ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPあれこれ韓国生活の思い出 ≫ 会いたい人に会えるストリートビュー♪高麗大学学生街「安岩洞」を散歩♪

会いたい人に会えるストリートビュー♪高麗大学学生街「安岩洞」を散歩♪

先日、グーグルのストリートビューの話題をブログ記事に入れたのですが、
「ところで私たちが暮らしていた安岩洞は、どうなっているかな~?」と、
ふと気になり、1年3ヶ月過ごした高麗大学校のある学生街、韓国ソウルの
安岩(アナム)の街を、夫と二人でストリートビューでのぞくと・・・

これが面白い^^世界の街は自分の足で歩きたい!なんて前言は、撤回します!

ストリートビューで世界中を歩ける時代でも、
世界の街の景色は自分の眼で見たいですね♪
 ←関連記事ね。

abc.jpg

改めて説明するもないですが・・・先ずはグーグルの地図検索ボックスに
「서울 안암동5가 (ソウル安岩洞5街)」と入力してクリック。
地図が表示されるので、Aからストリートビューを順にクリックするだけです。
これで、2009年10月のソウル安岩洞5街へGO!

画像撮影時期が2009年10月になっていました。
2009年10月は夫が韓国留学中で、まさに私たちがここ、
安岩洞5街に暮らしていた時期と重なります。
懐かしい~人と風景に、思いがけず二人で盛り上がってしまいましたね。

Baidu IME_2012-6-21_6-28-28

私たちが韓国で暮らした2009年10月の安岩の街を、
安岩の交差点から開運寺まで一緒に歩いてみませんか~。
観光案内とは違いますが、1年3ヶ月過ごした学生街の思い出探しです。

途中、ろくに韓国語も出来ない私たちが、自ら探して契約したアパートや、
懐かしい~近所のお店も案内しますね~。

ではここ、安岩交差点から北に向かって出発しま~す。

あっここの交差点から左に坂を上がって右が、高麗大学附属病院です。
↑写真の左に見えているのは大学薬局。なんてズバリの名前なんだ・・・。
その名も学生街にある대핵약국(テハクヤックク:大学薬局)です。

ここで消毒用のアルコールを買っていました。
当時、鶏インフルエンザが猛威を振るい、外食時には、
エチルアルコールで箸やスプーンを消毒するのが習慣になっていましたね。

Baidu IME_2012-6-23_6-30-47

「あの果物屋いるかな~いたいた~いるよ~」

期待通りの人物が登場しました~。分かる人しか分からない話で恐縮です。

交差点から開運山に向かって歩き出して直ぐ右手が、CJ系のチェーン店、
GOLD STONEと、ここもチェーン店のThe Coffee Bean & Tea Leaf。

この間に駐車している軽トラが、月曜日から土曜日まで開業している果物屋。
朝から夜遅くまでいましたね~。労働時間長っ!と、当時通る度に見ていました。

The Coffee Bean & Tea Leafは、初めてこの街に部屋探しで来た時、
韓国の薄くて不味いコーヒーを飲んだ店。2度と入らなかったです。

Baidu IME_2012-6-21_0-19-17

「あ~あ~あのフリーペーパーもイスの上にあるわ~」

2009年の4月から2010年の7月までウォッチングしていましたが、
この果物売りのおじさん、商売がヒマなのか、ほとんどの時間、
駅から持ってきたタダのフリーペパーを読んでいるか、イスで寝ていました。
余程寝心地の良いイスでしょうかね~。真夏も真冬もです。

春から観察して冬はどうするのだろうか~?と心配しましたが、心配は不要。
真冬も商売していました。暑くても寒くても雨の日も雪の日も、毎日昼寝。

Baidu IME_2012-6-21_0-24-58

毎日毎日、この軽トラの前を歩いていた私。間もなく気づきました。
青いトマトが、日々熟して赤くなっていくのです。
「なるほどね~」変に感心したことを覚えています。
どこからか青いトマトを仕入れ、ここで完熟させていたのです。
日々赤くなっていくトマトの脇で、おじさんは居眠り。
そしてある日突然、青いトマトに変わるのです。その繰り返し。

おじさん、トイレはどこで借りていたのか?今更ながら知りたいですね~。
それから、なぜここに決まって駐車出来る権利関係もナゾでした。
ソウルの繁華街もそうですが、いつも同じ場所に同じ屋台。
道路は公共の場所のはずですが、なぜか定位置が決まっていますよね~。

ちなみに日曜日は別のおじさんがここで、果物を軽トラで売っていました。
日曜日のおじさんも、毎回同じ人でしたね~。不思議な物売りの世界です。

Baidu IME_2012-6-21_0-20-39

さらに安岩の交差点から山に向かって北上すると・・・

「わっいた!いたいた~!カギ屋のおじさんがいた~!」

バイクの向こう青いイスに座っているおじさん。
背後の一間ほどしかない間口の小さな店で、合カギ屋を営んでいます。
私たちも部屋の契約後、この店で合カギを作りました。

歩いて数分の所に高麗大学の裏門があります。東京の有名大学とは違い、
韓国は大学の周辺に学生に貸す、賃貸の部屋が多く密集しています。

おそらくこの店が、高麗大学学生の御用達下宿や考試院(コシウォン)の、
カギ屋になっていると思われます。引越しが多い春先は忙しそうでしたが、
それ以外の時期は、このおじさんもヒマにしか見えませんでしたね~。

私が2~3日に1回は、大型マートの袋を下げて、この前を通るのですが、
何がうざいかと言うと毎回必ず、おじさんは私と袋を見るのです。じぃ~とっ。

ただ意味はなく見ているだけだと思いますが、私は気持ちが暗くなります。
交差点から、このおじさんが見えると、迂回して部屋に自宅に戻るように・・・。

このおじさん、通行人を毎日眺めるのが趣味だったのでしょうか~?
この人も長時間労働でしたね~。月曜日から土曜日まで毎日。
朝から、たまに私たちが他所で飲んで帰って来る夜の時間も、
店は開けて店の前に座っていました。そして通りを見ていました。じぃ~とっ。


そして廃品回収のリヤカーの前にいるのがっ!

Baidu IME_2012-6-21_0-21-13

合カギ屋のお向かいが駐車場で、ここの管理人のおじさんがいました~。
帽子と手袋がトレードマークのおじさんです。

ストリートビューはスゴイです!会いたい人3人全員に会えました!

このおじさんも、駐車場の前に座っていることが多かったですが、
ストリートビューでは立っています。立つこともあるんですね・・・。

合カギ屋と駐車場のおじさんが、向かい合わせで座っている街です。
その手前には、果物屋のおじさんが居眠り。のどかな街だったなあ~!

ある日、少し離れた大型マートにバスで買い物に出かけようと外に出ると、
ちょうどこの二人の定位置の、真上の電線の工事をしていました。

「ふ~ん工事か~」と、私は口を開けて見上げる二人の前を通りすぎ、
2時間ほどして買い物から戻ると、二人は変わらず上を見上げていましたね。
「おい!おい!ず~~~っと見ていた!もしかして?」と驚きました。
韓国では電線の工事が珍しいのか?、見物人が増えていたのにも驚きましたね。

今日も安岩の街で、あの3人のおじさん、働いているのかな~。
今度ソウルに行くことがあったら、様子見てこようかしら・・・。

つづく

※2009年当時の様子です。現在とは状況が変わっているかもしれません。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
クリックお願いします。
韓国旅行記に安岩洞案内、同時進行になってしまいました
他にも韓国ネタが・・・尽きない・・・どうしよう~^^



関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL