FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 済州観光サポーターズ活動

アンケートに答えて済州に行こう!!航空券プレゼントキャンペーン開催しているよ~!!

「ワッタカッタ!さんのBLOG」5周年記念オフ会開催 参加募集のお知らせ  ←クリック!



済州特別自治道観光広報事務所のフェイスブックを見たら・・・こんなお知らせが!!

成田⇔済州(直行便)のペアチケットプレゼント

これは応募するしかないでしょう!!


Baidu IME_2015-4-24_15-38-42


詳細は ⇒ https://ja-jp.facebook.com/jejuisland.korea


P1060127.jpg

簡単なアンケートに答えるだけで、神秘の島 済州に貴方も行けるかも~。



にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング参加しています。クリックして応援してね^^


花子と蓮子と済州の恵み~法華寺の蓮の葉から作られたエッセンス ザ・ロータス♪

花子さんの話なのか、蓮子さんの話なのか、分からなくなって来ました。

我が家の朝ごはんは8時。ちょうどNHK連続テレビ小説が始まる時間。
私は、家族に食事を出したり、ご飯のお代わりのため中座したり、
そしてお茶を入れたりとして、じっと座ってテレビを見ることは出来ませんが、
現在放送中の「花子と蓮子」ではなかったですね、
ええ~「花子とアン」は、とても気になるので再放送をじっくり見ています。

Baidu IME_2014-8-7_10-50-5
Baidu IME_2014-8-7_10-51-25
済州島 法華寺 ここも夏休みに行くつもりでしたが・・・

今朝は、蓮子と伝助がまさかの屋台デート。大人の別れをしました。
我が家でも、史実はどうだったのかと毎朝の話題となり、
「あの意地悪な作家は宇野千代がモデルらしい~」と、お義父さんが、
お年寄りの仲間から聞いた情報を、私たちに教えてくれたりします。

朝の連ドラのありがたさが、このドラマによって私は初めて分かりました。
父と息子の関係がギクシャクしていても、話題がこれといってない朝も、
朝の15分は、嫁の私は気がラク。家族の気持ちがドラマに向くので、
何となく気が休まるのです。分かるでしょうかこの気持ち。
夫の親と同居する、全国のお嫁さんには分かっていただけるいかと思います。

それにしても蓮子を演じる仲間由紀恵さんが、のっていますね。
伝助演じる吉田鋼太郎さんも素敵ですが、妹かよを演じる黒木華さんの存在が、
これまたドラマを面白くしています。
今回のNHKの朝ドラ、脇を演じる役者さんたちに、大注目している私です。



蓮子さんは、歌人の柳原 白蓮がモデルだそうです。蓮の花は幻想的で美しい~。
柳の下で可憐に咲く白い蓮。歌人白蓮は大正三美人の一人だったとか。

こじつけではありませんが、ベトナムの国花は蓮の花。
お茶にしたりデザートにしたり、蓮はベトナムの人の生活の身近にあります。

蓮についていろいろと思いを巡らせていたら、
先日の済州観光応援団の結団式でいただいた、化粧品を思い出しました。
済州道の法華寺の白蓮の葉の抽出液から作られた、
エッセンスとエッセンスローションのセット、ザ・ロータス。

P1050627.jpg

蓮の葉に多く含まれるフラボノイド成分は、肌の老化を抑制する効果があり、
そのほか、鉄分、ビタミンC、カリウム、タンニン、カルシウムなどの成分も含まれ、
美肌効果も期待できるとか。老化の抑制と美肌のための基礎化粧品だそうです。

この夏の猛暑酷暑で、さすがに私も肌のダメージを感じてきました。
1日2回から3回、シャワーを浴びていたら、洗いすぎなのか、顔もカサカサ。
火山島済州の恵みで出来たザ・ロータス、そろそろ使ってみます。

P1050629.jpg

白蓮みたいになれるかしら?

ザ・ロータスのホームページhttp://www.ithelotus.com/"> http://www.ithelotus.com/

商品は現在店舗販売されていないようです。ネット販売のみです。
価格は2本セット 68,400ウォンでした(昨日8月6日調べ)。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
↑↑↑
韓国旅行とベトナム旅行に参加しています!応援のクリックよろしくお願いします^^

あの三多水(サムダス)が済州の岩盤水と大麦でビールを製造!猛暑酷暑の夏!Jespi(ジェスピ)が飲みたい♪

済州の焼酎、もしくは済州のマッコリ製造メーカーを訪ねてみたいと、
トルハルバンラリーの旅の計画の流れで、オルネリョ!さんと話をしていました。

好き好きトルハルバン♪オリジナルを探してトルハルバン ラリーの旅♪♪

P1000896.jpg

そこで、酒造りには美味しい水は欠かせないと思い出し、
済州島には、1998年3月の発売以来、ミネラルウォーターの販売シェア、
韓国国内トップの済州三多水(제주 삼다수:Jeju Samdasoo)があります。

「そうだ~済州のサムダスの工場も訪ねてみない?」
「あれだろ~ハルラ山の麓で取水しているんだろ」

P1000907.jpg

そうです。去年の9月私は、サニョリの森を歩きました。その近くに取水場があります。
しかしサムダスを訪ねても、美味しい酒は飲めないし、
やっぱり焼酎メーカーかマッコリの醸造所の方が楽しみが多いかも。

Baidu IME_2014-8-5_20-2-38


「サムダスはビールを造っているよ」
「何それ~!初耳!どれどれ?」

旅友&リサーチャーのオルネリョ!さんからの情報に、私の目が光りました。

「サムダス行きたい!済州の水で作ったビールが飲みたい!」
「サムダスは済州でビアレストランもやっているぞ」

何!俄然行きたい!
サムダス工場見学&済州の水で作った生ビールをレストランで飲みたい!

トルハルバンラリーのあとは、済州の岩盤水を汲み上げ、
済州産の大麦麦芽で作った、生ビールをゴクゴクと飲む!

猛暑の東京、青い海と青い空の済州を思いながら、
冷えた生ビールを想像して生つばゴクンです。

Baidu IME_2014-8-5_20-3-43
済州島の火山岩盤水とビール用大麦で誕生した済州島の地ビール「Jespi」


皆さんご存知でした?
ソウルのコンビニでもお馴染み、サムダス(三多水)ブランドで有名な、
ミネラルウォーターを製造している済州特別自治道開発公社が、
済州の水と大麦麦芽を使って生ビールを作っていました。

ホームページによると、クリーンを提供する済州の真心と、
自然を志向する済州のスピリッツを込めた、済州のビールJESPI(ジェスピ)だそうです。

JESPIの原料は、済州産のビール用の高級麦にこだわり、
そして110回もの火山を繰り返した、世界遺産ハルラ山玄武岩の、
天然火山層を通過して汲み上げられた、済州自慢の岩盤水を使用。

Baidu IME_2014-8-6_5-17-52

2013年7月から発売された済州地ビールのラインナップ(カッコはアルコール度数)
Jespiピルスナー(5.0%)、Jespiペールエール(4.5%)、
Jespiゴールデンエール(5.0%)、Jespiスタウト(5.0%)、Jespiストロングエール(6.5%)

価格はストロングエール以外の生ビールが、[350ml] 4.000ウォン [500ml] 6,000ウォン、
(ストロングエールは、[350ml] 5.000ウォン [500ml] 7,000ウォン)
瓶は、2本セットで 8,000ウォン、3本セットで 12,000ウォン。
(価格は変更されることも・・・)

Baidu IME_2014-8-6_16-17-22

こりゃ~1度飲んでみたい済州のビールです。
ああ~済州島。今すぐにでも飛んで行きたい!!


☆JESPI(제스피) - 運営:濟州特別自治道 開發公社

Baidu IME_2014-8-6_10-55-0

Baidu IME_2014-8-6_10-56-20

Baidu IME_2014-8-6_10-55-19
※店舗写真は韓国のブロガーさんからお借りしました。

所在地:
제주특별자치도(濟州特別自治道) 제주시(濟州市) 연동(連洞)273-34
(구)신제주 종합시장 1층 (旧・新済州総合市場1F)

営業時間:18~24(日曜休み)
電話:064 - 713 - 7744
交通:済州道庁から879m、徒歩約10分

Baidu IME_2014-8-6_11-4-4

JESPI(ビアレストラン)に行かれた方!情報待ってます!!


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
↑↑↑
韓国旅行とベトナム旅行に参加しています!応援のクリックよろしくお願いします^^




好き好きトルハルバン♪オリジナルを探してトルハルバン ラリーの旅♪♪

今年の夏休みは、トルハルバンラリーをしようかと、旅友のオルネリョ!さんと、
話をしていましたが、いろいろ諸般の事情がありまして、予定が立ちません。
予定は立ちませんが、計画だけでも、ここに発表します。

「トルハルバン」は、ご存じの方も多いと思いますが、
韓国済州島にある石像で、済州島の方言で「石の爺さん」を意味します。

P1030254_201401111414423fb.jpg

最初トルハルバンを見たときは、特にどうってことありませんでしたが、
この石の爺さんのお顔を見ているうちに、だんだんとおかしな気持ちになりました。
見れば見るほど惹きつけられる、不思議なお顔立ちです。そのうち心が掻き乱され・・・

「オリジナル全部に会いたい!」

済州島に行けば、お土産としてレプリカは各種いろいろありますが、
私は、李氏朝鮮時代から作られた本家本元、オリジナルのトルハルバンすべてを、
ぜ~~~んぶ、自分の目で見たくなりました。そして写真に収めたい衝動に。

「行こうぜ!トルハルバンラリーの旅!」



その昔、朝鮮時代の済州島には3つの城がありまして、
トルハルバンは濟州城の東・西・南門の前に8基ずつ24基、
大靜城の東・西・南門の前に4基ずつ12基、旌義城の東・西・南門の前に4基ずつ12基、
その数ぜんぶで計48基のトルハルバンが済州島には立っていました。

そして現在、島に残るのは45基。残りの2基はソウルの国立民族博物館に展示され、
濟州城のトルハルバン1基は、なんと紛失したそうです。

紛失!?石像を紛失とは!?夜中にトルハルバンが歩いて逃げた!?これも大いなる謎!?
真相を究明したいところですが、まずは、済州島に残る45基ぜんぶに会ってから、
消えた1基は捜索したいと思います。海に沈んでいるのかしら?

島に残るトルハルバン45基の場所は、すでに確認してあります。

濟州城のトルハルバンは、観徳亭、済州島民族自然史博物館、済州大学、
済州市庁、済州国際空港、三姓穴、済州KBSに、そして、
大靜城のトルハルバンは、大靜県があった大靜邑の保城里に、そしてそして、
旌義城の城の前にあった旌義城トルハルバンは、城邑民俗村にあります。

P1000731_20140112133830308.jpg P1000730_201401121338260ae.jpg

すでに私が実際見たのは、観徳亭と三姓穴と城邑民俗村にあったトルハルバン。
残るトルハルバンを訪ねて、この夏2泊3日ほどで周れないか画策していました。

全部を訪ねることができたら、画家のキム・ナムフンさんに会ってみたいです。
キム・ナムフンさんは、その魅力にとりつかれ、
自ら10年以上かけて150ものトルハルバンを作り、公園まで作ってしまったそうです。

どんだけトルハルバンマニアなのか、キム・ナムフンさんに是非ともお目にかかり、
その作品も見せていただき、彼のトルハルバンへの愛を知りたいです。

Baidu IME_2014-8-5_14-36-18

こちらの写真提供は済州特別自治道さんです


さていつ出発できるか!大いなるトルハルバンラリーの旅!
その前にオルネリョ!さん、夏休みとれるかな?



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
↑↑↑
韓国旅行とベトナム旅行に参加しています!応援のクリックよろしくお願いします^^



ずばっと「きっと、済州が 好きになるはず」 の夜♪「韓国観光の夕べ」レポです!

今週の、月曜日火曜日のアフターファイブは、韓国関連の予定が入りました。
火曜日は、東京は文京区の東京ドームシティーへ。



6月17日、東京ドームシティーホールで「韓国文化観光の夕べ」が開催されました。
主催は「韓国観光公社」「済州特別自治道」とあります。
これは行かないわけには行かないでしょう~。昨年より、何かとお世話になっております。

P1040683.jpg

会場に入る直前に、前日の月曜日もご一緒だった、人気ブロガーの豊年満作さんから、
「入口が分かりません」と、カカオ(トーク)で連絡があり、
「あれ~満作さん、珍しく迷子?」なんて思って会場に入ると、
私が歩いていた通路左側の「関係者以外開閉禁止」の扉から、いきなり満作さんが現れました。
まるでコントみたいですが、絶妙なタイミングで、もうびっくりです。

P1040685.jpg
(オルネリョ!さんも満作さんも、普段あまり見ない、クールビズスタイルで)

私たちサポーターは関係者入場となるので「関係者窓口」で入場の受付をしてくださいと、
主催者さまより連絡があったのですが、満作さんは「関係者入口」つまり楽屋口から入場。
「違うねん 関係者窓口 表から入るねん」と、あとから、突っ込みを入れましたが、
満作さん、関係者のみ出入りする裏口から普通に入り、スタッフ通路からロビーに現れ、
偶然そこを歩いていた私たちと遭遇。

催しが始まる前から、楽しい気持ちになります。満作さん面白い。

P1040691.jpg

当初の予定では、このイベントの公募によるご招待人数は1,200名でしたが、
主催者側の予測を大きくうわまる数の応募があり、招待人数を2,000名に拡大。
さらにそれ以上の応募があり、結果、2,500名ほど招待になったそうです。

P1040688.jpg

後方の2階、3階の席まで、お客様でいっぱい。
無料招待とはいえ、平日にこれだけの集客。今の韓日、日韓、厳しい社会雰囲気ですが、
静かに確実に、韓国文化に興味をもつ方は、大勢いらっしゃるようです。

P1040696.jpg

おたがいのこと、知ることから対話は始まると、私は思います。

ステージの構成は、主催者さまご挨拶から始まり、JATA関係者さまの祝辞と続き、
鮮やかな衣装が美しい「済州特別自治道立舞踊団の伝統舞踊」の公演、
そして雰囲気がガラっと変わって、はるな愛さんの、ぶっちゃけトークショーから、
ミュージカル「サチュム」の公演と、伝統から最先端までの韓国文化の夜に。

P1040684.jpg

そして抽選会となりましたが、諦めの早い私たちは、
開演前には、人が多くて見学できなかった協賛社ブースの見学へと場所を移りました。

やっぱり済州(チェジュ)やねんと、先ずは済州のブースへ。満作さんも私も、
前日に、済州観光応援団の任命を受けたばかり、脇目もふらず済州のブースへ、一直線。

P1040714_20140619064526995.jpg

「きっと、済州が 好きになるはず」
どなたが考えられたコピーか分かりませんが、直球だ~。

P1040716.jpg

韓国唯一の火山岩盤水として人気の、済州三多水(제주 삼다수: Jeju Samdasoo)には、
「済州の水、世界に会いに行きます」と、これまたストレートなコピー。

P1040722_201406190645423e6.jpg

公演終了後、お帰りになる参加者皆さんへ、済州の水がプレゼントされました。

三多水の故郷、済州島に皆さん遊びに来てくださいね~。
なんてすっかり私は、済州の人の気分。

P1040712.jpg

オルネリョ!さんは、フェイスブックに「いいね!」をクリックしています。
お土産、ありがとうございました。

P1040718_20140619064528847.jpg

「韓国、思いがけない発見」
確かに言えます。まったく思いもつかないこと、
これまで生きてきて身につけた常識が、韓国ではブッ飛ぶこと数知れず。

そしてこのあと「マンサガー」と、一杯飲むつもりが、二杯三杯と、水道橋で長い夜に。
豊年満作さん、大先輩ですが、ついつい「満作」を、韓国式の呼びかけで「マンサガー」なんて、
呼んでしまうオルネリョ!さん。酔っていたとはいえ、大変失礼しました。

「韓国文化観光の夕べ」、お仲間がご一緒で楽しい夜になりました。
でもしかし、昨日はブログは書けず、おばちゃん二連夜は、ちょっとくたびれたかもです。

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
   にほんブログ村
↑↑↑
韓国旅行ランキングへGO!うさぎさんのクリックお願いします^^