FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP2011年6月 一人ソウル旅 ≫ 【土俗村】VS【正統参鶏湯元家】どっちの参鶏湯ショウー♪

【土俗村】VS【正統参鶏湯元家】どっちの参鶏湯ショウー♪

5泊6日の6月の韓国ソウルの旅では、14食の韓国料理を食べました。
そのうちの2食は「参鶏湯」です。
やっぱり韓国料理を代表する「参鶏湯」は、本場韓国で食べないと!

まだ食べたことがない店に行こうか、どうしようか、と考えましたが、
結局悩んで迷ってソウルで人気店の「土俗村」と「正統参鶏湯元家」へ。
どちらも甲乙つけられない美味しい~「参鶏湯」に、私は大満足!

1回の旅行中に、なかなか2回も「参鶏湯」は食べることはないので、
「土俗村」と「正統参鶏湯元家」並べてみました~。

P1120158.jpg

左が「土俗村」右が「正統参鶏湯元家」です。(以下の写真同じ)
店の詳しい~案内は、ソウルナビにも詳しいのでリンクしておきます。

「土俗村」は韓国の伝統家屋の韓屋(ハノク)をいかした店舗造り。
韓国情緒たっぷりな雰囲気の中で、食事が出来ます。
言わずと知れた、韓国の参鶏湯専門店の代表的な店。観光客も多いですね。

一方「正統参鶏湯元家」は、雑居ビルの2階と3階。
市庁も近いこの周辺は、大使館や新聞社などが多く、お昼時に行けば、
地元の会社員の寛いだランチタイムの様子をうかがうことも出来ます。

P1120160.jpg P1110964.jpg

お酒を飲むことが多いので、夜に「土俗村」で食事をしたのは初めて。
ちょっと昼時と客層の雰囲気が違って、意外と会社員が多かったですね。
そして観光客が意外と少なかった。観光客の皆さんは、夜は焼肉かな~?

そして「正統参鶏湯元家」は、朝の開店と同時に店に入ったので、
まだおばさんが掃除をしていました。開店してからも、しばらく掃除や
テーブルセッテングでガタガタしても、韓国では気にしてはいけません。

P1120165.jpg P1110956.jpg

「土俗村」の参鶏湯は、こってり濃厚。
「正統参鶏湯元家」は、あっさり淡麗。こちらのスープはちょっと塩味。

キムチは好みもあるし、日によって多少味が違うと思いますが、
私は「正統参鶏湯元家」のキムチが好きですね~。マッコリにピッタリの味。
ついつい朝から、マッコリを1人で1本飲んでしまいました^^

P1120164.jpg P1110959_20110817112733.jpg

「土俗村」は、ネギはもちろん、松の実、スイカ?の種、黒ゴマ、胡桃と
トッピングも豪華。鶏のお腹には、高麗人参、銀杏、なつめ、栗と
もち米をほじくって、身体に好い物ばかりのお宝探しの楽しみがあります。

「正統参鶏湯元家」はネギだけのトッピング。
お腹のもち米を探しても、高麗人参となつめがみつかるくらいです。
でもですね、ヒナ鶏が美味しい~せいか、十分に満足出来る味です。

お値段は「土俗村」が若干の高め。

P1120166.jpg P1110951.jpg

「土俗村」は、並んで待ってでも食べたい味ですが…
とにかく働くおばさんたちに、サービスは期待しないことです。
「正統参鶏湯元家」のおばさんには、愛想はありませんが普通の接客。

2018年の平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック開催までに、
ソウル人気店のサービスの改善はされるでしょうか~?
そして余計なお節介ですが、どちらの店も、トイレの紙はトイレに流せません!
こちらの改善も、2018年までに期待したいです。

世界中の人に「参鶏湯食べてね~」とは言いたいですが、
「つまるから使用後の紙は流さないでね~」ではせつな過ぎです。

P1110954.jpg

「正統参鶏湯元家」は、いつも熱々で料理が運ばれてくるので、
どちらかの店を選ぶなら、私は「正統参鶏湯元家」かな~。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
今日も暑いです!サムゲタン食べたいですね~
クリックいつもありがとうございます。
今日もお願いしますねー^^






関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL