FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOP韓国で暮らす部屋を探す ≫ 韓国で部屋を探す!留学生ファミリー向け住宅!そんな部屋あるの?その4

韓国で部屋を探す!留学生ファミリー向け住宅!そんな部屋あるの?その4

4泊5日の下見旅行では、留学先を高麗大学校に決めただけで帰国。

韓国で部屋を探す!その1
韓国で部屋を探す!私はかわいくない女その2
韓国で部屋を探す!ヤツひとりソウルに放したのが間違いだった!その3
のつづきです。

韓国ソウルの日系企業である不動産屋さんからは、
「個人のお客様には、仲介はしていません」と断られてしまいました。
「ずいぶんじゃな~い、みてなさいよ!」とマツコ・デラックスなら
言ってくれそうですが、仕方がありません。

ところで韓国の不動産慣習については、ある程度知っていましたが、
まさか自分が韓国ソウルで、部屋を借りるとは思いませんでした。
日本とは不動産慣習が違います。
あらためてこの時期、不動産事情について調べました。

在韓日本人の住宅事情は、コネストに詳しいです。

それぞれ韓国での暮らしによって、住まいの種類も違いますが、
私たちのように夫が学生、妻も同行するので、そこそこの
ファミリー向けのつつましい部屋となると、ちょっと見当たりませんでした。
アジアのラテン系と評判の韓国人も、想定していなかったと思います。

留学生向けの住まいでは、まともな料理ができません。部屋も狭い。
駐在員さん向けのファミリー住宅では、十分なスペースですが
私費留学の身分では、家賃が高すぎるのです。
いろいろ調べた結果・・・ウォルセのオフィステルを探すことにしました。

チョンセとウォルセって?韓国不動産慣習の基本中の基本です。

チョンセとは?

月々の家賃を支払いません。賃貸契約時にまとまった保証金を支払います。
韓国独自の制度ですね。契約終了時に保証金は全額返金されます。
オーナーはこの保証金を投資したり運用したり、預金の金利などが収入。

隣人だったキムさんは、日本滞在中に韓国の持ち家を人に貸していました。
完全帰国が決まると、チョンセの保証金を返金しないと!と悩んでいました。
つまりキムさんが、何かの事情で保証金を減額させてしまったら、
キムさんは、どこからかその金額を埋め合わせをしないといけません。

借主は月々の家賃は支払わなくて済むし、保証金は全額返金されますが、
多額の保証金が心配な方法。国内ならともかく・・・部屋を借りるのは韓国です、すごく心配。

ウォルセとは?

月々の家賃を支払います。家賃は契約時の保証金で変わります。
家賃が100万ウォン保証金が1000万ウォンの物件をみて、
「もっと家賃を下げられませんか?」とお願いすると、
「家賃が75万ウォン保証金が2000万ウォンでは?」と提示されました。

つまり家賃を下げるなら、保証金は上げるということです。
家賃を上げ、保証金を下げるというケースもあると思います。

保証金は、チョンセと同様、契約終了時に全額返金されます。
チョンセより保証金が安くて済むので、万が一、万が一ですよ・・・
保証金が返金されない場合には、被害はチョンセより小さくてすみます。

オフィステルとは?

韓国人はfiをpiと発音するので、オピステルにしか聞こえません。
最近急速に増えている、韓国独特の住宅の種類ですね。
韓国の従来のアパートに、必要な家具がついていますが、
私が見たところ、テレビは部屋にあったりなかったり、
家具と電化製品は、契約時に内容を確認した方が良いと思います。

私の借りた部屋は、冷蔵庫、洗濯機だけ備え付けてありました。
家具は1つもなかったので、布団とテーブル、イス、座卓も購入。
そしてテレビと炊飯器も買いましたね。電子レンジは使わないので
買いませんでしたが、必要な方は購入することになります。
韓国は物価が安いですが、かなりの出費になります。


韓国での部屋探しの条件を、ある程度絞込み、
2009年春、高麗大学校の入学のため4月2日韓国に出発です。
私は会社を2週間休み、つれあいに同行。
(退職が決まったので、有給休暇はこの期間にあてました)
格安のホテルに滞在して、私たちの韓国での部屋探しを始めました。

韓国で部屋を探す!空港で100万円両替~万ウォン札が・・・
1000枚だ!
につづく。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村


関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL