FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOP2011年1月 雪のソウル旅 ≫ 青瓦台へ☆マウルバス鐘路11とグリーンバス8000が便利♪

青瓦台へ☆マウルバス鐘路11とグリーンバス8000が便利♪

2011年雪のソウルの旅

いよいよ最終日1月24日 快晴の青瓦台(청와대[チョンワデ])へ

冬のソウルの青空は、気分がスカッとしますね~。
出来れば、クリーンな空だけ見て歩きたい気分です。
帰国の便が夕方なので、最終日も比較的ゆっくり過ごせました。



この雪道は、安国洞交差点から景福宮に向かって歩いて、
三清洞キルに入ったあたりです。もう道が悪くて歩きたくない・・・。

P1090697.jpg

ちょうど景福宮の建春門手前あたりでしょうか、バス停があります。
このマウルバス、鐘路11法蓮寺(ポムニョンサ[법련사])は、覚えていて
悪くない便利なバスですよ~。
ソウル駅から三清洞間を、往復しています。
バス停は・・・

ソウル駅
サムソンプラザ
市庁駅
プレスセンター
コリアナホテル
光化門地下鉄駅/世宗文化会館
景福宮
国立民族博物館
三清洞派出所
三清洞住民センター
韓国金融研究院
韓国教育評価院
三清洞


料金はT-money利用だと大人1人600ウォン(約50円!)安くて便利です。
(検索するとソウルナビにヒットしました。そちらが詳しいです)

P1090724.jpg

この道、青瓦路(チョンワロ)から青瓦台サランチェについては、
ソウルナビに2010.3.10にワッタカッタ!さんが投稿しています。
今読み返しても、私たちは成長してないことが分かります。

のどかな夫婦の珍道中に興味があれば、読んでください。
無ければスルーしてください。

※青瓦台サランチェはソウル市の広報館です。
 もちろん大統領のサランチェ(居間)には一般人は入れません。



三清洞のオンマウルで食事して、
青瓦台サランチェへ歩いて行くことにしました。

三清洞キルから青瓦路に入るところには、
いつも警官(軍の人かも)が立っています。
つれあいは「制限区域だから入れない!」と、
私が立ち入ろうとすると必ず止めていました。
そんなことは無いはずだ!観光バスも進入しているし、
青瓦台前の写真撮影の立ち居地のスポット案内も
どこかのサイトで見た! と何年も争っていましたが、
紅葉の時分、つれあいの制止を振り切って
歩いて行くと警官に止められることもなくパス♪

「通れた!」

歩けない制限区域と思われていますが、大丈夫です。
景福宮の北、歩くには清々しい散歩路ですよ^^

自信を持って警官の前を歩いて行くと、
背広にブラックコートのSP風に止められてしまいました!
「どこに行くのですか?」とまず韓国語で聞かれ
『止められたよ』と二人で驚いていると 次はキレイな英語で
「観光ですか?どこにいきますか?」と落ち着いて聞かれました。
つれあいは、時間つぶしにどっか行こう~と、
考えないで私について歩いているだけです。
「あんた、どこに行くの?」と日本語で私に聞きます。

「サランチェ!サランチェ!」

つれあいは大統領府のサランチェ(居間)に私が行こうとしていると
勘違いして 「それはちょっと無理なんじゃないの~!」
ああっヤヤコシイ「違う!最近出来たサランチェ!」と
警官の前でスッタモンダしていると警官は
「サランチェ」に理解して通してくれました。

ずっと一定区間警官が立っていますが、
とりわけ女性の警官が美人です。 そんなこと気づきませんでしたが、
青瓦台(大統領府)前の警備とあって「美人がそろっている」と
つれあいは感心して、うれしそうに歩いていました。

さてさて青瓦台サランチェ、香港人の団体と一緒になり、
大変騒々しい広東語の中 面白く見学できました。
お楽しみミュージアムショップはちょっと私には残念な印象。
もっと面白青瓦台グッズを期待していたので^^
まだまだ指定された夕方には時間があったので、
同じ道を(警官には止められませんでした)
三清洞スジェビへ、ドンドンジュを飲みに戻りました。

お天気が良ければ歩くのもオススメです


この日も亭主は、美人を探しながら歩いていたのでしょうか。

P1090734.jpg

景福宮の真北の門である、神武門に到着です!

歩いている途中、やっぱり職務質問を受けましたが、
「サランチェ カヌンデヨ(サランチェ 行きます)」と言えばスルーです。

P1090737.jpg

神武門を見上げて、くるっと180度回転すると、
李明博大統領閣下がいらっしゃる青瓦台の正面ですね。

青空に映える北岳山を背景に、青瓦台の青い瓦が眩しいです。
人生の岐路に立つ、わが亭主とヤレヤレな気分の私がいました。

気になるポリスボックス。

P1090732.jpg

たしか紅葉の季節には、青瓦台警護隊(そんな団体?と思う)の
1、2を争う美人が立っていましたが、この日は男性でした。
「やっぱっ寒いから~今日はオトコだな~」と残念そうな亭主。

P1090749.jpg

青瓦台サランチェのカフェでお茶をしようと歩いて来ましたが、
「ガ~~~ン!休みやんけ~!」
月曜日は、ソウルの博物館/記念館は休館日です。忘れていた・・・。

青瓦台サランチェの広場からも見えます。
北岳山か~。あの山にも登ったな~。これからどうしようか?

P1090754.jpg

青瓦台サランチェ前のバス停からバスに乗りました。
この8000番のバスも、覚えていてソンはありません。
こちらはT-money利用で900ウォン(約70円)です。
雪のソウルの街、バスの車窓から眺めました。
バス停は・・・

青瓦台サランチェ
国立古宮博物館
ロッテヤングプラザ
南大門市場
ソウル駅バス乗換センター
(8000)
明洞・ロッテ
乙支路入口駅
曹渓寺(チョゲサ)
国立民族博物館
青瓦台サランチェ


青瓦台サランチェから青瓦台サランチェまで巡回しています。
ここから乗車すると、次は国立民族博物館に停留します。

この日は南大門まで乗車しました。地下鉄で移動よりも
主要なポイントを廻る8000番のバスは、旅行者にも便利ですね~。

南大門で降車して新世界百貨店で買物。
そこからイエローのマウルバスで南山に向かいました。

韓国のバスはハングルが分かると、本当に便利です。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
いよいよ2011年雪のソウルの旅も大詰めとなりました。
ブログランキングに参加しています。
バス情報が参考になった?ならなかった?
良かったら黄色のバナーのクリックお願いします^^






関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL