FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ オルラッタネリョッタ!さん

オルネリョ!さん ガン検診 まさかの陽性 その時 ワッタカッタさん!に残す言葉とは・・・

暑い毎日が続く最中、都内某所であった、とあるパーティーの帰りの1枚の写真です。
人気のブロガーさん方と歩く、旅友であり夫のオルラッタネリョッタ!さん。
後ろ姿だけで、誰が誰だかお分かりになる方は、相当な韓国ブログ通かも?



この時は、軽い足取りで歩いておりましたオルネリョ!さんですが、
その後、健康診断を受けまして思いがけず大腸ガン検診の結果が、まさかの陽性。

P1050949_201408210928164a9.jpg

『俺は癌なのか!!俺は死ぬのか!!』 

顔面蒼白の夫。

先ごろ、母(私には義母)を癌で亡くしております。夫が私に残す言葉は、

「俺が死んだら、親父のことよろしく」 

嫁よりお義父さんが心配!?

『何~!?残されたお義父さんと私で2人で暮らす!!ありえません!!』 

顔面蒼白の嫁。

P1050940.jpg

いよいよ癌闘病記、イントロが始まりました。

検査前日には、こういうもの食べます。

P1050942_20140821092752d4a.jpg

昼食は、肉じゃがと鮭がゆ。入院したら、毎日、こういう食事なのかしら。

「美味しい?」

「食えないことはない」

P1050941.jpg

夕食は、クラッカーとチキンクリームシチュー。温めるだけで簡単。

P1050945.jpg

「美味しい?」

「・・・」

口数がどんどん減っていきます。普段と変わらないのは、お義父さんだけ。

まるで他人事。

P1050939.jpg

当日の朝と昼は、絶食。

午前中から15分おきにビジクリア配合錠を5錠ずつ計10回飲みます。

その都度、排便をして、腸内を空っぽにして、いざ大腸内視鏡検査へ。

顔色悪いオルネリョ!さん。猛暑の中、フラフラで病院へ出かけました~。

あなたお義父さんより先に逝かないでよ~私とお義父さんを残して逝ったりしないで~!!

検査結果、シロ。

出血は腸内ポリープの仕業でした。

検査結果がシロで安心したのか、昨夜は久しぶりのブログアップです。

やれやれです。お義父さんと二人残されなくて良かったです。


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村


















1980年モスクワオリンピックに招待された中学2年生のオルネリョ!さんと、嬉しいご報告♪

昨夜、ソチオリンピックが開幕しました。ロシアで初めて行われる冬季五輪には、
史上最多の87カ国・地域と個人資格で参加のインドを合わせた、約2900人の選手が参加。
そしてどれだけの数の国から、選手の応援のためロシアのソチへ向かうのでしょうか。



ところで時を遡ること34年前、オルネリョ!さんこと夫は、崩壊前のソビエト連邦から、
モスクワオリンピックに招待されたそうです。ちょっと驚きの話。

P1030740_20140208121354e56.jpg

オルネリョ!さんは、当時中学2年生。
招待されたモスクワ五輪に、是非とも行ってみたかったそうですが、両親が反対。

P1030752_2014020812410858d.jpg

冷戦時代のモスクワ招待のきっかけは、オルネリョ!さんが出した短波受信報告。
追記:カードはベリカード(Verification Cardの日本式省略)というそうです。

東西が対立する時代に、ソビエト連邦に興味を持つ、日本人の少年は珍しかったのかも?
今も昔もオルネリョ!さん、夫は変わらないと私は思いました。政治と趣味は別です。

P1030751.jpg

1980年のモスクワオリンピック、日本がボイコットしたニュースは、私も覚えています。
ソ連のアフガニスタンへの軍事侵攻に対抗して、
米国を中心とする西側諸国を中心に、モスクワオリンピックをボイコットしたのです。
モスクワオリンピックは、「スポーツと政治」の関係が問われた大会でした。

P1030750.jpg

崩壊したソ連から送られてきた葉書は、亡くなったお義母さんが保管してくれていました。
遺品整理をしていた荷物から、みつけた束です。他、中国、北朝鮮からの葉書もありました。

無線&短波少年だったオルネリョ!さん。小学校の頃から、海外短波を受信しては、
遠い遠い外国に興味を持つ少年。そして少年は、韓国マニアになってしまいました。

世界が平和で、中学2年生のオルネリョ!さんが、モスクワに行っていたら、
もしかしてロシアマニアになっていたのかもしれません。運命のオリンピックだったかも?

Baidu IME_2014-2-8_11-56-4

写真は、モスクワオリンピック公式マスコット「こぐまのミーシャ」の生みの親である、
ロシア人の絵本作家、ビクトル・チジコフさん78歳。
「スポーツの祭典を政治対立の場にしないで欲しい」と願われている、お一人です。

Baidu IME_2014-2-8_11-58-16

そして今回、ソチの公式マスコットは北極熊らしいです。
http://www.joc.or.jp/games/olympic/sochi/mascot.html ←ソース
隣国が、何かしでかさないか心配ですが、平和の祭典ソチ五輪、楽しみです。

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

そしてそして今朝は嬉しいお知らせが。

Baidu IME_2014-2-8_12-1-5

ブログ村ランキングとは別に、FC2ブログランキングにも参加していますが、
カテゴリを、アジア、海外情報から、旅行、海外旅行に移行して、初の金メダル。ダブル金でした。
こちらはポイント加算ではなく、単純にアクセス数のカウントです。

皆さまの訪問、本当にいつもありがとうございます!

僕のうどんノスタルジー♪ 武蔵野うどんの名店:練馬・西大泉の「大助うどん」

TEXT BY オルラッタネリョッタ!


カミさんは現在、済州島にいますが、
今回のブログネタ、韓国とは関係ないです。
目指すはうどん、武蔵野うどんです。
“武蔵野うどん”なんてワードが多分無かった1976年~78年頃。
当時の僕は練馬の小学校に通ってました。
土曜の放課後、友人たちと野球で遊んだ後、
友達のオヤジさんに連れられてご馳走になったのが
目指すお店との最初の出会いだったと記憶してます。

子供ですので、味なんてよくわかってなかったと思いますが、
とにかくこの“武蔵野うどん”、うどんの量が多くて、食べ盛りのガキには大満足。
そして、冷たいうどんに熱々のつけ汁につけて食べる、
“温度差”を楽しむというオトナ的なことを子供時代に教えてもらいました。
ですので、この影響から、僕は家でも、そうめん、ひやむぎには、夏でも
熱いつけ汁で食べるという習慣が身についてしまったほどです。


前置きが長くなりましたが、
目指すお店は、練馬区西大泉の通称「大助うどん」。
屋号は今回初めて意識しましたが、「満寿屋」っす。

IMG_0660_convert_20131206193012.jpg


中学からは世田谷に移転してしまったので、
その後、僕の記憶から「大助うどん」は、綺麗さっぱり消え去っていましたが、
大学時代、思いつきで車で現場に行って食べて以来、
時々、車や電車・バスで通ってました。
カミさんも1回、お連れしたと思います。

今回も電車・バスを利用して食べに行こうと思いましたが、
衝動的に自転車で現場に向かうことを思いついてしましました。
「環八をただ北上すればいいでしょ!」が基本コンセプト。

Baidu IME1-a

結論から申しますと、現場まで自転車で1時間25分もかかってしまいました。
Googleマップでは自宅から現場までは16キロ、
徒歩で3時間12分の表示でした。
確実にジムとは違う筋肉を使って、なかなかいい運動になりましたというのは嘘。
結構、帰ってみたらヘトヘトでした。

電車でしたら、ウチからだと小田急線、山手線、そして西武池袋線の大泉学園駅で下車。
片山小学校行きのバスに10分ほど乗って、大泉第三小学校で降りてスグの地点です。
今回は店の混雑時を避けるため、平日の午後3時を狙って
午後1時20分に自宅を出ました。


約5年ぶりの訪問です。

IMG_0659_convert_20131206192639.jpg

外観に変化はまったくありません。

IMG_0661_convert_20131206193310.jpg

食券自販機にも変化なし。
お目当ては赤枠の「肉もり(大)」=1100円。
僕、これ以外に食べたことありません。
麺が熱々の「あつもり」は、70年代当時、存在しなかったと思います。

1時間半かけて現場に到着し、注文後、うどんが運ばれるまでに15分ほどかかりました。
店のおばさんから、その間、2回ほど「今、麺を茹でてますからお待ちください」の声が。
15分だと、お知らせが2回は必要なんですかね。
茹で置きでスグ出されることを考えたら、待つ時間はゼンゼン苦痛ではありません。


注文した「肉もり(大)」が運ばれてきました。

IMG_0669_convert_20131206195041.jpg

うどんは少し黒みを帯びています。
これは使用する小麦の品種と関係してると思いますが、
僕は詳しくはわかりません。
麺にコシがある、コシがないという次元のものではありません。
とにかく食べごたえがあるという表現が近いと思います。

IMG_0672_convert_20131206195411.jpg

続いてはつけ汁。

IMG_0670_convert_20131206215647.jpg

絵がブレてて申し訳ないですが、
醤油ベースでかつお出汁のおつゆに、
具は大量の豚バラ肉、ネギ、小松菜、以上!って感じのシンプルな構成。

感覚でいうと「麺=ご飯、つけ汁=おかず」という感じですか。

一発目のうどんをつけ汁につけて口に入れての感想は、
とにかく「味が薄い」です。
しかし、不思議なことに2発、3発と食べ進める内に、
味の輪郭(豚バラの神々しいまでの風味)が鮮明になっていきます。

ここで食べていると、化学調味料に慣れきった
自分の舌を試されている感覚になります。

化学調味料の場合、最初の一口目が「うまい」。
食べ進めていくうちに、うんざりしてきて、最後に飽きが来るパターン。

このお店などの場合は、食べ終わる時に、
つけ汁の味がマックスに感じることを計算しているような感じ。
冷水で洗ったうどんを最後まで「つけ汁」につけても、
「つけ汁」が決して薄くなっていないことでも、それがわかります。

褒めまくってますが、これが、ノスタルジーの成せる技。
DNAに刻まれちゃってるから仕方ないです。

今更ながら“武蔵野うどん”ってナニ?という声が聞こえてきそうですが、
僕もイマイチわかりません。
20年ほど前、仕事で行った川越のくり農家でご馳走になったうどんとほぼ同じ。
正直、僕の中ではこちらの“武蔵野うどん”がうまさ的にはマックスだったと思います。
おそらく、農家や一般民家がハレの日に、もしくは来客時に振舞われたご馳走が、
この“武蔵野うどん”だったのではと想像します。
荒川‐多摩川を挟んだ武蔵野エリアが、
米よりも高品質な小麦が多く収穫された証左なのでは?

あと、是非とも言っておきたいことは、店の内装。

IMG_0666_convert_20131206194100.jpg

IMG_0667_convert_20131206200728.jpg

70年代当時マンマのインパクトありまくりの丸太のテーブル。
40年近く過ぎても変わらない店内の雰囲気に大感激です。
東京、しかも23区内でこんなお店、そうそうないと思います。

あと、従業員の多さ。
田舎、例えば熊本市内の某有名ラーメン店で、
おばちゃん10人くらいが厨房にひしめく感じ。
「田舎の食堂は従業員がやたら多い!」
このお店も70年代の昼時は、
7~8人のおばちゃんが厨房で働いていた記憶が。

IMG_0673_convert_20131206195617.jpg

きれいに完食させていただきました。

帰路は、大泉第3小学校を通過

IMG_0676_convert_20131206201602.jpg

当時よく通ったバッティングセンターと関越自動車道の側道を通過

IMG_0658_convert_20131206192331.jpg

IMG_0680_convert_20131206202323.jpg

関越の側道では、当時、スケボーとローラースケートで遊んでました。

谷原の交差点で環八に入ります。

IMG_0681_convert_20131206225150.jpg

中央線荻窪駅付近では、自転車野郎にはキツイ障害物が。

IMG_0685.jpg

IMG_0689_convert_20131206200133.jpg

IMG_0687_convert_20131206200020.jpg

反対車線に回り込み、自転車用の階段を下り、
環八の側道を通過。
疲れた体には、意外にキツイ障害物になってました。

京王線を超え、成城警察署付近で後輪がパンク。その後は徒歩。
帰りは1時間40分の帰路になってしまいました。

IMG_0674_convert_20131206231531.jpg

事後報告になりますが、
今回は長距離ということで、自分の自転車ではなく、
不在のカミさんチャリを使わせていただきました。

電車代は節約出来ましたが、
うどん代=1100円
パンク修理代=1000円

電車を利用した場合とほぼ代わりのない料金の結果となりました。


ご案内

大助うどん、屋号:満寿屋

東京都練馬区西大泉3‐27‐23
03‐3922‐3028

営業時間:10:30~17:30(ラストオーダー17:15)
定休日:日曜日


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村


珍しく六本木ナイト☆

土曜日の夜の六本木なんて久しぶり~。昔も今も六本木にはガイジンが多い。
新宿にも外国人は多いけど、港区の外国人はニオイが違います。



「ニューヨークでは20ドルでした」
「へぇ~とんこつラーメンが2000円するの~」
「替え玉はいくら?」
「たしか3ドル」
「替え玉が300円か…」
「むっちゃ食べたくて食べたんですけど、ニューヨークではコクがなかった」

一風堂

熱くとんこつラーメンを語るシンガポール人の友人。
以前にもブログに登場した友人です。
国際派のジャーナリスト。なぜか、ただ今韓国語学習中~。

シンガポールの公用語は英語。それ以前は中国語。
お父さんは中国語と英語を話し、家族とは英語で会話。
息子は英語と日本語。日本語は関西弁も話します。
そして現在、日本で韓国語を勉強中~。

シンガポールはマレー語は使わない。
シンガポールの英語は中国語なまり…彼曰く変な英語。
なんて話が面白いです。

「そうそう韓国の英語も変よ」
「コーヒーはコピでハンバーガーはヘンボゴでフランスはプランス」
「どこかの国は、猫2匹のことキャットキャットって言うらしい~」

どうでもいい話が永遠に続きます。

そして彼は、近々シンガポールに帰省するらしい。
「遊びに来てください。案内しますよ」
ああ~シンガポール遊びに行っちゃおうかな。心揺れるわ。

P1160450.jpg

ここは六本木の一堂風。白丸元味は750円。

とんこつラーメンは、外国人にも人気ですね~。
近くのテーブルからは、広東語が聞こえて来ました。
香港人は、声が大きいです。

世界に羽ばたく博多のラーメン屋、一風堂。
ニューヨーク、シンガポールに続いて、
去年の5月には、韓国江南に海外進出しています。
韓国人に受け入れられているのかしら…この味。

〆に、とんこつラーメンが食べたいと誘ってくれた友人は、
このあと終電に遅れました。日比谷線って終わるの早いです。

同級生

六本木の焼鳥屋さん。ここも外国人が多かったです。
焼鳥屋には韓国人はいません。アングロサクソン系と中華系に人気。
私の知っている限り、韓国人には、日本の焼鳥は脂っこいと言って評判がいまいち。
たまには韓国の人のいない六本木。なぜか、ほっとします。

ここから土曜日の夜はスタート。
もう一人一緒だったのは、夫の大学時代の同級生。先輩ではありません。
この方もアメリカ留学の経験あり。
この友人の英語は、スラングバリバリの英語。留学先がデトロイトだったので。

日曜日は、若くして亡くなった同級生の墓参りです。
今年も、もうそんな季節。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村



週末ケガをして安静にしている夫とパンツを盗まれてやけ酒を飲んでいる男ともだち

夫が先週の金曜日にケガをしました。左足ふくらはぎの肉離れです。

数年前、テニス中に筋肉断裂を起こした同じ左足のふくらはぎ。
あの時は重症で救急外来に運ばれ、しばらく松葉杖の生活と、
リハビリに長いこと病院通いをしましたが、今回は前回よりも軽症です。
それでも全治3週間と診断されました。
足を引きずりますが、松葉杖は使わずに歩行は何とか出来ますので、
私は、今回はあまり心配はしておりません。

先週、夫は定期券が入った名刺入れを紛失して、定期券は再び買い直し。
買い直しをしたら、会社のビルの管理会社から連絡があり出てきました。
それで新しく買った定期券は払い戻しをして、その時、
「失くした定期券は再発行できますよ~」と駅員さんから聞きました。

そして金曜日の朝、出勤した夫から電話…
「おい名刺入れがない!」「また~ですか」懲りないヤツと憤慨しながら、
前日に着用したスーツの胸ポケットに、名刺入れがあるのを私がみつけ、
駅から夫が名刺入れを取りにバタバタ戻って来て、いらいらしながら渡しました。

そして数十分後、携帯電話の着信を見たら『愛犬ポチ』また夫です。
ちなみに社用の携帯からは『忠犬ポチ』と、液晶表示されるように設定しています。

金曜日、寒~い朝の出勤途中からの2回目の電話を取り、
「今度は、ど~~~されました?」と聞くと、
「肉離れを起こした…痛い…」と、か細い声の我が家の愛犬ポチ。
「だっ大丈夫なの???」ちょっと私も慌てましたね。また急患かな~救急車?
「動く歩道で、前の姉ちゃんを抜こう~と、一歩踏み出した瞬間にやった」
会社には出勤して、ネットで病院探しをして整形外科へ行ったらしい。

肉離れは最初が大事。土曜日は終日安静にして大人しく横になっていました。
痛みは、だいぶ引いたそうですが、日曜日も安静にして家でゴロゴロ。
そんなちょっと退屈な日曜の夕方に、一通のメールが届きました。

『スーパー銭湯でバンツ盗まれ、この世の変態に困惑しながらやけ酒中』
40代独身男の友人が、同じ男性にパンツを盗まれたらしい。。。
『カギはかけていなかったの?』と質問をすると、
以下本人に許可をもらって転載。

『ちょっとした隙でした。前に○○○○○○でもあって、鍵を開けて、
ちょっと髪を乾かしている間に、パンツを盗まれました。

きょうは、鍵を開けて、ちょっと飲むヨーグルトを
自販機に買いに行っている間に、おでこの広いおっさんい盗まれました。
なんか変な感じで、怪しいと思ったけど、盗まれたと気付いて、
そのおっさんを見ると、こっちを見ているので怖くなりました。

変態は怖いです!!!!』

おいおいパンツを盗まれたのは、初めてじゃなかったのね。
おっさんが、おっさんの使用済みパンツを盗む東京。。。そして
あなた2回目の被害ね。。。そして私は『ノーパンで帰ったの?』と
再度質問をすると『パンツがないのだから仕方ないでしょう。』
ノーパンで一人東京の街を歩くおっさんか…寒かったでしょうね。。。

肉離れをして安静をしている夫と、
パンツを盗まれてやけ酒を飲んでいる友人。
1月の最後の日曜日の、2人のおっさんの話でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

男性の方、サウナ、ジムなどでパンツは盗まれないようにお気をつけください。