ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP我が家のお弁当 ≫ 今週のお弁当~まとめ14 私の好きな料理研究家の先生

今週のお弁当~まとめ14 私の好きな料理研究家の先生

九州の実家では料理をしたことがなく、東京に出て来てからですね。
私が必要に迫られて料理を始めたのは。あっ洗濯もだ・・・。

今のようにネット検索するわけにもいかず、料理本を買ってきました。
料理に慣れない頃は、材料を完全の買い揃えキッチリと計量して、
レシピの通りに作りました。今も初めて作る料理は、そうしますね。

料理本のレシピ通りに忠実に作っていると、
自分好みの味が出来る、料理研究家の先生が分かるようになりました。

家庭料理の基本は・・・

大好きな鈴木登紀子先生に、城戸崎愛先生。
どちらの先生も、そのお人柄も大好きです。
たまにNHKきょうの料理に出演されると、うれしくて。
私は鈴木登紀子先生のように年を重ね、可愛いバ~バになるのが夢。

それから松本忠子先生の料理も好きですね。手堅く私好み。
有元葉子先生の、台所や調味料に対する考え方も影響されました。
どちらの先生も料理もですが、そのライフスタイルまでが素敵。

家庭で作る中華料理は、山本麗子先生でしょうか。
そして昔ながらの漬物は、中村成子先生のレシピが好きです。

P1180732.jpg

中村成子先生のレシピで作った新生姜の甘酢漬けは、今年3回目。
約200グラム。キムチだと200グラムというわけにはいきませんが、
いろいろ少量作って食べるのが、日本の家庭料理の良さですね~。



月曜日 メカジキの照り焼き弁当

ご飯、紅生姜、壷漬け、昆布の佃煮、粉吹き芋、メカジキの照り焼き、
茗荷の甘酢漬け、グリンピース入りの卵焼き、塩ゆでしたグリーンアスパラ

塩ゆでしたグリーンピースを卵焼きに入れましたが、断面が、
同じく塩ゆでしたグリーンアスパラと、色味的に被ってしまいました。

P1180691.jpg
火曜日 カレー豚じゃが弁当

ご飯、紅生姜、塩ゆでしたスナップえんどう、
ジャガイモと豚の肩ロースと玉ねぎのカレー味の肉じゃが、
赤ピーマンのキンピラ(黒ごま)、オクラの胡麻和え

あれっ!カレーライス弁当?に見えますが、違います。
カレー味の肉じゃがに片栗粉でとろみをつけ、
汁気が出ないようにすると、お弁当に入れても大丈夫ですが・・・
夫は、なぜか、これをツマミに酒が飲みたくなるらしい~。
少し入れた生姜汁とニンニクが効いて、スパイシーだからかも?

P1180711.jpg
水曜日 鶏そぼろ弁当

ご飯、鶏そぼろ、炒り卵、グリンピース、
高野豆腐と人参とインゲンの含め煮

グリンピースは月曜日に茹でた残り、ご存知かもしれませんが、
塩ゆでした煮汁に浸けたまま冷ますと、豆の表面がシワシワになりません。
保存は煮汁に浸けたまま冷蔵庫で4~5日は大丈夫ですね。
ハートなんかに型どってみましたが・・・。相変わらずノーリアクション。
たぶんハートだと、夫は気がついていないと思います。

P1180716.jpg
木曜日 おにぎり弁当

塩鮭とミツバとゴマのおにぎりと、白飯のおにぎり、
だし巻きの卵焼き、厚揚げとサツマイモの煮物、スナップえんどう

ネタに困ったら、おにぎり弁当ですね。
具材は冷蔵庫にあるもので。だし巻きの卵焼きは、味は良いですが失敗。
フライパンに溶き卵を入れた瞬間、今日は失敗するなと予感しました。
形が悪くても焼いたあと、巻きすで補正は出来ますが・・・。
卵焼きごときですが、気分が乗っていないと、上手く焼けません・・・。

P1180729.jpg
金曜日 オープンニラ玉弁当

ご飯、黒ごま、梅干、ニラと素干しエビの卵焼き、ケチャップ、
ヤリイカのこってり煮、きんぴらごぼう、赤ピーマンのナムル

ヤリイカの煮物は前日に作って、傷むのが心配で翌朝、
再加熱したのが失敗。身がしまってコッテリ味に。
やっぱりイカの煮物は、2度、火を入れたら上手くいきませんね~。
ニラ玉には、素干しエビが入っています。つなぎに片栗粉を少しがポイント。
鰹節を乗せ、青のりを振ってマヨネーズをつけて、
お好み焼き風にして食べても美味しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村




関連記事

Comment

NoTitle
こんばんわ

今夜もおじゃまします。

料理研究家の先生の名前を見て嬉しくなりました。
25年くらい前に「きょうの料理」は良く見ていてテキストを毎号買っていました。
懐かしー。

松本忠子先生のお料理は上品ですばらしくテレビでお見かけする姿も主婦の鏡のようでした。
中村成子先生は野菜をつくり漬物の6月号には欠かせない感じでしたね。

当時平野レミ先生が料理の時間が余り歌を歌ったりおもしろかったです。
たくさんあったテキストもほとんど処分してしまいました。

ところで、❤型のグリンピースに気づかないご主人はすごい!です。
2012.06.22Fri 21:38 ≫ 編集
お上手です♪
こんにちは。回を重ねるごとに お弁当の腕があがりましたね~! 私も毎朝 作ってますが とてもこんなに上手にできません・・・

「卵焼き」 て定番ですが ずっと ついてなきゃいけないし、難しいですよね!

2012.06.23Sat 08:55 ≫ 編集
可愛い
最初の写真のビン!
これってマヨネーズが入っていたものですよね?
このシリーズ可愛いのでわたしも持っています。
写真と同じものは持っていないのですが
スヌーピー柄とリサ&ガスパール柄のを持っていて
最近スカイツリー柄も買ってしまいました(笑)
わたしは茶葉を入れて使ってます~
2012.06.24Sun 20:27 ≫ 編集
Re: ハルハナさんへ
ハルハナさんとは、同年代のようですね^^
現在、病気療養中の小林カツ代先生のレシピにも、お世話になりました。
フジテレビで放送されていた「料理の鉄人」で勝利された時のテーマは、
「じゃがいも」だったと記憶しています。たしかに小林カツ代先生のレシピは、
当たり外れもありますが、ジャガイモやナスなど身近にある食材を使った、
初期の頃のレシピは秀逸でしたね~。
私の肉じゃがも、小林カツ代先生のレシピがベースになっています。
平野レミ先生の、牛肉とトマトの水煮缶で作る簡単料理は、
美味しくて何回も作ったこと、思い出しました。
そうだ!久しぶりに作ってみようかな。
たしかダンチュウにレシピはあったと思いますが・・・探さないと。
2012.06.25Mon 05:16 ≫ 編集
Re: PUUPUU さんへ
PUUPUU さんありがとうございます^^
ブログにUPするプレッシャーをかけ、少しだけ知恵を絞っています。
一人の食事は簡単に済ませますが、夫が居ると少し気をつかい、
ブログで人様に見られるかと思うと、もう少し気をつかう感じです。
卵料理って基本だと言いますが、いつまでたっても、奥が深く難儀します!
2012.06.25Mon 05:22 ≫ 編集
Re: マロンさんへ
マロンさんへ
そうそうそうです^^
去年の年末に販売していたキューピーのビンです。
私も最近、スカイツリーのデザインを手に取って、しばらく考えました。
ビンだらけになりそうで、手を離しましたが、可愛かったですね。
日本の商品のビンや缶や箱は、ついつい集めたくなるようなデザインが多く、
実際使っていても重宝しますよね。
一方、韓国の製品ですが、使いまわせるビンや缶や箱に乏しいです。
デザイン的にも冴えませんが、たまに、これいいじゃん!と思っても、
作りが雑で、耐久性が悪く、使い勝手が悪い。
前々から思っていたのですが、韓国の製品も、集めたくなる、
ビンや缶や箱の企画に力を入れて、消費者の心を擽ってくれると嬉しいのですが。
まだまだ韓国の消費者が、そこのレベルに達していないのかもしれませんが。

2012.06.25Mon 05:32 ≫ 編集
NoTitle
おはようございます。

あー小林カツ代先生ですね、忙しい人の料理「20分で晩御飯」なんていう放送もありましたね~。
当時は時間はたっぷりあって??な感じでしたが今はわかります。

「ダンチュウ」ですね。一時期、これも愛読してまして、われながら熱しやすくて冷めやすいなとおもいますが、、、、。
多分、その頃山本益博さんを知り「グルメ」などという言葉を知ったと思います。
そして、お菓子と中華料理の山本麗子先生が益博さんの元奥様だったというのを後に知りました。

たいしたものも作れず知識ばかりですが、料理はたのしいですね。
2012.06.25Mon 07:59 ≫ 編集
Re:ハルハナさんへ
ハルハナさんへ
山本益博さんが子供を抱いて、新しい奥さんと一緒に
歩いているのを見かけたことがあります。
どうして、あんな料理上手な女性と離婚したのか・・・
男と女はなぞです。
友人の両親が台湾の出身で、山本麗子先生の料理と共通項が多いですね。
先生のお父様も、たしか台湾人でしたよね。

私、台湾の料理も好きです。
なかでも魯肉飯(ルーローファン)が好きで、
友人のお父さんが作った味が特に魅了されました。もう衝撃だったです。
とうとうその作り方を聞き出したことがありました。
そうだ!あのレシピを書いたノート。どこにやったかな?
ああ久しぶりに魯肉飯が食べたくなりました。
東京で食べられる魯肉飯とは、一味違うのです^^

2012.06.26Tue 05:26 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL