FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOP韓国で暮らす部屋を探す ≫ 韓国で部屋を探す!ヤツひとりソウルに放したのが間違いだった!その3

韓国で部屋を探す!ヤツひとりソウルに放したのが間違いだった!その3

韓国で部屋を探す!その1
韓国で部屋を探す!私はかわいくない女その2のつづきです。

2009年3月つれあいは、韓国留学は決めたものの、
留学先の学校をなかなか決めません。何を考えているのか?
胸の内はわかりませんが、「学校の下見に行く」と言い出しました。
生まれて初めて、韓国に行くわけではありません。
もう10年近く年に数回は、韓国へ旅行に出かけています。

40歳過ぎての失敗は痛いだろう~、という理由で、私は下見を許しました。
ただ学校だけではなく、留学中暮らす住まいも探してくるように言いました。

学校の下見は、日本の大学に留学していた韓国人青年のクニョンと、
韓国の大学を休学して日本語の専門学校に留学していた韓国女子ジョンヒョンが、
それぞれ、ソウルで日を分けて毎日、代わる代わるつきあってくれたそうです。
クニョンはちょうど大学の春休みで、韓国に帰国していました。

クニョンとは、つれあいの会社にインターシップでアルバイトに来ている頃から親しく、
彼は、日本の大学の留学を経て、現在はフランスに留学中の身分。
彼は子供の頃から海外生活が長く、英語も日本語も堪能ですが、
思うように韓国で就職が出来ず、日本からフランスへと留学。
そして兵役中はカネに目がくらみ?イラク戦争の最前線に行きました。
志願してイラクに行くと、国から大金が出たそうです。そんな韓国のお坊ちゃん。

そして彼の将来の夢は、お金持ちになること。
「お金持ちになったらどうするの?」と、私は尋ねたことがあります。
「お母さんにブランドのバッグを買ってさしあげます」
普通~の韓国の青年です。お母さんはブランドが好きだそうです。

ジョンヒョンは、四谷の評判のよい店でアルバイトをしていた頃、
たまたま飲みに誘って、私たちと仲良くなりました。
現在はソウル江南在住で、日本語翻訳士の資格試験の準備中です。
彼女については、以前ブログに書きました。

こうして韓国人の友人が出来た~東京飲食店編

韓国ソウルに下見に行ったつれあいとは、メールと電話で
私は四六時中連絡をしていました。私は心配で監視していました。

延世大学校、西江大学校も見学して、高麗大学校に決めました。
学校の下見のあとは、それぞれ韓国人の若い友人たちと毎晩飲み会だったらしい。

「学校を決め、申し込みもしたそうです」と、私は世田谷の実家に連絡すると、
お義父さんもお義母さんも絶句です。いよいよ韓国留学を決めたかと・・・
二人は私たちの身を案じて、いよいよ悩んでしまいました。

「不動産屋さんには行ったの?」と、私は日本で穏やかではありません。
私も会社を休んで、一緒にソウルに行って部屋探しをしたが良かったかも?

韓国留学の下見旅行は、2009年3月3日から7日までの4泊5日。

つれあいがスターツインターナショナルコリア(株)
プレジデントホテルのオフィスを訪ねたのは3月6日です。

どんな様子か仕事が終わって韓国ソウルに電話をすると・・・
「相手にされなかった」とつれあい「どういうことよ!?」と私。
こちらはスターツコーポレーション(株)の100%出資の不動産屋。
つれあいがソウルで部屋を探していると相談すると、
対応した担当者に、当社は会社様つまり法人には仲介しますが、
個人のお客様には仲介しません!おひきとりくださいませ~。
と丁重に断られたらしい。

「それで・・・どうしたの?」
「それで4日目は終了~!」そして翌朝、仁川空港から電話してきました。
「あんまり早く空港に到着して~暇だ~」
「殺してやる!!!」と云うと、ビビッて帰国できなくなるだろうと黙り、
私は震える手で携帯電話を握りしめました。

やっぱり私もソウルに行けばよかった。

韓国で部屋を探す!留学生ファミリー向け住宅!そんな部屋あるの?
につづきます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村


韓国の部屋探しから早いもので2年近くたちますが
当時の記憶は鮮明です。なぜだろう???

関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL