私の「坂の上の雲」

私の「坂の上の雲」

司馬遼太郎の「坂の上の雲」を読んだのは、
中学生か高校生の頃。10代の後半に読みました。
父親の書棚の、ズラリと並んだ司馬遼太郎の著書の1つ。

娯楽の少ない、地方都市に暮らす娘の趣味は読書。
もう1つの趣味の新聞は、小学生の頃から読み始めていました。
実家には、ローカル新聞2つと全国紙とスポーツ新聞、そして
どうしても断れない(地方の暮らしのしがらみの)宗教団体の新聞も、
一時、新聞受けに入っている時期もありました。

img_story01_01.jpg

ドラマ「坂の上の雲」を、韓国滞在中の2009年の暮れ、
NHKワールドで見ました。そして再放送を先週の土曜日から
昨夜まで、5夜連続でデジタル衛星ハイビジョンで見ました。

ドラマについて書くと、きっと止まらなくなりそうです。

初めて「坂の上の雲」を読み、日本に生まれて、日本人として、
日本とは何だろう?と考えた娘の頃は、無知で無学でした。
私は何をしてきたのだろう?今の私も無知で無学です。

司馬遼太郎が「坂の上の雲」を書いた1968年~1972年から
40年以上も経ちましたが、司馬遼太郎のメッセージは、今を生きる
ちょっとくだびれてきた、今の私に刺激になりました。
明治の時代、松山の少年のような希望を持つ心を私も、再び持ちたい。

第1部の再放送は、総合テレビでも11月20日から12月の4日まで
放送されるようです。もう1回見ようかな~なんて思っています。

そして第2部の本放送は、12月5日から総合とBS2で、
先行放送が11月28日からBS-hiで始まりますね~楽しみ!

そして第3部は2011年12月の予定らしい・・・。壮大だ・・・。
伊藤博文の描き方が気になるところです^^

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村


NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」公式ホームページ

出来れば海外で視聴する人のために、NHKワールドの
放送予定も入れてくれると助かるのにな~NHKさん!

P1080844.jpg P1080847.jpg P1080850.jpg

P1080851.jpg P1080853.jpg P1080854.jpg
今日は東京の秋の空に、飛行船「スヌーピーJ号」をみつけました。

全長39.01M、全高13.41M、全幅10.97M。1時間85.3kmの時速で飛行。
乗客定員は、4名の乗客とパイロット1名。
夜間には照明を付けて飛行できるらしい。私も雲に乗りたいなあ~^^



関連記事

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.11.18Thu 13:48 ≫ 編集
Re: コメントうれしいです^^
コメント、面白いですね。
松山の道後温泉本館、通称「坊ちゃん湯」に行ったことが
あります。風情のある建物ですが、洗い場は狭くて大混雑。
浴衣に着替えて2階の広間で休憩・・・とはなりませんね。
ここも大混雑、そしてエアコンが効かないので大汗。
たまたま私が行った時間が悪かったのか?
お茶を飲むと、薄くてぬるくて私の口には合いませんでした。
あれから道後温泉本館は、眺めるだけにしています^^
ドラマでもロケに使われていましたね。また混むんだろうな~。
秋山兄弟は魅力的ですね!兄がいいか弟がいいか?なんて
贅沢なことを想うと幸せですが、明治の女のような覚悟は
私は持てません。四国はのんびり良い所でした。
2010.11.19Fri 07:48 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL