FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP韓国の財閥系 ≫ [韓国の財閥系] 昨日麻薬使用の容疑で逮捕された財閥3世(現代グループ)のツラ♪

[韓国の財閥系] 昨日麻薬使用の容疑で逮捕された財閥3世(現代グループ)のツラ♪

TEXT BY オルラッタネリョッタ!



http://kagami0927.blog14.fc2.com/blog-entry-1843.html

参考資料
~オルネリョ!渾身作、現代[ヒョンデ]家のパワポ家系図~


逮捕されたのは、現代グループ創業者の孫に相当するオトコ


68_정주영20성공20비밀209가지

故・정주영(鄭周永[チョン・ジュヨン])
~現代グループ創業者~


↓   ↓   ↓



2015061002908_0.jpg

정몽일(鄭夢一[チョン・モンイル]) 
~鄭周永の末っ子(八男)~


↓   ↓   ↓



2019042209551573670_1555894514.jpg

チョン・ヒョンソン(漢字名不詳)
~昨日逮捕された鄭夢一の長男(1989年生)~



パワポ家系図でも触れてますが、この一家は
今回逮捕された長男の妹(長女)も7年前の大学生の時、
大麻で捕まってますので、
子供の教育に失敗した財閥系ですし、
父ちゃんの鄭夢一自身も経営から引退したすでに過去の人であり、
現代グループ的には、完全に亜流的存在。

韓国のニュース原稿では、使用した麻薬の種類を
「変種麻薬?」「液状麻薬」などと表現してます。

どうやら、アメリカ留学中に知り合った麻薬の売り子から購入してたみたい。
彼と1度、一緒に麻薬を使用したSKグループの3世も逮捕されてますし、
この他に、麻薬使用の際には、別のオンナの存在も指摘されており、
まだまだ、他の財閥系やら芸能界に飛び火していく可能性のある事案なのかもです。

いろいろ調べてみても、容疑者の顔にマスクとかモザイクとか、
余計なものが、かかってるので、
意地になって素顔を探してみたら、彼の勤務する会社(現代重工業グループ系列の投資企業)、
현대기술투자(주) [Hyundai Venture Investment Corporation, 現代技術投資(株)] のHPの中で、
ベンチャー投資本部の責任者として顔写真とともに紹介されてました↓


1935549773_2TYBt8VC_1ce9df4369d49948ff1077a33be586a9632bb12d_20190422193518430.jpg


「芸能界で売れる」とか「財閥系に生まれる」なんてことは、
超~低確率で起こる出来事だということに常に感謝しながら、
生きてもらいたいな~って、
つくづく感じる次第でございます、ハイ。


https://www.youtube.com/watch?v=YPFt0y-hlcY

KBSのニュース


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
↑     ↑     ↑
クリックしてくださればHAPPYです。
感謝ハムニダ~!

関連記事

Comment

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2019.04.23Tue 11:00 ≫ 編集
Re:
모모짱님

ご丁寧にありがとうございます。

誠に申し上げにくいのですが、
僕的には、お金かけないで、リサーチするのを命題にしてまして、
LG系、LS系の家系図を本流&亜流、広範囲に韓国語で調べようとすると、
有料情報になってしまうので、これまで敢えて&断腸の思いで避けてまいりました。
例え、カネかけないで調べることが可能となってたとしても、
今の僕には、時間的にきついかな~って、思う今日この頃・・・
ご期待に添えず、ゴメンなさい。

2019.04.23Tue 12:28 ≫ 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2019.04.23Tue 16:31 ≫ 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019.04.24Wed 11:50 ≫ 編集
Re:


発展も急速でしたけど、没落も早かったですね。

カリスマ経営者が入院とか刑務所ってのは、影響アリアリでしたね。

特にサムソン、折りたたみのギャラクシーも不具合連発で、発売延期 in USA.

国内に大規模工場建てちゃったのに、頼みの半導体事業がヤバヤバ。

日本の銀行も相当、韓国につぎ込んじゃってるらしいので、

結局は、隣国を助けちゃうことになるのでしょうね。
2019.04.25Thu 18:39 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL