FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP2011年8月 韓国~慶尚南道の旅 統営 ≫ 腹が減っては戦ができぬ~閑山島上陸!食事をして観光はしましょう~

腹が減っては戦ができぬ~閑山島上陸!食事をして観光はしましょう~

2011年8月~慶尚南道5泊6日の旅 8月24日水曜日 その27


新大久保のどっかの韓国料理屋で、韓流大好きK-POP大好きなご婦人に、

「いやいや~今回の韓国旅行で、閑山島(ハンサンド)に行きましてね~」
なんて自慢しても9割以上は「はあ~?」返事に困るかもしれませんね~。

「そうですか~!文禄元年(1592年)にあの李舜臣(イ・スンシン)将軍が、
鶴翼(かくよく)の陣を敷き、脇坂安治の水軍を撃破した海戦の現場、
閑山島にあなたも行かれましたか~!!」

もしもそんな答えが返って来たら、かえって私はビビリます。



慶尚南道の旅は、豊臣秀吉と李舜臣の話から逃げることが出来ないようです。

船は、閑山島に着岸しました。これから韓国人の皆様と島内観光をします。
どこをどう見渡しても、日本人は私と亭主だけでした~。

P1130326.jpg

島内は30分の自由散策。私は自分の状況がまったく理解できず、
ただ人の流れに合わせて歩いたら、ここが閑山門。

入口で1人1000ウォン支払います。特に調べて来たわけでもないので、
ただ閑麗水道(ハンリョ スド)に浮かぶ島が珍しくて、私は歩くだけです。

P1130325.jpg

島内の要所には、韓国語と日本語の案内がありました。
「はは~ん、ここは韓国人のプライドの最高峰だ~」と私も気づきます。

閑山島とは?

韓国語の案内は、韓国人の都合の良いファンタジー歴史秘話に
脚色されていることが多いので、
興味がある方は、日本語でご自分で調べて下さいね。

P1130328.jpg

5年の間、戦闘を指揮した李舜臣将軍の作戦司令部だった制勝堂まで、
この水辺をぐる~っと歩きます。白い建物は売店とトイレ。

いつも先頭を切って歩く亭主ですが、なぜかここでは
韓国人の列の1番最後を私と歩きます。お腹が減って元気がありません。

P1130334.jpg

ここが豊臣秀吉の朝鮮半島侵略、壬辰倭乱(文禄・慶長の役 1592-1598)初期の
海戦ゆかりの島と知らなかったら、こんなステキな島はありませんね~。

入り組んだ海岸線に、いくつも浮かぶ大小さまざまな島。
閑山島には、老赤松の林が16万坪にも広がり、水質の良さから
周辺ではカキやホヤ、ワカメ、真珠貝の養殖も盛んだそうです。

しかしここは400年以上も昔、1人の身勝手な尾張の年寄りのため、
攻めて来る日本兵を迎え撃つために、作戦会議が行われた島。

P1130336.jpg

腹が減って元気がない亭主。朝ごはんは、晋州で食べましたが、
バスに乗ってバスに乗り継いで船に乗って、気づいたら閑山島。
時間は午後の3時ぐらいだったでしょうか~。

たまらず先ほど、売店兼食堂に寄りましたが、これが薄暗く、そして…
とても食事する気持ちになれず、亭主はスナック菓子を食べています。

P1130339.jpg

元気がない亭主を励ましながら、兵営跡にやっと到着しました~。
腹が減っては戦は出来ないと言いますが、
真っ先に亭主は敵に殺されそうなタイプです。

P1130342.jpg

物見やぐらの役割をした戍楼から景色を眺めます。
「フムフム~あの島影辺りから、日本人が攻めてくるかもしれんぞ!」

P1130347.jpg

「行くぞ!」「ハイハ~イ」
ここまで来たら、兵営本部も顔出さないとね~。

つづく

李舜臣将軍の作戦司令本部~制勝堂と軍事訓練場~閑山亭で♪
↑↑↑
この記事につづきます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
クリックお願いします^^

関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL