FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOP2011年1月 雪のソウル旅 ≫ 雪のソウルの旅~終わりは始まり

雪のソウルの旅~終わりは始まり

2011年雪のソウルの旅~食べたもの⑪

1月24日 月曜日 これが旅の最後の最後の食事

今年も亭主は、毎年4月の結婚記念日を忘れていました。
私は珍しく覚えていましたが、何も言いませんでした。

普通に食事、掃除、洗濯をして、テレビを見て買物に行って
ブログを書いて、亭主とバカバカしい話をして
「部屋を散らかすなゴミはゴミ箱に捨てよ」と、繰り返し注意をして、
清潔なシーツの布団で、夜は寝るだけの日常。


アシアナの機内食

3月11日の東日本大震災のニュースを見ていると、日常生活を、
意識することなく継続させることは、しみじみ幸運と思います。

2年前リーマンショックの余波が、不運にも亭主の会社を襲いました。
仕事を失った社員と家族の思いは、言葉になりません。
私たちは、家を家族を失った大地震、津波の被災者の方とは
全く状況は違いますが、予期せぬことで無職になりました。

見方を変えると幸運なことに、亭主は普通の会社員の2倍生きています。
42歳で学生さんになりました。人生のリセット、振り出しです。
若い留学生の皆さんと一緒に勉強をして、中間、期末試験を受け
修学旅行にも行きました。そして新しい友だちにも恵まれました。
1年3ヶ月後、韓国留学を修了。日本へ帰国して就職活動へ。

お陰さまで子供のいない私ですが、母親の気持ちが分かりました。

2011年雪のソウルの旅は、義母のガンの発病、就職先の選択と
考えることが多く、いつもの韓国旅行とは、気持ちが違いました。
この旅を終え、亭主は駐日韓国企業に新しい職を決めることに。
仕事がある日常に戻りましたが、安泰ではありません。

東日本大震災が及ぼした、数々の影響は計りしれません。

P1090825.jpg

1月の24日、ソウルから東京に戻ると、東京タワーが光っていました。
海外から東京にもどり、東京タワーの灯りを見るとホッとします。
しかし3月11日から、東京タワーの灯りは消えました。

明日からゴールデンウィークですね。亭主は仕事?らしいです。
2倍頭を使って働いていただき、復興の何かのお役に立てたら
幸せだと心から思います。

冬の旅がすっかり長引いてしまいましたが、これにておしまいです。
最後までおつきあいしていただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
応援のクリックいつもうれしいです^^
今日もお願いします。

仕事のストレスとは思いますが、目を放していたら
オルラッタネリョッタ!さんのブログが刺激的になってきました。
どうするか今、検討していますT T


関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL