FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOP韓国の政治 ≫ 韓国チョ・グク[曺國]法相の自伝的書籍「なぜワタシは法律を勉強するのか?」がとても胸糞悪い件♪

韓国チョ・グク[曺國]法相の自伝的書籍「なぜワタシは法律を勉強するのか?」がとても胸糞悪い件♪

TEXT BY オルラッタネリョッタ!





2014年に出版された本↓

art_14945895534764_a48bc3.jpg

왜 나는 법을 공부하는가
なぜワタシは法律を勉強するのか?

by 曺國[チョ・グク] ソウル大教授 (2014.06.15)
15,000ウォン(定価)→ 13,500ウォン(現在のネット価格)



fc2blog_20191013181738c72.jpg



こんなのにカネ出す人いるの?
基本的には自画自賛本。
多分、本人書いてない、ゴーストライター系。


200582_200580_445.jpg

モザイク取れない実弟チョ・クォン。早く素顔がみたい!



特に胸糞悪い部分、自分の優等生ブリを表現するのに、
近々逮捕まじか?な、熊東学園[ウンドンハグォン]理事?理事長?の実弟、
曺權[チョ・クォン]を引き合いに出す部分。
韓国人らしい。この手のハナシ、韓国企業在籍時、2回くらい聞きました。
結局は自慢話。そして、解釈は自己中心的。
あんましひどいのでご紹介ッス↓


art_14945818842692_c2346e.jpg

兄貴は‘勉強で1等’
弟は‘ケンカで1等’


模範生の典型だったワタシが友人たちの多様な姿に
素早く適応できたのにも弟の功績が大きい。
ワタシの弟は自分とは正反対の道を歩いていた。
荒っぽい性格に体格も頑丈で、
勉強や読書よりも運動や武術を好む弟は
模範生の道を歩むワタシとは全くの別人だった。
しかし、違いを違いとして認めず、
片方を基準としてお互いを比較しようとするから、
あれやこれや問題が起きるのは当然のことだった。
「アニキは勉強が少しできるから」が常だったので、
幼い頃からいつも比較対象だった弟は、‘被害者’だった。
一緒に過ごした間、
常に比較されてきたものだから弟の心情は、
たまったもんじゃなかった。
弟は通う学校ごとに、ケンカNO1だった。
幼心にアニキと勉強で競争したってダメなのは明白だから、
正反対の方向に向かったのではと推察できる。
周辺の人々は“兄貴は‘勉強で1等’弟は‘ケンカで1等’”と評したりもした。

この程度なら、とても正しいアニキと町内の問題児な弟の葛藤を
描いたドラマが想像できることだろう。
あるドラマのように、父母がちゃんとしていて、
言う事を聞く兄だけを大事にして、
弟相手にイジメ抜く場面までとは言わないが、
似たような状況がちょくちょく起こりもした。
弟がケンカの果てに相手を傷つけ騒動になれば、
母が何度も頭を下げ、
家に戻って、弟を蹴り上げることは何度かあった。
幸いにも、ドラマみたいにアニキと弟の関係は悪くなることがなかった。
弟は性格が荒くてもワタシにはキツく当たらなかった。
ワタシが常々、‘お前の心情は理解している。
オレのためにお前が被害を受け、スマナイ’と
言っていたせいなのかも知れない。
ワタシは弟をありがたく思うことの一つに、
アニキとして、権威を表に出さなくても、
ワタシの言葉を弟はよく聞いてくれた点。
私とは違う弟を認め、
弟が家の外で騒ぎを起こす理由を知ろうと努力した。
そして、その理由の一部がワタシにあるのだと
ワタシが認めることで、弟がワタシに心の扉を開いたのだ。
荒れた性格の弟を一緒に暮らしながら、ワタシは表に出る人の姿が
その人の全てではないということを学んだ。
弟の状況を理解し、問題の根源を真剣に見つめたので、
真心で意思の疎通をして、共感できるようになった。
学校の友達も同様だった。
ワタシとは違う考えを持ち、違う行動、更に、
反抗的で、暴力的な行動をする同級生がいても、
はっきりと、それなりの理由があると思うようになり、
意思疎通も共感もできるようになった。



以上です。



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
↑     ↑     ↑
クリックしてくださればHAPPYです。
感謝ハムニダ~!

関連記事

Comment

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2019.10.13Sun 20:46 ≫ 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019.10.14Mon 14:15 ≫ 編集
Re:


あとは来年の選挙。
北の対南工作もなかなか強固なので、
与党は意外にも頑張っちゃうかもです。
2019.10.16Wed 09:06 ≫ 編集
Re:


自分を上げるために友人、身内を下げる人、多いです。隣国。
最初は冗談だと取りましたが、あとでマジだとわかりました。
2019.10.16Wed 15:12 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL