FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOP2011年8月 韓国~慶尚南道の旅 統営 ≫ 韓国の港町統営で~天然産ヒラメの刺身&モンゲ(ホヤ)ピビンパプ♪

韓国の港町統営で~天然産ヒラメの刺身&モンゲ(ホヤ)ピビンパプ♪

2011年8月~慶尚南道5泊6日の旅 8月25日木曜日 その42

韓国統営の反日タクシー!?オットケ~♪
↑↑↑
この記事のつづきです。

統営の弥勒山から乗ったタクシーは、面白かったです。
先の展開を乗客に全く予想させない、巧みな話術の運転手さんでした。
その運転手さんが案内してくれた刺身屋さんです。

P1130626.jpg

「天然産だけにこだわってプグァン刺身食堂」と看板に書いてある、
プグァン フェ シクタン(부광 회 식탕)に、たどり着きました。

P1130657.jpg

「統営の他の店に比べると高いが、いいか?」と最後に念押しされました。
『おいおい今さら聞くか~』
さんざん中国産の刺身がうんぬんと聞かされて、四の五の言えますか~。
「ハイハイお任せします」と降参してたどり着いた刺身屋です。

P1130656.jpg

高級店かと思いましたが、店内はいたって普通。韓国どこにもある店作り。

P1130629.jpg

「※天然モノ100パーセント」と左下に書いてありますね。
刺身(センソンフェ)小50000ウォンをお願いしました。

料理は他に、ムルフェ15000ウォン、フェトッパプ(刺身丼)15000ウォン
生牡蠣20000ウォンなど。
季節料理は、読めても全く聞いたこともない料理で???と、
亭主が言います。あとから韓国人社員のPちゃんに聞くと、
韓国人でも、地方の料理名は難しくてどんな料理か分からないらしい~です。



天然のヒラメの刺身がドカン!と運ばれて来ました~。
手前はエンガワですね。久々の韓国スタイルの刺身コースです。
新鮮なヒラメが、たらふく食べられて大満足です。が…すぐ飽きた…。

日本の和食の店やお寿司屋さんの刺身とは、概念が違います。
タイやヒラメなど白身の魚を、一品一皿モクモクと食べます。
値段の違いは、魚の種類や数では無くて、魚の大きさですね~。
まあ知らないと、びっくりですが、このスタイルが韓国では標準です。

念のため。

P1130635.jpg

そして韓国の刺身屋さんは、パンチャンつまり、
つき出しのおかずが豪華と言われますが、ここは慶尚南道。
どうでしょうか~数は並びましたが、内容は、いたって素朴でしたね。

豆腐、卵の黄身乗せのポテサラ(激甘だった)、サムジャン、
ボイルしたブロッコリー、トトリムク、蒸かしイモ、
小魚の佃煮、コマッ(貝)、ボイルしたピーナッツに海草、青唐辛子など。

P1130640.jpg

おおっうっかりしていました、天然産のヒラメをいただく予定があったら、
マイ醤油を、日本から小分けして持参するべきでしたね~。

初めて釜山のジャガルチ市場で、刺身を食べた時の、
衝撃の醤油とワサビを思い出します。最近のジャガルチ市場は、
日本人用の醤油とワサビを、出してくれる店もありますが…

昔見た、古い家の水道の蛇口についている、
緑青(ろくしょう)を思い出す色のワサビ~。
このワサビこそ韓スタイルだ~。それとチョジャンです。

P1130641.jpg

緑青色のワサビが、ヒラメの下に透け透けで見えるヒラメのお寿司。
寿司飯の酢が、これまた強烈な韓国の昔ながらの、角のあるお酢でした。

一瞬なんで韓国で刺身にしたのか?考えてしまいましたね。

先日、お義父さんが「田舎の刺身は口に合わない」と断言していました。
田舎の魚が新鮮なのは分かるけど、東京の巧みの技には敵わないらしい…。
今年70歳の美食家のお義父さんを、韓国の刺身屋に案内したら、
さぞかし驚くだろうな~。何と言うか聞いてみたい気持ちもします。

刺身はただ切るだけでは、料理とは言わないらしい。なるほどね…。
韓国の市場の刺身は、ただ、ぶった切った状態で、刺身のケンもツマも無く
プラスティックの皿に乗って出てきます。刺身屋の方が、まだ上等です。

P1130652.jpg

刺身屋ですがこの店、このチヂミが1番美味しかった…。
ちょっとクセのある野菜が、ちょっと苦くて美味しかったですね。

刺身屋の料理にしては、ちょっと物足りない皿数と内容だったかも?
私の知る韓国の刺身屋は、一口のお粥から始まって、焼き魚や煮魚、天ぷら、
貝類の刺身も並びますが、運転手さんが言う高い店にしてはシンプルでした。

しかし食べ残しを減らしましょう~の最近の韓国では、この程度なのか、
エリア的な傾向なのか分かりませんが…。こんなものでしょうか~。
韓国人と区別されていたら、かなわん!と思って、周りのテーブルを
見ましたが、区別はされていませんでしたね…。

P1130642.jpg

モヤモヤしたので、とどめにモンゲピビンパプを頼みました。
こちらの店は、ごはんは別添えでサービスされました。
前日、牡蠣料理の専門店で食べた、モンゲピビンパプの味が忘れられません。

P1130644.jpg

さてお味は…おばちゃんが混ぜて作ってくれたのですが…
これがまたいい加減なおばちゃんで、ドボドボとゴマ油を入れ
素人目にも『こりゃ~入れ過ぎだろ~』と思いました。

すると、もう1つごはんを持って来て「ゴマ油入れすぎたから」と、
ごはんを全部入れるのか!と私はビックリしましたが、それは半分だけ。
それでも、ごはんの量がモンゲ、つまりホヤに対して多くないか!と
気になりましたが、あまりにも平然として言われるスキを見せない…おばちゃん。

P1130646.jpg

これは、前日食べた店のモンゲピビンパプの方が美味しかったです。
それにしてもおばちゃん、ミスを犯しても堂々として、あっぱれでした。

P1130648.jpg

ヒラメのアラを使ったメウンタンも出来ました~。
まあこれも素朴な田舎料理。飾り気が無くて美味しかったですよ。
漁師料理というか家庭的なお味です。

メウンタンと一緒にナムルとキムチが、最後に4品出ました。

このあたりのキムチはソウルと違って、あめ色になるまで漬かった
激酸っぱの、古漬けのキムチが多かったですね~。
しかも魚のエキスが効いていて、目が覚めそうでした。古漬けキムチ、
私はキライではないですが、それにしても酸っぱかったです。


P1130651.jpg

前日の店は、ナムルも入っていたな~と思い出し、
出来上がりのごはん多めのモンゲピビンパプに、
ちょっとナムルを足して、味の修正をしました…。

おお~味が改善されたわ~。
やっぱりホヤのピビンパプは、少しナムルを入れたが美味しいかも。

韓国の刺身屋は、刺身をつまみながら、
大勢でワイワイと飲んで食べてがいいですね~。あらためて気づきました。
魚は新鮮ですが、いささか長いつきあいの夫婦が2人でモクモク食べても、
特に新鮮な話も無いし、量が多いせいか、すぐに食べ飽きました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキングに参加しています。クリックお願いしますね~。

P1140384.jpg

最近食べた新橋の居酒屋の、刺し盛り。
鮮度も味も申し分無し。そして安い!2000円しなかったかな。

P1140641.jpg

これまた最近食べた、新橋のおでん屋さんの刺身の盛り合わせ。
ぬる燗でちょっと、つまむにはいい感じ~でしょっ。

P1140643.jpg

同じく新橋のおでん屋さんの海鮮サラダ。
比べてはいけないけど、刺身文化は日本が好みだな~やっぱり。



関連記事

Comment

こんにちは

私たち親子は刺身が大好きです^^
韓国でお刺身が食べられるとは・・・
チャレンジしてみたいです
コチュジャンつけて食べるのですよね^^;;
いつも韓国では同じ物しか食べません
お店もよくわからないし、初心者なので
ガイドブックに載っているようなところしか
行ったことありません
まだまだですね
2011.11.04Fri 16:36 ≫ 編集
モンゲの味が大好きなんです
韓国食堂のオヤジさんが「食べてみろ」とサービスでくれたのがきっかけです。
彼は「杉の香りが口いっぱいに広がるさわやかな食べ物」と表現していました。でも、残念なことに、今はアレルギーなのか食あたりするようになりモンゲは口にしなくなりました。同様に韓国ではあまり海産物は食べません。中国産・・・気をつけたいです。
新橋の居酒屋・・・どこでしょうか。すごいですね~
2011.11.05Sat 04:23 ≫ 編集
Re: ゆず さんへ
韓国の刺身は、日本文化がもたらした料理という人もいますが…
まず魚が冷えていない。しかしマグロは半解凍状態です。
魚の温度にびっくりして、ワサビと醤油がこれまた衝撃です。

サンチュに魚を乗せてチョコチュジャンをつけて食べた方が、
韓国の場合は美味しい~かなと思いますね。
赤いソースは、ただのコチュジャンではありません。
コチュジャンに、酢、砂糖、ニンニク、粉唐辛子を加えて混ぜ、
レモン汁も加えてさわやかな香りをつけた、
甘辛酸っぱいコチュジャンベースのタレです。
割りとウチでも簡単に作れるソースです。イカの刺身や
野菜スティックにも、よく合いますね~。

韓国の刺身屋さんは、市場や信頼できる店に行ってくださいね。
韓国の街中の刺身屋の水槽は、防コケ剤が使われていると、
問題になっていました。熱帯魚の水槽も食用魚の水槽も同じ扱い。
見た目がキレイなら、ケンチャナヨ~らしいです。
ソウルの客が入っていない水槽のある店は、遠慮したほうが…。
2011.11.05Sat 17:42 ≫ 編集
Re: りりこさんへ
りりこさんへ
それは残念ですね。
亭主は東北でモンゲ、つまりホヤの味噌汁を飲んだ!と
よく言っています。ホヤの味噌汁が日本にはあるらしいです。

新橋の居酒屋ですが、最近オープンしたばかりのせいか、
やけにサービスも良いし、魚が新鮮で量もたっぷりです。
義父がみつけた店ですが、
「酒の魚 和海」で検索すればヒットします。
新橋の魚と言えば「魚金」が有名ですが、
義父の口には合わないらしく(70歳ですから…)
しかし「酒の魚 和海」は、気に入っている様子です。
年をとっても、あくなき食への好奇心には感心しています^^
2011.11.05Sat 18:13 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL