FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOP韓国の整形 ≫ ベイグル女の必須条件!豊胸手術と○○手術だった!?

ベイグル女の必須条件!豊胸手術と○○手術だった!?

TEXT BY オルラッタネリョッタ!

昨日にも、いつものように整形疑惑のニュースが飛び込んできましたよー。
しかし、残念ながら日本では、なじみのない女優です。

2010051800714_0.jpg
↑ ↑ ↑
芸名はソウ(서우 26歳、本名:キム・ムンジュ)。
2010年放送のKBS 2TVドラマ「シンデレラのお姉さん」では、
脇役を演じました。

その彼女が6年前に放送されたバラエティー番組での仕込み女性として
出演したときの映像が暴露され、話題沸騰中です。

2011042234055981.jpg

僕の感想は、整形にとって【目】、【鼻】、【胸】も重要なのでしょうが、
今回ご紹介するケースは新しい視点を、僕に教えてくれました。
それは【あご】です。
あごでコレだけ見た目の印象が変わるのですね。勉強になります。

ソウル・江南の某歯科系整形外科のホームページによると、
あご矯正手術の方法は個人のあごの状態によってさまざまとのこと。

4afff351bc494.jpg

mmzf13Zml9jMyIpCVEyJ84LHZ.jpg
↑ ↑ ↑
おそらく無料で施術を受けた患者さんの前後写真。
一般経済紙のオンラインニュースの紙面に
掲載されたものなので、目線は省略します。

四角あご(사각턱 えらの張った状態のあご?)の場合は、あご骨を削ったり、
しゃくれあご(주걱턱)や突き出し口(돌출입)の場合は、
あごの骨の付け根を切った!付けた!固定した!などいろんなことをしたりします。
顔面非対称両顎(안면비대칭양악)の場合は、整骨的施術が採用されるようです。

その他、プロテーゼ(シリコン樹脂)という人工軟骨を挿入して
あごのラインをきれいに見せる方法もあるらしいです。

最近、話題の【ベーグル女】の影響なのか、あごを小さくすると
童顔になる傾向を利用して、あご整形&豊胸手術の組み合わせが増殖中。
26549029_1.jpg ed2010083100337_0.jpg
↑ ↑ ↑
この2枚もソウの写真です。
ベイグル女にはブラの広告が回ってきます。(コレは今の韓国トレンドです。)

【ベイグル女】関連記事です。
↓ ↓ ↓
韓国の注目の新造語 【ベイグル女】って何だ!
ベイグル女と韓国の豊胸手術事情~☆

ただし、両あご矯正手術はあまりに美を追求すると
歯のかみ合わせが悪くなるなど
食べる、話すという人間の基本動作に悪影響を及ぼし、
逆に、それを気にしすぎると施術の効果が薄れるなど、
なかなか奥の深い世界だなあと感心しました。
したがって、病院選びには十分な検討が必要ですね。(誰に言ってるの?)

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
このテーマは勉強になります。
クリックもお忘れなく!



関連記事

Comment

やっぱりあの人あご整形してますよね。
「シンデレラお姉さん」の時、顔のパーツに比べてずいぶん不自然にあごが小さいと思ってたんですよね。
(ムングニョンのえらと比べたから?)
2011.04.24Sun 15:26 ≫ 編集
etsu66さんへ
コメントありがとうございました。
私たちが韓国で生活しているときに
放送したドラマだったのですが、
妻のワッタカッタさんがムン・グニョンのアンチなので
見せてもらえませんでした。
とにかく、ソウさんは整形を選択しなければ
お笑い番組には出れても、
主演級の女優にはなれなかったでしょう。
そう考えると、整形ってすごいですね。
しかも、その整形だって思い通りにいくとも限りません。
本当に賭けです。
しかし、年取るごとに、不備が出てきて
また、お金を使うことになるのでしょうね。
そんな心配は彼女にとっては余計なお世話なのでしょうけれど…
2011.04.24Sun 20:27 ≫ 編集
こんばんは
オルラッタネリョッタ!さん
韓国ではいじれば芸能人になれる可能性もあるんですね。これに酒場の接待・・・。のし上がるのに、カラダ張ってますね!
2011.04.24Sun 20:44 ≫ 編集
seoulmikiさんへ
ご訪問ありがとうございました。
最近、整形を取り上げて考えることが多くなりました。
男と女の違いはあるのでしょうが、
ある程度の危険を顧みず、整形を試みて、芸能界に飛び込み、
成功した人を以前は少し、下に見るようなところがあったのですが、
最近は彼女、彼らに比べて自分はこれまでの人生、
リスクテイクを取って生きてきたのか、はなはだ疑問です。
自分の両親と比べて自分は明らかにノホホンと生きてきたことを
どうしても考えてしまうのです。
方法論に関しては賛否両論でしょうが、何か一方的に
批判する気にはなれない自分がいます。
少し硬い文章ですみませんでした。
2011.04.24Sun 21:14 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL