FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP2011年8月 韓国~慶尚南道の旅 晋州 ≫ 晋州冷麺は料亭・妓生文化の遺産?冷麺でビルが建つ味の秘密とは~♪

晋州冷麺は料亭・妓生文化の遺産?冷麺でビルが建つ味の秘密とは~♪

2011年8月~慶尚南道5泊6日の旅 8月23日火曜日 その19

晋州冷麺は今まで食べた冷麺とは、まったく趣向の違う冷麺でした。
噂どおり、本当に美味しかったですね~。
また晋州には、晋州冷麺だけを食べに出かけてもいいくらいです。

韓国の晋州冷麺はこの春移転して「ハヨノッ」に~
旨いのは冷麺だけではありませんでした!


ハヨノッ(旧:晋州冷麺)で食べるユッケ♪
食中酒は馬山の焼酎~ホワイトソジュ!

↑↑↑
この晋州冷麺「ハヨノッ」の関連記事のつづきです。



30代の始めまで、韓国には、まったく関心が無かった亭主が、
あれよあれよと、韓国に興味を持ち出したのは、偶然ウチの隣りに、
風変わりな韓国人の女性が、引っ越して来たことによります。

韓国人では無く、ブラジル人やイラン人やトルコ人だったら…
私たちの今は、どうなっていたのかと考える事もありますね~。

韓国に42歳で留学すると決意した、風変わりな亭主と私も一緒に、
2009年春から韓国で暮らすことに決めました。荷物を整理しながら、
亭主が読み終えた、いくつかの韓国関連の本も韓国に送りました。

m_img1 cut
↑1945年から店を守ってきたファンドク ハルモニ~美人さんです。

亭主は、とにかくよく勉強しました。
毎朝6時に起床して8時まで勉強、9時から13時まで学校で勉強。
午後は少し休んで、夕食まで勉強。そしてまた12時近くまで勉強。

40歳過ぎての勉強は、お勉強が出来た亭主ですが、相当キツカッタ様子。
ただただ繰り返し繰り返し、韓国語だけ、毎日韓国で勉強していました。
週末も変わりなく、だだ勉強だけ1年3ヶ月していました。

ある意味幸せな時間。人生の夏休みにしては贅沢な時間です。
今、韓国の会社で韓国語には不自由しない結果を、亭主は1年3ヶ月で習得。
韓国熱は本気でした。なぜ韓国なのか?いまだに私は理解していません。

韓国留学中は、食事に出たり、旅行に出かけたり、友人を作ったり、
もっともっと海外生活を、楽しめると思っていましたが、
心の余裕も無く、再出発に、あとどれだけのお金がかかるか不安で、
思ったほど、韓国を満喫出来なかったことが、ちょっと残念です。

P1130170.jpg

亭主が勉強をしている側で私は、オンドルの床にゴロゴロしながら、
日本から持ち込んだ韓国関連の本を、よく読んで過ごしていました。

私は韓国料理は好きですが、韓国という国には興味はありませんでした。
しかし、日々の暮らしの中で「この国は何なのだ!」と、疑問だらけになり、
日本から持ち込んだ韓国の事が書いてある本を、読みふけていたわけです。

なかでも鄭銀淑さんの著書は、面白く読ませていただきました。
「韓国の美味しい町」を読みながら、いつかは釜山から木浦の間を、
対馬海峡沿いに移動する「線」の旅がしたいと、私も思いましたね~。

亭主の留学時代には、行けなかった韓国、慶尚南道の線の旅。
晋州冷麺を食べるのか~と思うと、ゴロゴロとして本を読んでいた、
小さな部屋のオンドルの床の温もりまで、思い出してしまいます。

P1130168.jpg

店のパンフレットにも、鄭銀淑さんの本にも、
北の平壌冷麺と南の晋州冷麺が朝鮮半島の2大冷麺と紹介されています。

北の平壌冷麺は大衆化して、ソウル市内の専門店でも食べる事が出来ますが、
郷土料理として残る晋州冷麺は、この地まで足を運ばないと食べられません。
その伝統的な味を最も伝えているのが「晋州冷麺」あらため
「ハヨノッ」の水冷麺(물냉면)。すごく楽しみにしていたお味は…

たしかに平壌冷麺のスープとは、まったく概念の違う味のスープ。
この~晋州冷麺で、ファンドク ハルモニと娘さん夫婦はビルを建てました。

古都晋州にビルまで建ててしまった、冷麺の味とは…

P1130149.jpg

北朝鮮の文献「朝鮮の民族伝統」で、
冷麺の中で1番は、平壌冷麺と晋州冷麺と紹介している。

晋州冷麺は、冷麺の本場、北朝鮮でも認められる美味しさで、
晋州地方では、貴族の家の特別食や料亭の夜食として有名だった。

南の豊かな食材で作られた晋州冷麺は、晋州を訪れた高官や、
日本の官僚、韓国人地主たちにも、その美味しさに魅了された。

晋州冷麺は、煮干、昆布、牛すね肉を主材料にして
2泊3日かけてスープを取ったあと、
壷の中で、15日間、低温熟成させて完成させる。

(この作業の中で)煮汁の中に、銑鉄(せんてつ)を瞬間的に入れ、
臭味を取る方法は、昔からつたわる伝統的な手法。
(こうすることによって)豊かな香りと風味、旨みがたっぷり残る。

この出し汁を長期低温熟成させてコクを出し、さらに
昆布、大根、ネギ、煮干などで2回目の出し汁を作って、
最初の出し汁を希釈して使う。


のようなことが、店には書かれています。
牛骨スープやトンチミで作る、平壌冷麺と味が違うのは…

何よりも南の海の豊富な海産物が、手に入りやすいということ。
近くの智異山(チリサン)などの山間部では、蕎麦が多く採れたこと。
(この店の麺は、蕎麦粉とさつまいものデンプンが8:2の割合)
料亭・妓生(キーセン)文化が発達した晋州では、
贅沢な食事のニーズがあったという背景もあって、
手間をかけた美味しさの晋州冷麺が生まれた。

平壌冷麺に比べ、贅沢に海産物をたっぷり使うので、晋州冷麺は、
簡単に韓国全土の全国区になれず、こうして郷土料理として、
晋州の人にに愛されて、残ったのではないかと、私は思いました。

P1130165.jpg

육전 ユク(肉)のジョン 20,000ウォン
막걸리 マッコリ 3000ウォン
육회 ユッケ 25,000ウォン
소주 焼酎 3000ウォン     
물냉면(소) 水冷麺(小) 7000ウォン

料亭・妓生文化が花開いた晋州の伝統料理の店。
韓牛を贅沢に使っているので、なかなか高級な価格です。
ただこの店、パンチャンが付かなかったな~。
ビルの新築にお金がかかったのかな~?出すの忘れたのかな?

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
3回にわたり晋州冷麺の店「ハヨノッ」のお話におつきあい
ありがとうございました。お帰りのさいは、クリックも
よろしくお願いします^^

P1140422.jpg

P1140423.jpg


関連記事

Comment

40歳過ぎてからの1年3か月の留学
オルラッタネリョッタさん だからこその時間の使われ方と
その後につながるのですね。
お二人の仲 がとてもいいなぁ~と恐縮ながら思わせていただいてしまいます。
わたしも日本でできる限り頑張ります(-_☆)
2011.10.07Fri 00:44 ≫ 編集
Re: くりかなさんへ
くりかなさんへ
好きなことは続けられます。
キライにならないように続けてください。

亭主とは今朝、二日ぶりに会話をしました。
新聞沙汰にならない程度に、ケンカもします。
時々殺意も感じます。お義母さんも同じこと言っていました。
母親にも殺されそうになった亭主です。
山アリ谷また谷の毎日ですね。まだまだ未熟者の私です^^
2011.10.08Sat 11:04 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL