ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOP韓国のシロウト ≫ 雨の高速道路。愛車を盾にして、暴走する車を止めた韓国のシロウトさん映像はコチラです♪

雨の高速道路。愛車を盾にして、暴走する車を止めた韓国のシロウトさん映像はコチラです♪

TEXT BY オルラッタネリョッタ!




一歩間違えれば大事故になってたかも知れない状況を未然に防いだ
一人のオジサンが韓国内で話題沸騰中。
雨の高速道路。しかも制限速度は日本と違って110km。
できればかかわり合いになりたくない状況にもかかわらず、
脳卒中を発症したであろうドライバーが運転する止まらない車の前に割り込み、
自身の車(現代自動車製「투스카니[Tuscani]」)を利用して停止させた
勇気ある行動が賞賛されているのは、
仁川在住でクレーン運転士のハン・ヨンタク氏(46歳)。


↓ザックリ言っちゃえば、「故意の接触事故」で人命を救った当時の映像が↓

611212110012357076_1.jpg


↑他のドライバーから入手したハンマーでガラスを割った後、エンジンを停止、
意識不明の運転手を引きずり出し、救急車に引き渡したらしい(気絶のドライバーはその後回復)


最近の韓国では、ろくなニュースがなかったせいか?
関連ニュースの動画再生回数が70万とか50万のものもあって、
これってレアケース。
コメント系をチェックすると、多くの韓国人から驚きと感動の声がゾクゾクと…


Baidu IME_2018-5-19_14-9-54


事故は先週の土曜日の出来事でしたが、なかなか収束しない感動の声、
仁川警察からは感謝状、ハン・ヨンテク氏運転する車のメーカー「現代自動車」からは、
無償修理の申し出がありましたが、車の破損がたいしたことないという理由でハンさんが断ると、
彼の謙虚で控えめな点に感動した「現代自動車」は、最新型「Hyundai Veloster」↓1台の贈呈を大決定。


900955901x.jpg


事故とまったく関係ない財閥系LGは、会長がとても感動したという理由で、
LG福祉財団から「LG義人賞」の贈呈を大決定。最後に、事故車両の保険会社からは、
通常支給されない加害車両オーナーに対する修理費用の贈呈も大決定。
(多分、顧客の命を救ってくれてありがとう的趣旨?)
当のご本人は地元ラジオ局の電話インタビューに答え、
「現在は病状が回復した相手方から感謝を伝える電話を頂戴しただけで十分なのに、
各方面からいろいろしていただきまして、正直、気持ち的に負担が大きい。
私は当然の事をしただけ。なのでそっとしておいて欲しい」的ニュアンスの回答をしたみたい。
じゃんじゃん!



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
↑     ↑     ↑
クリックしてくださればHAPPYです。
感謝ハムニダ~!

関連記事

Comment

どの国にも誰かの為に何かをする人がいると言う当たり前のことを再確認させていただきました。

とかく政治やイデオロギーの面でアレコレと嫌な面が意図的に強調される韓国ですが、一個人を診ていくと違った側面がわかってきて面白いですね。

何か財閥系は韓国社会一般に染み付いた自らの悪いイメージを変えさせようと、必死になっているように感じました。韓国民衆は財閥系企業という存在自体に疑問をもつようになっているから、財閥系が余り必死になっても変わらない気がしますが。

韓国にある「恨」の思想がなくなれば、日本人ともフラットに付き合えるようになると思います。
2018.05.19Sat 16:14 ≫ 編集
Re:
cda さま


僕は以前から韓国人はタレントより、
シロウトの方がイジリがいがあってオモロイと思ってたましたので。

しかも、最近、日大フェニックス犯罪プレー問題で心中穏やかじゃなかったもので、
こういうニュースに接することができ、なおさら、いつも以上に感動。
僕の大学時代のクラスメート、アメフトでしたが、怪我させられるたびに聞いてみると(80年代後半)
対戦相手は脳みそ筋肉集団(友人がそのように表現)「日大フェニックス」でした。
(当時、京大の名QB、東海氏の弟がうちの大学に入学してくれて、奇跡の関東1部でした)
あめふとのことはよくわからないけど、ラフプレーは伝統的に行われていたのでは?


話それましたが、韓国にも普通の人、存在するということも知るべき、当たり前ですけど。

2018.05.19Sat 22:04 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL