FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP東京・新大久保(韓国完全帰国から2013/12まで) ≫ 時代の流れ?新大久保の韓流の本流を探せ!

時代の流れ?新大久保の韓流の本流を探せ!

モヤモヤが分かりました。やっと私は気づきました。
行き着くところ新大久保は、韓流の街に変遷してしまいました。

P1100633.jpg

「新大久保に行けば、本場韓国料理の店がある」の希少な時代は終わり、
今では韓流ファンにつづき、K-POPファンが大勢集まる街です。
若い女性にとって、新大久保は青山、代官山、麻布と同じように
選択する街の1つかも。東京のガイドブックにも並列されそうですね。

「東京に遊びに行ったら、原宿に行かない?」
「原宿より新大久保が、今は面白いみたいよ~」てな会話も成立です。

薄暗いラブホと云うべきか、風格があるつれこみ宿がある狭い裏道を
『私たちはそっちの用事ではなく、こっちの食事だからね・・・』と、
タクシーが通る時、道脇にヨロケナガラ、妙ないい訳をつぶやいて、
妖しい~ネオンの下を、本場韓国の味を求めて歩いていた時代とは
様子が変わりました。ようやく納得できました。

本場韓国の味を探して歩いても、そこは韓流韓国食堂が親方日の丸の時代。
数は力、韓国料理の店も多数派の嗜好に合わせるのは当然です。

P1100624.jpg

そして新大久保には「マスコミの取材はお断りします」の店は皆無。
「一見さんお断り」「会員制」という店は、いささか窮屈ですが、
今の新大久保は、ネット検索サービスを駆使し、さらにどんだけ
マスコミに露出したかを、数で競う飲食店が目立ちます。

P1100629.jpg

ゴールデンウィークの新大久保で、しみじみ悟りました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村



関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL