FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOP日韓クリソツ俳優 ≫ 日韓クリソツ俳優♪ ~2018年8月~

日韓クリソツ俳優♪ ~2018年8月~

TEXT BY オルラッタネリョッタ!




アマボクシングの辞めた会長さん。
脅したり、なだめすかしたり、
喋り方といい、雰囲気といい、
喋ってる言語は日本語なんだけど、
僕には韓国語を直訳しただけの日本語に聞こえる。
韓国系飲み屋のホステス系 in Akasakaの日本語レベル?

あまボクシング、在日系の方、多いのはわかってるど、
マネージメントはそれなりの人がやって欲しい。
団体自体が、食い物にされちゃいましたね。



今回のネタ、
新宿の紀伊国屋書店の壁に張ってあったポスター見て、思いつきましたが、
正直、あんまし、似てません。でも、ボツにするのも惜しいかなって…



Baidu IME_2018-8-10_18-15-50

若い頃の八千草薫≒
8年前、29歳の조여정(曺如晶[チョ・ヨジョン])



https://www.stagegate.jp/stagegate/performance/2018/tasogare/
八千草薫さん、すごい、現役で舞台やられてること自体。今、いくつよ、一体!



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
↑     ↑     ↑
クリックしてくださればHAPPYです。
感謝ハムニダ~!
関連記事

Comment

こう見てみると、八千草薫って基本的に変わらないなぁと感じます。日ごろのプロとしての節制のお蔭なんでしょうね。

山根会長は話し方が、その筋の人の其れですね。口振りでは無くて話しの受け応えや展開が全くの其れ。個人的には山根会長より、逃げ隠れする日本大学の田中理事長の方がいやですが。

もう、盂蘭盆会。暑さは若干和らぎましたが、どうぞ御自愛下さいませ。
2018.08.11Sat 08:05 ≫ 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018.08.11Sat 15:57 ≫ 編集
Re:
cda님


夏バテ?なのか、ここ数日、体調優れない感じです。
これまで、あんまりなかったことなので、
年齢を自覚せねばいけないようです。

問題は日大ですね、同感、同感です。
2018.08.13Mon 08:22 ≫ 編集
Re:



https://news.joins.com/article/22877636

興味深い記事をありがとうございました。
私にもプライドがありますので、韓国語の記事を拝見しました。
とにかくありがとうございました。
久しぶりに「이어령(李御寧[イ・オリョン])」という名前をひさびさ目にできました。
僕の中3時代、夏の読書感想文課題図書が李御寧『縮み志向の日本人』でした。
(担任が中・高の国語の入試問題作成担当でした。
なので、その翌年の高校入試国語の長文問題で『縮み志向の日本人』が見事出題されてました)

ハナシがまどろっこしくなりましたが、今見てみたら、
李御寧が中央日報の常任顧問だったという事実が判明。知らなかった~~~
中央日報がこれまで、日本に関するヘンテコ的外れ論調なのも、至極当然。
これまでの謎がストンと落ちました、見事に。
こんな人物が上にいたら、そうなります、そうなります。

一方、記事自体を書いてるのが、
英語バージョンの担当部長なので、アメリカ留学組のとんちんかん人物と推定。
なので、ある程度、仕方ないかと思われます。

2018.08.13Mon 08:58 ≫ 編集
『縮み志向の日本人』、ありましたねぇ〜
変な論理展開なのが印象的でした。盆栽の盛ん成るは日本人の縮み志向を表すものだとか何とか。

心の中で、「オッさん、盆栽はチャイナ由来ぢゃ」と、呟きました。

縮み志向だから、日本人は俯瞰的な大柄な思考の展開が、出来ないという風にも言ってたような。日本知識人の傾向として専門馬鹿の蛸壺文化だとか、瑣末主義に陥り易いと言う点はその通りだし、思考を立体化させて新しい思想を展開するのが苦手というのもそうです。しかし、それが縮み志向と何の関係があるのか。論証の具体的な話は無かったです。

何せ日本人は、採算度外視で戦後に大負担になった超弩級の世界最大級戦艦『大和』と『武蔵』を造ってしまった大馬鹿民族ですしね。此れ等の何処が縮み志向なのでしょうか?
2018.08.13Mon 12:44 ≫ 編集
Re:



戦争で大失敗した日本ですが、
その失敗から日本は多くを学びました。
韓国は日本に統治されても何も学べませんでした。
なので、日本の方がはるかにマシです。

因みに、読書感想文の当時の課題図書、もう1冊は、土居健郎「甘えの構造」でした。
2018.08.18Sat 08:53 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL