FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2020年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2020年03月
TOP2012年5月 釜山⇔ソウル 無計画非効率な韓国の旅 ≫ ソウルオフ会二次会は~裵商冕酒家プロデュース♪ヌリンマウル醸造場SOOL&PUBへ

ソウルオフ会二次会は~裵商冕酒家プロデュース♪ヌリンマウル醸造場SOOL&PUBへ

忙しいです。
しかも暑いし ゚(゚´Д`゚)゚ オリンピックも始まりますね (´;ω;`)
ブログネタは貯まるばかり・・・(T_T)
はあ~。



2012年5月釜山⇔ソウル~無計画非効率な韓国の旅 その24

5月25日 金曜日

5月のドタバタソウルオフ会の、二次会で~す!

ヌリンマウル醸造場 SOOL&PUBにやって来ました~。
元さんが家庭の都合で帰宅されたので、残念ですが7人で乾杯です。

醸造場を併設したマッコリバーで、出来立てのマッコリを飲むのは、
あの百歳酒マウルに続いて、この店が二ヶ所目ですが・・・マジ旨い!



酒の出来不出来タイミングもありますが、百歳酒マウルに比べても、
ヌリンマウル醸造場 SOOL&PUBで飲んだマッコリの旨かったこと!

忘れられませんね~。もう日本ではマッコリは飲めません・・・。

P1170670.jpg

「ぶろぐ村」「韓国情報」の村民と友人による、ただの飲み会ですが、
ちょっと見、東京西麻布のカフェバーで飲み会をする
外資系会社の会社員のグループに見えませんか?

なんて言い過ぎ~かしら~。

P1170648.jpg

味はピカ一だけど、ザ・韓国テイストいっぱいの小汚い豚足屋から、
オッサレ~なマッコリバーへ、我々は移動しての二次会。

飲み会の流れとしては、カンペキ!申し分ない順番です。
仕事も遊びも、飲み会にも、メリとハリは大事ですからね~。
豚足屋では語れなかった、明日の韓国についての話も、

小粋な空間でしっとり・・・語り・・・ません!

P1170663.jpg

正直言って、何を誰と語ったかなんて・・・覚えていません・・・。
ただ旨い酒と、とりとめないおしゃべりが最高の時間でした。

P1170655.jpg

春先に友人のA子が、抱川市の酒博物館 裵商冕酒家(ペサンミョンジュガ)に、
遊びに行くという話を聞いて、う~ん羨ましい~わ~と思いながら、
そうだ裵商冕酒家には、ソウルの支庁近くに直営店があったわね~たしか・・・、
なんて調べていて、偶然みつけたヌリンマウル醸造場 SOOL&PUB。

P1170613.jpg

行きたい店のリストに入れていました~。

P1170661.jpg

私たちが案内されたのは地下のフロア。
ちょっとスカした兄さんたちも、カメラを向けるとハイポーズ!
気取っているようで気さくな店です。韓国ですから。ハイ。

P1170671.jpg

酒造会社「裵商冕(ペサンミョン)酒家」は、サンサチュンが有名ですね。
サンサチュンとは、山査子(サンザシ)のお酒です。

もちろんマッコリもピカ一!
しかもここで飲むマッコリは、アスパルテーム無添加!(も、あります)
酒本来のホンモノの味が堪能できます!

P1170653.jpg

お店の雰囲気も、韓国ソウルとは思えない大人の雰囲気。
「おまえが韓国でそういう店に行ってないからだ~!」と言われそうですが。

P1170650.jpg

夫が行きたがりませんからね、基本。韓国らしくないキレイな店には興味なし。
オフ会の流れのドサクサに紛れて、みなさんとご一緒に、
ワケガワカラズ連行されて来た夫です。しめしめ作戦成功~。

P1170676.jpg

私たちが堪能した、お店自慢のマッコリは、四季のマッコリ。
集まったみなさん、韓国ソウルの事情通ばかりの、強者ぞろいでしたが、
ヌリンマウル醸造場 SOOL&PUBのマッコリには、一同ため息~。

「美味しい~ね~」

たしかに滅多に無添加の出来立てマッコリは、
ソウルでもそうそう飲めませんから~、ただ旨いとしか言えません。
このマッコリ本来の美味しさを、どう表現していいか分かりませんので、
お店のパンフレットから、味の紹介をしておきます。

かなり情緒的な韓国語なので、訳をした夫も困り果て、
ギコチナイ表現ですが・・・。

P1170624.jpg

一番美味しい時に出会えるヌリンマウルのマッコリ
ヌリンマウルの生きている酵母が作り出す四季


春味

今まさに花が咲くように、味の調和が始まります。
甘さは香りと一つになり、より魅力的な酒へ変貌します。


夏味

草木が生い茂り、清涼感がそのまま感じられます。
甘味とともに酸味がほんのり漂い、最高のバランスを感じられます。

秋味

秋の収穫の喜びを感じるような酒です。
青くささや瑞々しさを超え、完熟を追求します。
酵母の活動で甘さの糖度は減少し、酒の深さが深まっていきます。

冬味

一切の技工や修飾を排除し、酸や甘さの絶妙なるバランスで、
淡白な味を追求します。真の酒飲みたちの世界!

P1170641.jpg

一次会でお腹が満たされていたので、つまみは控えめです。

ジョン(チヂミ)の盛り合わせ。上品な味でした。
韓国の安食堂とも、客を舐めている新大久保の味とも違います。

P1170645.jpg

コダリ(干したタラ)の炒めもの。
この店、一次会から十分使えます。
今度はお腹を空かして、また行きたいですね~。

P1170601.jpg

観光客があまり立ち寄らない、地下鉄3号線良才(ヤンジェ)駅周辺ですが、
隠れた美味しい~スポットが、まだまだありそうですよ~。

P1170603.jpg

すっかり打ちとけた頃に、オフ会終了とは寂しい~限りです。

ネットの住人同士のコミュニケーションですが、
良識ある大人同士、なかなか良いもんです。

またどこかでお会いしましょう~(*´∀`*)

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
クリックお願いしますね~!


P1190023.jpg

棒グラフの伸びは、上から

酸度

糖度

香り

炭酸度

になります。私たちが飲んだのは、春と夏。
次回は秋と冬の飲み比べをしてみたいです。

Baidu IME_2012-7-25_22-15-32


ゆる~い韓国らしいイラスト。この感じが好きです^^
関連記事

Comment

NoTitle
ほんとおいしかったです♪
ありがとうございましたぁ。
オルラッタネリョッタさんお勧めのファンテ??でしたっけ??もおいしかったです。
また行きたいです♪
2012.07.26Thu 16:13 ≫ 編集
Re: りゅぬさんへ
りゅぬさんへ
本当にマッコリ美味しかったですね~。
不思議なご縁でした。
また韓国のどこかでお会いしましょう^^
2012.07.28Sat 10:25 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL