FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 2016年1月 やっぱり良かったハワイの旅♪

Hawaii ♥ 見慣れたジャンフランコ・フェッレ氏デザインのCAの制服ですが日韓線とハワイ路線では着用するCAの貫禄が違います♪

ハワイの旅は、今回4回目を数える私ですが、空港出発ゲートは、今回も混雑していました。
わずか4回のハワイ旅行で、毎回、空港が混雑しているということは、
ホノルル空港365日毎日大混雑ということでしょうか・・・皆さんハワイが大好きなのね♥

P1230287.jpg

人混みに突進して行きます!私たちが搭乗するのはチャイナエアラインです。

P1230288.jpg

カウンターは、ビジネスでもないし、エコノミーでもありません。
その訳は、事前にE-チェックインサービスを利用。成田でもそうでしたが、
ここホノルルでも、24時間前に、パソコンからチェックインしておきました。

パソコンは、ホテルのが使いづらそう~に見えたので、宿から徒歩5分ほどの場所にあった、
ワイキキ・ショッピング・プラザ2階にあるJCBプラザ ラウンジ・ホノルルのPCをお借りしました。
JCBの会員ならば、どなたでも利用できるハワイのラウンジ。コーヒーも飲めて、PCも使えて便利です。

JCBプラザ ラウンジ・ホノルル ⇒ 

P1230290.jpg

E-チェックインサービスの利点は、長い行列に並ばなくてすみ、そして座席指定が出来ます。
帰りの飛行機のシートも、2:4:2の配列。前回のハワイの旅、中央の4席並びの席に当たり、
長時間のフライト、本当に嫌な思いをしたので、できるならば並びの2席を確保したかったのです。

嫌な思いとは、長くは書きたくありませんが、隣り、並びにアサインされたおばさんが大迷惑な人で、
CAを介して、やんわり注意してもらったら、逆ギレ炎上。私は真横から睨まれて日本まで帰国。
あんな人居るんだな~なんて、忘れられない経験です。

おばさん、自分の長い大きなカバンを、連れの友人の方では無く、私の足元までいっぱいに、
横向きで置き、私が大きなカバンは収納に入れましょうかと声かけると、このままで良いとキレキレ。
私の足は、どこに置けば良いのか?隣りのオルネリョ!さんの足元へ斜めに伸ばすのか?
納得がいかないので、CAさんに、隣りの人が置いた足元の荷物を何とかしてと欲しいと頼んだのです。
すると、足が悪い私に何をいうかと怒り出し、それならば、私の足元にカバンを侵入させずに、
お連れの方の方に、カバンを伸ばせば良いのではないかと?普通は思います。
韓国から帰国するのではありません。ハワイからです。8時間あまりも、私に斜めに座れというのか?
迷惑な女性のお連れの女性も変だったな~。ああ~結局、嫌な思い、ブログに書いてしまいました。


P1230293.jpg

人混みをかき分けかき分け、赤いカウンターのプライオリティへ。待ち人ゼロです。

P1230295.jpg

手続きに3分かかりません。発券していただき、荷物もここで預けました。

P1230301.jpg

そしてホノルル空港、メインタワー内をウロウロと見学。

P1230303.jpg

席が空きているので、ここで少し休憩できそうですが、先を急ぎます。

P1230308.jpg

急ぐ先に見えたのは?

P1230306.jpg

一代目から現在までの、歴代のホノルル空港のマネージャーの顔写真です。
こういうのって、興味あります。気になります。見過ごすことはできずに・・・

P1230307-1.jpg

おお!こちらは日系の方でしょうか~「Barry Fukunaga 1982~1999」とあります。

P1230311.jpg

さて先を急がないと、トイレに行く前、ちらっと見たら、猛烈な行列でした。
この先、長い長い退屈な時間に、ちょいと楽しめたこととは?

P1230312.jpg

P1230313.jpg

P1230314.jpg

見慣れた制服ですが、日韓路線とは違い、ハワイ線は、貫禄と風格が違いました。
入社、20年以上のベテラン勢といった雰囲気です・・・。

P1230316.jpg

検査&審査を通過するのに、小一時間はかかりました。やれやれ~と少し休憩します。




にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村


クリックお願いします



Hawaii ♥ ホテルからホノルル空港まではロバーツハワイエクスプレスシャトルを利用♪車内でびっくりした光景とは!?

ホテルからホノルル国際空港までは、ロバーツハワイのエクスプレスシャトルを利用します。

日本を発つ前に、Webにて予約。予約時に搭乗予定の飛行機の便名を入力すると、
ホテルを出発する時間を指定してくれます。これがハワイ旅行に不慣れな私たちには助かりました。

慣れた韓国旅行だと、飛行機出発時間から逆算して、当日の動きを決められますが、
イミグレの激混みが予想されるホノルル空港、どれくらい前に空港に到着すれば安心なのか?
そのためには、ワイキキのホテルをどれくらい前に出発すればいいのか?

疲れた頭で、考える煩わしさがありませんでした。指定された時間にホテルの前に立つだけです。



時間通りにお迎えの車が到着。

今回私たち、ハワイ到着時には、空港からレンタカーで走り出しましたので、
シャトル利用は片道になり1人16ドル。こちらの会社、 車両1台につき、ホテルピックアップは5件まで。
ピックアップの組数が多いと、ホテルをまわるだけで1時間なんてザラですからうれしいです。
この日、3組のピックアップとなり、スムーズに空港へ向けてホノルルを出発しました。

P1230275.jpg

お迎えに来てくれたロバーツハワイのドライバーさんは、とても感じが良い人。

ちなみに搭乗予定の飛行機は、チャイナエアライン17便で12:00出発予定。
そしてホテル待ち合わせの時間は、8:35。ホテル出発が、ちょっと早いかも?と感じましたが、
これがぜんぜん早くもなく、遅くもなく、長い行列を抜けるには、ちょうど良い時間配分でした。

P1230276.jpg

さよならワイキキと窓の外を眺めていましたが、お客をピックアップするため、途中停車。
最前列に座っていた私たち、ここで面白い光景を目にしました。

P1230282.jpg

何と!シャトルバスの扉の開閉が手動です!

P1230279.jpg

ほのぼのハワイにびっくり。

P1230284.jpg

そして無事、ホノルル国際空港に到着しました。

P1230285.jpg

写真を撮っていると、旅友の姿はありません。けして待ちません。先に行くとも言いません。

P1230286.jpg

待ってくれ~と追いかける私。

こんな混雑した場所で、うっかりはぐれたら、面倒この上ありません!!
これまたいつもの旅スタイルです。




☆ロバーツハワイ エクスプレスシャトル
http://www.airportwaikikishuttle.com/jp/




おまけ

P1230272.jpg

イリマ・ホテルでチェックアウトしたさい、貝殻のレイをかけてくれました~♪


にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村


クリックお願いします


Hawaii ♥ ハワイ出発の朝の朝食は部屋でいただきました♪

いよいよハワイを発つ朝がやって参りました。楽しい時間はあっと言う間です。



朝食は、宿泊したコンドミニアムの冷蔵庫の食材の整理を兼ねて、あるもので済ませます。

P1230257.jpg

空がまだ暗い時間に起き出し朝食の支度。さて準備OK、コーヒーも入ったし、朝ごはんです。

P1230262.jpg

前々日、ホノルル空港のスタバで食べた朝食に比べ、簡単ですが充実した献立。
コンドミニアムに宿泊するのであれば、おおいに台所は活用すべし!と最後の最後に思いました。

P1230264.jpg

ノースショアのスーパーで買ったターキーのハムと、
ホノルルのスーパーで買ったポテサラを挟んだサンドウィッチ。

P1230267.jpg

残っていたパイナップル。これも甘くて美味しく、ヨーグルトも口に合いました。
残念だったのは、青いパパイヤ。固くて、ただ、眺めるだけに。

時間は朝の7時前だったんですね・・・写真を見て思い出しました。

P1230260.jpg

頭ボサボサです。

今年の1月か・・・1年早いです。




おまけ

P1230249.jpg

宿泊したコンドミニアム、イリマ・ホテルのキッチンの流しには、ディスポーザーが完備。
ディスポーザーですが、日本では、なかなか広まりません。結局、滞在中1度も使いませんでした。

P1230250.jpg

ディスポーザとは、キッチンシンクの排水口の下に設置される電化製品で、
生ごみをミキサーのように粉砕し、水とともに排水管に流し出す、生ゴミ粉砕機です。

利点は、三角コーナーが不要になり、排水口の掃除も不要とのことですが、
そもそも私、三角コーナーは使わない派。その都度、袋に入れてゴミ箱へですが、
どうなんでしょうか~生ゴミ粉砕機。使ったことがありませんが・・・。

P1230247.jpg

日本語での説明がありました。試しに使ってみても良かったのですが、
そもそも、生ゴミが出るような料理をすることはありませんでした。


さてとホノルル空港へ向かいます!


にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村


クリックお願いします



Hawaii ♥ ハワイワイキキの韓国レストランの前をワッタカッタする!

昨日は、太平洋の向こうでは次期アメリカ大統領が決まり大騒ぎ。
まさかのトランプ氏が当選です。顕在しない白人の本音が出た結果でしょうか。

そして日本海の向こうでは、朴さん大統領で大騒ぎ。
いろいろ思うところありますが、私は驚きません。ただただ、額に汗して愚直に働く
韓国のおばちゃんおじちゃん、正義を信じて真面目に勉強する子供たちが気の毒です。

おともだちチェさんの、ドイツの家に散乱したゴミの中に赤い辛ラーメンの袋。テレビを見る私は、
ドイツの水で食べる辛ラーメンって、どんな味なんだろう~なんて、ぼんやりと考えていました。



さてさてハワイの旅、ブログネタ的には没にして蔵にしまうかと思いましたが、
急に気持ちが変わりました。ハワイの旅の記録としてブログに残します。



宿泊したイリマ・ホテルの近所、数日はその周辺を行ったり来たり。
夜になると、アジア系のお客が行列する店が気になります。聞こえるのはあの言語。

「激音」や「濃音」

ハワイで聞く韓国語。なぜか面白くありません。耳をふさいでも聞こえて来る苦々しさ。
異国で恥ずかしい親戚に出会い、ついつい他人のふりをする気持ちです。

厄介な親戚。夢の楽園でかかわりたくありません。しかし気になる。そこにつけ込まれる。
もう長いことそんなことの繰り返し。人は良いけど、他人への配慮が足りないんだよね。





ワイキキのクヒオ通りからナフア通りに入った場所にある韓国料理レストラン。

P1230230.jpg

あれ?明洞にある店?なんて思いました。どこにでもあるような店名です。

P1230231.jpg

店のご近所の日本レストラン、讃岐うどんの「丸亀製麺」には、圧倒的な数で白人の列ですが、
コリアンレストランに並ぶ白人はいません。キムチ美味しい~のに、アングロサクソン系には、
キムチの味は理解できないのでしょうか・・・なんて、数日、両方の行列を眺め考察してました。
(焼肉とうどん、まったく価格設定が違うせいでしょう~たぶんね)

P1230235.jpg

前回のハワイの旅では、短い滞在期間中に2回も、韓国レストランで焼肉三昧。
その時、店の駐車場では、韓国のおばちゃんが大股を広げてかがみ込み、
大きなタライを前に、キムチを漬け込んでいました。

ハワイでもキムチを漬けるのか~!白菜は、どこから仕入れるのかな?
なんて思いで見てましたが、今回のハワイの旅で、チャイナタウンのマーケットに行けば、
白菜に近い野菜は入手出来ることを知りました。この店はキムチはどうしているのかな?

P1230237.jpg

若かりし頃は、旅に出ると、1日4食でしたが、そんな無茶は出来ない年になりました。
何度も、店の前を通りましたが、いつもお腹いっぱい。気にはなりましたが、機会を逃しました。

P1230233-1.jpg

P1230232-1.jpg

P1230234-1.jpg

P1230238-1.jpg

P1230239-1.jpg

P1230240.jpg

P1230241.jpg

メニューと価格です。

今日明日、金融マーケットが開き、ドルにウォン、そして円は、どう動くのでしょうか。
注目ですね。



☆味加園(ミカウォン) Mikawon
住所:2310 Kuhio Ave, Honolulu, HI 96815
TEL:808-924-3277






にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村


クリックお願いします



Hawaii ♥ 思い出しても笑っちゃう^^ヒルトン・ワイキキ・ビーチ・ホテルでハワイの旅最後の夕食♪

東京は今や、パリを超える美食の都と、海外メディアの報道や、
日本を訪ねる外国人の口などから、最近よく聞かれるお褒めの言葉です。

東京に暮らしていると、和食はもとより世界中の料理を、日々美味しく口にすることが出来、
食べることが好きな私には、東京は本当に、素晴らしい~食の都とも感じます。

さてハワイ。ハワイは移民の歴史があり、また世界中の富裕層が訪れ、各国の人々が暮らし、
その食文化の多様性と質の高さ(値段も高いですが)は、誰もが認めるところです。

私たちもハワイに到着して、いろいろと食べ歩きました。そして今回の旅、最後の晩餐です。
世界各国の料理が楽しめるハワイで最後の夕飯に、私たちが選んだものは・・・



ワイキキビーチからテクテクと歩いて、ヒルトン・ワイキキ・ビーチ・ホテルに到着。
この日は、ワイキキの端から端まで歩いた気分です。よく歩きました。

さて、ヒルトンもいろいろありますが、私の佐賀に暮らす田舎者の両親が泊まった、
あのレインボータワーのヒルトン・ハワイアン・ビレッジではなく、
ワイキキビーチからワンブロック山側、クヒオ通りにあるヒルトンです。

こちら旧名が、ヒルトン・ワイキキ・プリンス・クヒオ。
もともとは、ラディソン・ワイキキという名前のホテルでしたが、世界のヒルトンに買収され、
ホテルの名称も、プリンスクヒオからヒルトン・ワイキキ・プリンス・クヒオへと変わり、
そして現在の、ヒルトン・ワイキキ・ビーチ・ホテルへと変遷したようです。

そうなんですよね・・・
お久しぶりのハワイだと、オーナーチェンジやホテルの改装に伴う名称変更とかで、
ホテルの名前が微妙に変わっていたりして、あれ~あのホテルだったと思うけどなあ?
なんて、こちらのヒルトン探しでも少し戸惑いました。

P1230197.jpg

一歩、ホテルへ踏み込むと、アメリカらしい~陽気な音楽の生演奏が聴こえてきます。

ホテル建物は古いので、外観からは想像できませんが、2007年に6500 万ドルをかけて
大改装したとかで、モダンなアメリカンリゾートホテルへと、ホテルの中は変身しています。

P1230198.jpg

日本人ツアーが利用するお馴染みのビーチ沿いのヒルトンとは違い、
フランクな欧米人中心の客層。

あれやね~何なんでしょう~かね。ハワイにおけるホテルの棲み分けとは?
日米、双方の旅行代理店の営業力の違いとかあると思いますが、部屋にバスタブが有るとか無いとか、
オーシャンビューのこだわり、あるいはダイヤモンドヘッドが見えないとハワイに来た気分がしないとか、
はたまた免税店、Tギャラリア ハワイ by DFSから、徒歩5分内のホテルでないとイヤ!死ぬ~!とか、
それぞれハワイでのホテル選びの思考?志向?嗜好性の違いが、日米欧であるような無いような?

P1230219.jpg

ホテルフロントの方まで歩いてくると、こちらは、ややシックで落ち着いた感じです。

P1230223.jpg

さてチェックインしましょうか・・・ではなかったです。私たちはヒルトンに食事に来ました。

P1230218.jpg

最後の夜はアメリカ的なものを食べようかと、Mac24/7 ( マック・トゥウェンティーフォー・セブン)へ。
Mac24/7とは、Modern American Cooking 7days 24hours Openの略だそうです。

P1230217.jpg

ビーチサンダル、ゴム草履で入店は大丈夫かと心配しましたが、ノープロブレムでした。
(実際、カウンター席の客は、草履)

この日の昼食は、普通のアメリカンダイナーレストランでの、普通のアメリカ料理。
そして夜は、モダンなホテルのモダンなアメリカンダイナーレストランへと足を運び、
最後の最後、昼も夜もアメリカ尽くしの食事となりました。ハワイのアメリカンダイナーも様々。

P1230216.jpg

モダンな入口から先は、鰻の寝床でしょうか?
スリッパは似合っても、カウンターが似合う2人ではありません。私たち・・・

P1230204.jpg

奥へと通され、案内されたのはテーブル席。やはりテーブルの方が落ち着きます。

P1230201.jpg

奥には個室も2部屋(約8名と約20名)完備で、お一人様からカップル、グループまで対応の
24時間営業の店でした。ハワイの休暇、次はいつになるか分かりませんが、
覚えておくと都合の良い店だと思います。

P1230205.jpg

コロナ・ビールで乾杯。いやいや~よ~歩いた歩いた~身体には、やっぱりビールは旨いっ!

さて何を食べようと決めて店に来たわけではありません。
メニューを見ると、ステーキにロコモコ、エッグベネディクト、パンケーキ、サイミンと、
ファミレス並に、一通りの料理は揃っています。

長いことメニューを眺め、オルネリョ!さんが「ハンバーガーにする!」と一言。
そう来たか!それならば、私はサンドウィッチ、BLTにしてみることにしました。

あきれるくらい、いくつになっても食の好奇心と探究心は抑えられません!!

そして運ばれて来た料理が・・・・




これがアメリカさんのいうところのサンドウィッチかいな!?


P1230211.jpg

ロブスターのサンドウィッチ、BLTを注文したら、こんなもんが出て参りました。
思い出しても笑えます。異文化とは、まさにこのこと。添え物の玉ねぎはデカイし量はあるし、
メインは、玉ねぎ向こうのロブスターのパテが乗ったサンドウィッチ。
具材が被っているのは、幅広のベビースタードデカイラーメンではありません。ベーコンです。

何か間違ったものを注文したこと思うほどのフライドオニオンのてんこ盛り。
しかもこの玉ねぎが、甘くて香ばしくてカリッとして、悔しいかな美味しい~のです。

P1230213.jpg

アメリカ人好みのベーコンの焼き加減と、オルネリョ!さんが言いますが、これはベーコン煎餅です。
何もここまでカリカリにせんでもよかろう~と、口の中がキレそうな固いベーコンに苦笑い。
でもしかし、本場、カリッカリに焼けたベーコンの旨いことに、悔しいかなショックです。
初めてアメリカ人の気持ちが分かりました。たしかにベーコンのカリッカリは旨い。

P1230209.jpg

こちらは、オルネリョ!さんが注文したハンバーガー。同じくフライドオニオンてんこ盛り~。
現在の様子は知りませんが、20年くらい昔、東京・六本木にあるハードロックカフェで食べた
フォークとナイフで食べるハンバーガーのスタイルです。

20年くらい昔、当時、ハンバーガーとは手に持って食べる料理と信じていた私は、
皿に、てんこ盛りのフライドポテトと一緒に出てきた大きなハンバーガーに心底驚きましたが、
私を連れて来たオルネリョ!さんは、この時数回、アメリカ大陸を車で行ったり来たりして、
アメリカのハードロックカフェにも出入りしていたので、ハンバーガーは、これが普通といった顔。

P1230212.jpg

ゴロンと横たわったフライは何だろう~と口にすると、甘酸っぱい!?
きゅうりのピクルスのフライでした。初めて食べた漬物のフライに衝撃。

意外や以外、これはいけるかも!日本に帰国したら、沢庵、らっきょう、奈良漬に、キムチと、
漬物に衣をつけて油で揚げてみようかと思いました。フライドキムチ、かなり新しい発想かも?

P1230215.jpg

最後の夜、楽しい食事になりました。これだから海外旅行は止められません。
今はちょっと不自由な毎日ですが、まだまだ知らない世界、いっぱい経験したいです。

ちなみにBLTサンドイッチのBLTとは、パンにサンドする人気&必須の3つの食材、
ベーコン(bacon)、レタス(lettuce)、トマト(tomato)の頭文字。

BLTサンドイッチについての詳細 ⇒ 

P1230195.jpg

ヒルトン・ワイキキ・ビーチ・ホテル前は、トローリーバスの停留所ですが、
イリマ・ホテルまで、途中スーパーに寄ったり、あちらこちら散策しながら歩いて戻りました。

☆Mac24/7 ( マック・トゥウェンティーフォー・セブン)
住所:2500 Kuhio Avenue, Waikiki Beach, HI 96815
TEL:808-922-5564

http://mac247waikiki.com/






にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村


クリックお願いします