FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOP韓国の会社 ≫ 韓国旅行~韓国生活~韓国企業に勤務する日本人社員の妻と韓国

韓国旅行~韓国生活~韓国企業に勤務する日本人社員の妻と韓国

100軒も隣りに住んでいる家の人は、普通は気にならない。
知らない家の人を、嫌いにも好きにもならない。知らないからだ。

しかし隣人は、隣りの家に住んでいる人は、どうしても気になる。
皿が1枚割れた音も、台所からの料理の匂いも漂って来るからだ。

20世紀が終わる頃、ウチの隣りに韓国人の女性が引っ越して来た。
気は強いが、人懐っこくて、親切で、料理が上手。
韓国に対して、偏見もなければ知識もない。無関心だった私。
私は、韓国人としてではなく、隣人として親しくなった。
次第に彼女とその同胞たちとも、親しく話をするようになった。

あきらかに考え方も、感じ方も日本人とは異なる。
韓国に興味を持った。日本に韓流ブームが到来する少し前の頃だ。

2001年、初めて韓国に行ってみた。人の話で聞く韓国とは違って見えた。
食事も買物もチムジルバンにも、私は夢中になった。

亭主は韓国のエンタメに夢中。映画、ドラマ、音楽に詳しくなっていった。
そして独学で韓国語の勉強を始め、ハングル文字が読めるようになった。
新大久保に行くと、ひらがなを覚え始めの子供のように、
私にハングル文字の看板を指して「あそこは美容院だ」と教えてくれる。

P1130294.jpg

そして2009年韓国ソウルに、暮らすことにした。
韓国生活の中で、韓国旅行とは韓国に対する見方が、私は変わった。
旅行と暮らすのでは、ずいぶん感じ方が違うと驚いたものだ。

韓国って何だろう~?少しモヤモヤと気持ちが霞んできたのは、この頃。

そして2011年、亭主は44歳で駐日韓国企業にお世話になることになった。
韓国旅行とも韓国生活とも違う、韓国とのつきあいが始まってしまった。
旅行とも暮らしとも違う、笑って済まなくなった韓国とのつきあい。

午前中、会社から亭主がメールをしてきた。
「今日、給料が振り込まれたから」またまた給料日が変わったらしい。
先月まで5日が給料日だったのが、突然の変更。
どうなっているのか、いつも突然で分からない。

韓国とのつきあいは、いつまで続くのだろうか~。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
クリックお願いします。



関連記事

Comment

こんにちは
私は一時、「前世は韓国人、生まれ変われるなら韓国人」
と人に言うほど韓国大好きでした
しかし知れば知るほど色んな感情が生まれました
江南さんの記事もワッタカッタ!さんの記事も
勉強になります
これからも色んな感情を持ちながら勉強します
とりあえず娘の受験が終わったら訪韓したいと
考えています^^
2011.10.21Fri 12:41 ≫ 編集
Re: ゆず さんへ
ゆず さんへ
お気持ちはうれしい~ですが、参考程度にしてくださいね^^
知れば知るほど…まったくその通りです。
知らなければ良かった~って話が多すぎます。
関わりたくないと思っても隣の国。
私もいろいろな気持ちが交錯しながらも、これからも
つきあっていくのだろうな~なんて思います。
一方的な言いがかりに、負けないように私も勉強します!
2011.10.21Fri 18:08 ≫ 編集
計画性なく 良く言えば臨機応変に変えすぎる韓国体質
ときいたことがあります。
ポイントカードが良い例だとか(*゚ー゚)

客観的に見ている分には ほんと 笑える~
ですが 生活にかかわってくると色々笑えないことも多そうです
歴史・文化のある国は国民性もありますよね~
2011.10.22Sat 01:07 ≫ 編集
Re: くりかなさんへ
くりかなさんへ
私、自分では臨機応変、柔軟な人と自覚していましたが、
韓国人は、それを超えていました^^
先方からすれば、何て融通のきかない国民性だろう~と
思っていると思いますがね。

日本でダメなモノはダメと、彼らに言い聞かせても、
何とか覆そうとするのを、何度か経験しました。

買物や飲みに行く約束ならまだしも、
時に、生活や人生に関わる約束が、簡単に変更になったり、
覆ったり…私はギャフンです。
出来ない約束は、最初から言うな!と思いますが、
どうも彼らは、そこまで深く考えていない様子。

いちいち受け止めていた私がバカバカしくなって、
最近は「そっ」で流しています。
分かりづらい話でスミマセン。急に思い出して^^
2011.10.22Sat 02:51 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL