FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOP2011年8月 韓国~慶尚南道の旅 統営 ≫ 統営の閑麗水道眺望ケーブルカーはロープウェイだった!震える亭主の巻~♪

統営の閑麗水道眺望ケーブルカーはロープウェイだった!震える亭主の巻~♪

2011年8月~慶尚南道5泊6日の旅 8月25日木曜日 その36

前の日、遊覧船ターミナルから乗車したタクシーの運転手さんに、
「ケーブルカーには乗ったのか?」と質問されました。
「いいえ閑山島に行って、山には行っていません」と、亭主が答えると…

「バッカじゃないのか!ケーブルカーに乗らないと話にならん!」
「だまってケーブルカーに乗って帰れ!一生後悔するぞ!」

とかなんとか言っていたような、えらい剣幕で、
「ケーブルカーに乗れ!」と言われたことを、私は港で思い出しました~。


↑忠武橋から見る統営大橋ここをワッタカッタ~

統営港旅客船ターミナルから、のんびり船に乗って移動したかった亭主を、
何とか説き伏せて、またまた忠武橋を渡り、山へ向かいます。

韓国一と評判の、閑麗水道眺望ケーブルカーに乗ることにしました~。

P1130493.jpg

統営市の公式ガイド地図には、閑麗水道眺望ケーブルカーと明記されていますが、
統営市のホームページを見ると…
閑麗水道眺望のロープウェイは、韓国の100大名山(森林庁指定)の一つである
統営の彌勒山(標高461m)に設置された国内最長(1.975m)の ロープウェイです。

と書いてあります???

「ロープウェイ?」なのか「ケーブルカー?」なのかどっちよ~!

P1130495.jpg

山の斜面を登って行くケーブルカーに、乗るはずだった高所恐怖症の亭主。
ロープウェイの行き先、461mの山頂を見て震え上がります。

「俺は聞いていないよ~!あれはロープウェイだ!」
「そうだ!あれはロープウェイだ!」と私。

2008年の4月に、開通したみたいですね~弥勒山ロープウェイは。
弥勒山ロープウェイとも呼ばれているようですが、
正式名称は、閑麗水道眺望ケーブルカー(한려수도 조망 케이블카)です。

韓国の人、けっこう曖昧なんですよね~。厳密に考えない傾向があります。
ロープウェイもケーブルカーも、韓国人の感覚からしたら一緒みたい。

この曖昧なところに気をつけないと、キッチリした日本人の私たちは、
意外な所で誤解をしてトラブルに巻き込まれます。痛い目に合います。
※さらに厳密に調べたら、ケーブルカーもロープウェイと
 呼んでも問題なさそうですね。ああ~ややこしい~。

P1130496.jpg

下調べはしない、行き当たりバッタリの旅が好きな亭主が、招いたこと。

昨日来た弥勒島観光特区まで、せっかく戻ってきたのだから、
このケーブルカーだかロープウェイだか、
曖昧な乗り物に乗らないワケには帰れませんよね~。

P1130497.jpg

このロープウェイは、世界的な技術が認められている、
スイスカラベンタ社の技術提携で設置され、その安全性は保障。らしい…。
韓国製でなくて良かった…。しかし安全点検管理は韓国ですがね…。

大人1人往復9000ウォン支払い、さあ~行ってみましょう~。

P1130499.jpg

平日の午前中だったためか、すんなり通りましたが、
韓国のホリディーは、激込みらしい~ですよ。
ソウルのNタワー並みに、人が並ぶとか…超人気観光地みたいです。

P1130500.jpg

まさか山に行くとは思わず、今日も5泊6日分の2人の全荷物は持参。
昨日は、船に持ち込みましたが、今日はこれ持って登山?
と、心配しましたが、このお兄さんがここで預かってくれました。

やれやれ助かりました…。声をかけてもらって、本当に良かったです。
このあと到着するまで、本格的な登山が待っているとは知らなかった私たち。

ロープウェイを降りたら、かなりの階段を山頂目指して上りますので、
水は必ず持参(上にも売店あり)、軽装が絶対におすすめです。

P1130509.jpg

弥勒山目指して出発進行~!してから直ぐに、わが亭主の悶絶ショー。
そうとう怖かったみたいです。山頂まで私は笑いっぱなし~^^

亭主の親戚&友人は必見!空中遊覧は絶景&悶絶ショー♪

この話につづく



にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
たまにはクリックしてね~!
いつもクリックしていただいている方には、感謝です^^




関連記事

Comment

私もトンヨンでこれ乗りました。
高所恐怖症の私が怖がっていたら韓国の技術を信じなさいと言われ余計不安になった思い出が!(◎_◎;)
スイスからの技術提供だったんですね。それも教えて欲しかったーうふふ。
2011.10.27Thu 00:42 ≫ 編集
Re: おべべさんへ
おべべさんへコメントありがとうございます。
確かに不安はありましたが、一か八かですね。
強風だと、安全のため運休するみたいですね。
過去トラブルも、当然あったみたいですよ。
あんな空中に閉じ込められたら大変です。
乗る前はトイレをすませて、水は持っていたがいいかも。
それでもまた乗る機会があったら、やっぱり私は乗りたいです^^

2011.10.27Thu 17:49 ≫ 編集
チュンム
 私も今年の3月に、1人旅で統営に行き、乗りました。1989年に初めて韓国に行ったのが、ここ統営で、昔の名前は忠武(チュンム)でした。昔は護岸に沿って刺身を食べさせる屋台がありましたが、今は、亀甲船が展示してあり、屋台はありませんでした。
 60をこえた私は、弥勒山には上りませんでした。
2015.08.28Fri 02:49 ≫ 編集
Re: shunshunさんへ
shunshunさんへ
ずいぶんと古い記事も読んでくださって、ありがとうございます。
そしてshunshunさん、韓国とのお付き合いが、ずいぶんと長そうですね。
今思えばですが、韓国に住んでいた祖母から、昔の韓国の話、
生前に、もっと聞いておけばよかったと後悔しております(^_^;)
2015.08.28Fri 08:39 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL