ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP韓国の音楽 ≫ 昔はセクシー女王・テクノ女王と言われた韓国タレントのオム・ジョンファ! でも漢字名は貞操帯でもつけていそうな「嚴正化」♪

昔はセクシー女王・テクノ女王と言われた韓国タレントのオム・ジョンファ! でも漢字名は貞操帯でもつけていそうな「嚴正化」♪

TEXT BY オルラッタネリョッタ!

少し前にワッタカッタさん!が、ブログネタにした
ドラマ「コーヒープリンス1号店」の
助演女優のチェ・ジョンアンが、10数年前にはテクノ系歌手だったという話題。

たまたま、ユーチューブで、
韓国の準政府系放送局MBCが、MBC-KPOPというハンドルネームで、
昔の音楽番組「生放送 音楽キャンプ」
(1998年4月25日~1999年1月23日、
1999年5月8日~2005年7月30日、全287回放送)
の映像を中心に2,3ヶ月前から大量にアップしているのに気づいたので、
この週末、チェックしまくって、偶然に発見した産物だったというわけです。
ちなみにこの番組、あるインディーズバンドが、生放送中に猥褻物を陳列したため、
即刻、番組がなくなり、「ショー!音楽中心」に変更されました。

僕がいわゆるK-POPをガッツリ聞き始めたのは、
2001年、当時の隣人キム姉さんから渡されるホステス仲間で回される
韓国の番組が収録されたVHSテープがきっかけでした。

今、思うとよく韓国語も理解できないのに、
10年以上も韓国の音楽を聞き続けてきたな~と我ながら感心します。
もう、ほとんど変態の域です。
だからこそ、「生放送 音楽キャンプ」の映像を見返して、
歌詞のテロップを眺め、、こういう意味の歌詞だったんだ~と、
今さらながらに驚いてしまっていました。

チェ・ジョンアンが歌っていたのは1999年。
彼女が長く歌手活動ができなかったのは、やはり同時代、
テクノの女王、セクシー女王と言われた現在も、タレントとして、
息の長い活動をしているオム・ジョンファ(漢字名は嚴正化!)の存在が、
大きかったと思われます。

Baidu IME_2012-6-20_23-18-27
↑ ↑ ↑
有名すぎる彼女の工事遍歴。

久々に聞いた彼女の1999年の大ヒット曲「モルラ(わからない)」は、
今聞いても名曲ッス。
ヒット曲というレベルを超えて名曲になったと言えると思います。



オープニングのクロマキー画面には
番組MCを務める若き日の女優ペ・ドゥナの姿が。
わが社の芸能班パク某によれば、彼女、「金持ちの娘」だそうです。
親父が食品会社プルムワンの役員だそうですが、
会社のホームページで役員一覧を見ても、
ペという名の役員は現在、存在しないので、
もうすでに退職されている模様です。

でも、この時代、
歌詞のテロップの文字級数がやたらデカイのが、いいですね~。
そんなことより、この歌の歌詞は、ふざけてるよなー。

「どう説明すればいいのか?他に新しい男ができたことを。」
「わたしだけを大切にしてくれた貴方から
 なぜ、私が、離れていくのかは、わからない。」
「あれほど愛してくれた貴方を嫌いになったわけでもないのに、
 私、わからない。」だってさー。

こういうワケのワカラン女(歌の世界ですが)が、僕は一番、許せないのです。
だから、チェ・ジョンアンが、コピプリで演じた、男2匹をもて遊ぶ役柄のせいで、
僕は、本気で彼女が嫌いになったというわけです。

この週末も、ユーチューブで昔のK-POP三昧になりそうなオルネリョでした~。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
クリックのお願いもなんですが、

最近、会社で、本社の韓国語資料を日本語に訳す業務をしたお陰で、
韓国語を読むのに嫌気が差してしまったオルネリョです。
財閥系記事は、少しお待ちください!!
本当にゴメンナサイ。
あの種の記事は、資料を読みこまないと書けないのです。



関連記事

Comment

うふふ 2
歌詞の意味もわからず聞いて10年~変態の域?
そんな事言われたら、私も変態です。はい!
OSTからKーPOP、バラードまで大好きです!
韓国人は歌うまいですよね!!
ちゃらちゃらしたアイドルだって結構うまいです。

オムジョンファさんは私にはドラマの印象の方が強いです。
「12月の熱帯夜」だったか・・・「なんとかラブハンター」だったか・・・(ちょっと題名が思い出せない)良かったですよ。

間違ってるかもしれませんが、「ディスコ」とかいう歌、歌ってませんでしたか?なんとなく覚えています。
もちろん、大改造っぷりも。納得。
でもこれは、もはや韓国の文化ですから~
(時々、奇妙な顔つきになってる女優さんいますけど)

オルラッタネリョッタさんが嫌いなタイプの女子もドラマでは大切な役割をしています。
こういう人がいてこそ盛り上がります。
どれだけ憎たらしいか・・・憎たらしい役ほど人気もでるようです。
家のチャラ男は少しくらい性格が悪くてもかわいい(綺麗な)人の方がいい~~なんて言ってますけど。
やっぱりお付き合いは長く続きませんね!(笑)

2012.06.22Fri 09:35 ≫ 編集
Re: uknowumiさま
uknowumiさま

僕の中での、オムジョンファ不朽の名曲は「モルラ」と「Poison」ですね。
さっき、「Disco」聞いてて、そう思いました。


改めて90年代、2000年前半の曲を聞いていると
この時代の歌の方が、僕にはK-POPです。
この曲、どこかできいたことあるな~みたいなの、結構多いですが。

オムジョンファの続編書きましたので、見てみてください。
ご訪問、ありがとうございました。


2012.06.23Sat 11:33 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL