ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月

韓国の超~アブナイ非常口♪

TEXT BY オルラッタネリョッタ!








73df7a3b-3e45-4a91-972b-8b679fcd3273.jpg


街を歩いていて、こんな風景を目の当たりにしちゃったことを想像してください。


建築の途中?
通行人を笑わせるため?


人間、常識外のものを目にすると、一瞬‘目がテン!’になりますが、
僕は数年前、韓国の地方都市、全州[チョンジュ]と釜山で似たような建物に出会いました。

昨日の中央日報で記事化されていたのですが、
上の写真は江原道・春川の某建物。
2Fにはカラオケ屋がテナントとして入居してるのですが、
先月、カラオケ屋に来ていた50代男性客がトイレを探している途中、
2Fの扉から3m下の地面に落下、
脳幹麻痺による心肺停止で4日後に死亡するという事故が発生。

そうなんです、
日本の非常口と言えば、バルコニーあり~の、階段あり~のを想像しますが、
この2Fの扉は‘非常口’、しかも韓国では「合法的」な‘非常口’だったんです。



ネットで調べてみましたが、さすがに死亡事故まではレアですが、
多くの人がこの種の非常口から墜落して、重傷を負っています。




※動画は去年の釜山での事故を報じるローカル局のニュースで、
カラオケ客の女性がトイレを探していて、墜落&重傷を負ったケース。
映像を見て頂ければ(動画51秒付近)、僕ら日本人には、ただのトビラにしか見えない物が、
非常口としてどのように使われているか、理解できます。



韓国では、この種の非常口を「낭떠러지 비상구(なんとろじー ぴさんぐ)」、
直訳すると「断崖絶壁の非常口」と呼んで、とても恐れられています。


このトビラ、鍵をかけてしまうと消防法に違反することになるらしい。
さすがに韓国政府も度重なる事故に重い腰を上げ、
こうした非常ドアには、法律が改正された昨年10月以降に新築された建物に限って
ドアを開けると警報音が鳴ること等を義務化したらしいっす。じゃんじゃん!


冒頭の春川の事故。
「友達とちょっくらカラオケ屋で歌ってくるね!」といって家を出ていった
20数年連れ添った旦那を墜落死で失った奥さんの悲しみを想像すると・・・





にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
↑     ↑     ↑
クリックしてくださればHAPPYです。
感謝ハムニダ~!


JYJ박유천(朴裕仟[パク・ユチョン])と結婚予定の財閥系オンナの簡単家系図♪

TEXT BY オルラッタネリョッタ!






ネタ的に、興味はほぼほぼありませんでしたが、
お相手オンナが財閥系だということなので・・・




홍두영20명예회장

故・홍두영(洪斗榮[ホン・ドゥヨン]) 2010年死去、享年84歳
~남양유업(Namyang Dairy Product Co., Ltd., 南陽乳業)名誉会長 ~

学歴:第一早稲田高等学院(早稲田大学高等学院の前身)→早稲田大学仏文学科卒

朝鮮戦争後、赤ちゃんにまともなものを食べさせられないことにいらだちを覚えた洪さん。
自分たちの技術で粉乳を生産しなければという信念で1964年に会社設立。
その3年後、赤ちゃん向け国産粉乳を初めて生産・販売した、
韓国の酪農乳業界におけるレジェンドとも言える人物。




↓          ↓          ↓




SSI_20140115111001_V.jpg

その長男・홍원식(洪源植[ホン・ウォンシク])推定年齢:67歳
~(現)南陽乳業 会長(写真はかなり昔のもの)~ 3年前、脱税容疑で逮捕歴アリ 

学歴:景福高等學校(サムソン皇太子の母校)→延世大経営学科卒




↓          ↓          ↓





depositphotos_121226668-stock-illustration-faceless-woman-portrait-icon.jpg

その末妹・홍영혜(洪英惠[ホン・ヨンヘ]) 推定年齢:55歳

学歴:慶熙大學校作曲科卒





황재필2005

そのダンナ・황재필(黄在弼[ファン・ジェピル])推定年齢:55歳
~英国ウェールズ開発庁韓国事務所長(写真は2005年のもの)~

学歴:私立・ 養正高等學校→延世大→ジョージア州立大学マーケティング専攻



↓          ↓



1_20170517124832bd2.jpg

その長女・황하나(黄[ファン]・ハナ)推定年齢:29歳
~ユチョンと路上キスした本人~




南陽乳業[ナミャンユオプ]って、創業当時は立派な会社だったかもしれないけど、
最近は、問題の多い会社になってるみたいです。
全国にある牛乳の販売代理店への押し売り&脅迫的営業が問題になって、
一時期不買運動にまで発展した評判のよくない企業に成り下がってるみたい。

僕的には、2009年~2010年の韓国生活で南陽乳業に関してはいくつかのツッコミを
スーパーマーケットで入れたのを覚えています。



남양17차500

韓国の負けず嫌いにほどほど呆れた南陽乳業のヒット商品。
アサヒ「十六茶」のパクリ大決定な「17茶」!



3837219_1.jpg

d99119ca42e35bfa7fbc7fba9ab1d88a(2).jpg

南陽乳業の定番乳製品「맛있는 우유[マシンヌンウユ]」シリーズ。
コレ、直訳すると「おいしい牛乳」。
つまり、明治「おいしい牛乳」の商品名パクリ。



1xxyz.jpg



最近では、インスタントコーヒーにも手を広げています。
別に不買運動を煽るつもりはさらさらありませんが、
韓国でお土産を買われる際は十分にお気をつけくださいませ!




にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
↑     ↑     ↑
南陽乳業のロゴです。
クリックしてくださればHAPPYです。



尹鍾信[ユン・ジョンシン]&金俊秀[キム・ジュンス]♪ それぞれの‘오르막길(オルマッキル[上り坂])’

TEXT BY オルラッタネリョッタ!






20120608085020_204486_500_500.jpg



윤종신(尹鍾信[ユン・ジョンシン]) ‐ ‘오르막길(オルマッキル[上り坂])’
作詞・作曲=尹鍾信、発売:2012.05.30.


이제부터 웃음기 사라질거야
いじぇぶと~ うっすむき さ~らじるこ~や~
今からは笑う余裕すらなくなるさ

가파른 이 길을 좀 봐
かっぱる~ん い~ぎるる ちょむ ば~
けわしいこの道を見てみなよ

그래 오르기 전에 미소를 기억해두자
くれ お~るぎ~じょね~ みそるる き~おけ~どぅ~じゃ~
そうさ、登るまえにお互いの笑顔を記憶しておこう

오랫동안 못 볼 지 몰라
お~れっと~んあん もっぽるじ~も~るら~
これから長いこと、笑顔が見られなくなるかもしれないから

완만했던 우리가 지나온 길엔
わんまんへっと~ん うりが ち~なお~ん ぎ~れ~ん
僕らが通り過ぎたなだらかな道には

달콤한 사랑의 향기
たるこま~ん さらんえ ひゃんぎ~
甘美な愛の香り

이제 끈적이는 땀 거칠게 내쉬는 숨이
いじぇくんじょぎ~ぬんたーむ こ~ちるげ ね~しぬ~ん す~み~
今からは、べとつく汗と荒く吐き出される息だけが、

우리 유일한 대화일지 몰라
うり ゆ~いら~ん てふぁ~いるじ~ も~るら~
僕らの唯一の対話になるかもしれない

한걸음 이제 한걸음일 뿐
はんごる~む いじぇ はんごる~みるぷ~ん
一歩、そしてまた一歩

아득한 저 끝은 보지마
あ~どぅか~ん ちょ くとぅん ぽ~じま~
遥か遠いゴールを見てはいけない

평온했던 길처럼 계속 나를 바라봐줘
ぴょんおんへっとん ぎるちょ~ろむ け~そん なるる ぱ~らば~じょ
穏やかだった道を歩く時のように、ずっと僕だけを見てください

그러면 견디겠어
く~ろみょ~ん きょんでぃげっそ~
そうすれば、耐えられるよ

사랑해 이 길 함께 가는 그대
さ~らんへ~ い~ぎる は~むけ~ かぬん く~で~
愛してる、この道を共に進む貴女を

굳이 고된 나를 택한 그대여
く~じ こ~でん なるる てっかん く~でよ~
敢えて、厳しい僕を選んでくれた貴女

가끔 바람이 불 때만
かっくむ ぱら~み ぷる~てまん
時折、風が吹く時が来れば、

저 먼 풍경을 바라봐
ちょ も~ん ぷんぎょ~んうる ぱ~ら~ば
遥かなる風景を見てごらん

올라온 만큼 아름다운 우리 길
おるら~おんま~んくむ あ~るむだ~うん う~り~ぎ~る
登った分だけ美しい、僕らが歩んできた道

기억해 혹시 우리 손 놓쳐도
き~お~け ほ~くし う~り~ そん のっちょ~ど~
覚えておいて。例え僕らの掴んでいた手がほどけても

절대 당황하고 헤매지 마요
ちょるて た~んふぁんは~ご~ へ~め~じ~まよ~
絶対に慌てたり、道に迷わないで

더 이상 오를 곳 없는 그 곳은 넓지 않아서
と~いさん お~るる ごっどむぬ~ん く~ご~すん のるち あ~な~そ~
これ以上登ることのできないゴール地点はあんまし広くないので

우린 결국엔 만나 오른다면
う~りん きょるぐ~げん まんな~ おるんだ~みょ~ん
僕らは結局再会することになるさ、登り切ることさえできれば・・・

한걸음 이제 한걸음일 뿐
は~んごる~む いじぇ はんごる~みるぷ~ん
一歩、そしてまた一歩

아득한 저 끝은 보지마
あ~どぅか~ん ちょ くとぅ~ん ぽ~じま~
遥か遠いゴールを見てはいけない

평온했던 길처럼 계속 나를 바라봐줘
ぴょんおんへっとん ぎるちょ~ろ~む け~そん なるる ぱ~らば~じょ
穏やかだった道を歩く時のように、ずっと僕だけを見て

그러면 견디겠어
く~ろみょ~ん きょんでぃげっそ~
そうすれば、耐えられるよ

사랑해 이 길 함께 가는 그대여
さ~らんへ~ い~ぎる は~むけ~ かぬん く~でよ~
愛してる、この道を共に進む貴女を

굳이 고된 나를 택한 그대여
く~じ こ~でん なるる てっかん く~でよ~
敢えて、厳しい僕を選んでくれた貴女

가끔 바람이 불 때만
かっくむ ぱら~み ぷる~てまん
時折、風が吹く時が来れば、

저 먼 풍경을 바라봐
ちょ も~ん ぷんぎょ~んうる ぱ~ら~ば
遥かなる風景を見てごらん

올라온 만큼 아름다운 우리 길
おるら~おんま~んくむ あ~るむだ~うん う~り~ぎ~る
登った分だけ美しい、僕らが歩んできた道

기억해 혹시 우리 손 놓쳐도
き~お~け ほ~くし う~り~ そん のっちょ~ど~
覚えておいて。例え僕らの掴んでいた手がほどけても

절대 당황하고 헤매지 마요
ちょるて た~んふぁんは~ご~ へ~めじ~ま~よ~
絶対に慌てたり、道に迷わないで


더 이상 오를 곳 없는 그 곳은 넓지 않아서
と~いさん お~るる ごっどむぬ~ん く~ご~すん のるち あ~な~そ~
これ以上登ることのできないゴール地点はあんまし広くないので

우린 결국엔 만나
う~りん きょるぐ~げん まんな~ 
僕らは結局再会することになるさ

크게 소리 쳐
く~げ そ~り ちょ~
大声をだして!

사랑해요 저 끝까지
さ~らんへ~よ~ ちょ くっか~じ~
愛してるよ、上り坂の果てまで・・・





変なウンチクはいらない。単純にいい曲。
昔売れた曲だけを歌い続ける歌手にだけはなりたくない!
歌手は新曲を出し続けてこそ本当の歌手だ。
そんな意気込みで恐らくこの方は歌手をされてるのだと思います。
その気持ちを具現化するように戦う歌手、尹鍾信は、
タイトル‘오르막길(オルマッキル[上り坂])’に自分の人生を重ね、いい曲を作り上げました。




20150620000162_0.jpg
※奥さんの전미라(田美娜[チョン・ミラ])は元プロテニスプレーヤー。
僕はむか~しテニス野郎でしたので、彼女の現役時代の試合を何回か観てます。
で、この曲は奥さんを戦友に見立てて作った曲だと僕は勝手に推察・・・




新曲を出し続けるのはカネもかかります。
(スタジオ費&プロモーション費、バンドメンバーの生活などなど)
ですので、尹鍾信は、積極的にバラエティー番組に出続けてます。
で、その尹鍾信とは年齢もタイプも全く異なる김준수(金俊秀[キム・ジュンス])が、
この歌詞に共感したのでしょう。
テレビ出入り禁止の中、おととしEBSの音楽番組「スペース共感」で特別出演。
気持ち入りまくりで彼はこの曲‘오르막길(オルマッキル[上り坂])’を歌い上げました。




※ファンに対して心の底から感謝しながら、この歌を歌っているように僕には思えます。



通常、モト歌&リメークって、どっちかよくて、どっちかダメってのが多いけど、
二人の‘오르막길(オルマッキル[上り坂])’、
僕はそれぞれの「上り坂」がよく表現されていて、優劣はつけがたいです。
それにしても、アイドルなのに、こんな小さな箱で歌えて、
さぞかし幸せだったろ~な~、俊秀氏は・・・




にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
↑     ↑     ↑
クリックしてくださればHAPPYです。
感謝ハムニダ~!



1993年第17回MBC大学歌謡祭・大賞&特別賞受賞曲 ~展覧会[チョルラメ] ‐ 「꿈 속에서(夢の中で)」~ 

TEXT BY オルラッタネリョッタ!






http___img_maniadb_com_images_album_123_123646_f_2.jpg



전람회(展覧会[チョルラメ]) ‐ ‘꿈 속에서(くむそげそ)’


カンナムの名門私立・徽文[フィムン]高→延世大學校の
同級生の二人で構成された男性デュオ。
歯医者の息子ボーカル・ピアノ担当の김동률(金東律[キム・ドンニュル])&
ベース担当の서동욱(徐東旭[ソ・ドンウク])。
大学1年で出場した大学歌謡祭でいきなりの大賞受賞ということに・・・
イベント本番前の全体リハーサル後、展覧会の2人のレベルが高すぎて、
他の出場者らは自分たちの負けを確信したらしい。

当の2人は本番終了後、
舞台裏に引き上げ、徐東旭君がベースをケースに仕舞っていると、
スタッフから「最後にもう1回舞台に登るから、楽器は片付けないでね!」と言われ、
自分たちの大賞受賞を悟ったらしい。

演奏後、MC이문세(李文世[イ・ムンセ])のツッコミで、
披露した曲が金東律が高1の時に作曲したものと紹介されますが、天才だね。
JAZZYにアレンジされた曲調が、学生さんぽくないし、完成されちゃてる印象。

演奏中も2人が図抜けてうますぎるから、会場がヘンに静まり返っちゃって・・・
ま、何と言っても、当時の映像をUPしてくれたMBCに感謝、感謝。
金東律[キム・ドンニュル]のデビュー当時の天才ぶりを確認できるんですから。

このイベントをきっかけにプロデビューを果たした二人ですが、
大学卒業を契機に、
徐東旭君はカタギ(留学→就職)の道に進むことになり、1997年にグループは解散。
金東律[キム・ドンニュル]の方は大学を中退してプロの道へ。

プロ転向後、アメリカのバークリー音大に留学した金東律[キム・ドンニュル]は初めて挫折を経験。
当時の同級生、上原ひろみ(天才有名ジャズピアニスト)のピアノ演奏を見て、
完全に自信喪失したらしい。

因みに徐東旭君の方は、グループ解散後、アメリカのスタンフォード大学院でMBA取得後、
コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー→韓国財閥系DOOSANで常務→
現在、モルガン・スタンレー系の投資会社で、
いくつかの担当する韓国企業の経営をチェックする立場になってるらしいっす。




おまけ


「大学歌謡祭」って、自分たちが世間に知られるきっかけになったイベントなので、
その後もゲスト出演して、持ち歌を披露してます。




※最初の部分、MCのマイクがONになって、完全なる放送事故

기억의 습작(きおげすぷちゃく[記憶の習作])~1994年10月~





취중진담(ちゅいじゅんじんだむ[酔中真談])~1996年10月~




※チームは解散しているので、当然、出演は金東律[キム・ドンニュル]一人

다시 사랑한다 말할까(たしさらんはんだまらるか)~2005年10月~






にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
↑     ↑     ↑
クリックしてくださればHAPPYです。
感謝ハムニダ~!




僕の大好きな韓国映画の挿入歌♪ 2003年映画『ラブストーリー』で流れた3つの曲

TEXT BY オルラッタネリョッタ!







fc2blog_20170514101713555.jpg

C5939-15.jpg


※映像は3人組フォークグループが、2011年に再結成した際
(音楽性の違いで7年間離れ離れで活動してた)
発売して鳴かず飛ばずだった曲がその2年後、映画のおかげで大ヒット



자전거 탄 풍경(自転車に乗った風景) ‐
‘너에게 난 나에게 넌(ノエゲナン ナエゲノン)’





監督の곽재용(郭在容[クァク・ジェヨン])って、「猟奇的な彼女」も撮った人ですが、
NAVERのニュース・アーカイブでチェックすると
大学時代に撮った映画作品で早い時代から注目を集めた人物だったことがわかりました。


Baidu IME_2017-5-14_6-28-19
※特集「若い監督たち」 東亜日報1990年4月14日付、監督本人は左下の位置



多分、今の韓国で「あなたの好きな恋愛映画は?」ってアンケートしたら、
間違いなくトップに食い込む映画。
公開当時の韓国では、
조인성(趙寅成[チョ・インソン])の大根演技に批判が集中したみたいですが、
ドラマ撮影の合間に映画に出演したんだから、ある意味、当然。






でも、손예진(孫藝眞[ソン・イェジン])と雨の中、駆け抜けるシーンは一生もの。
「曲を聴いてシーンが」、「シーンを観て曲が」、今でも容易に浮かんでくるんだから、
そう言う意味では、「最高のシーン&最高の映画挿入歌」と言えるのでは?






감광석(金光石) ‐
‘너무 아픈 사랑은 사랑이 아니었음을’
(のむあっぷんさらんうん さらんい あにおっすむる)




この映画は冒頭の曲以外にだっていい曲がアリアリ!
조승우(曺承佑[チョ・スンウ])の鳥肌演技(目が見えないことがばれちゃうシーン)で流れた
감광석(金光石[キム・グァンソク])の歌も捨てがたいし・・・
タイトルを英語にすると、
「It's Not True Love If It Hurts Too Much.」
日本語にすると、
「とても辛い愛は本当の愛ではかったということを・・・」
劇中、曺承佑と孫藝眞の心の叫びのように聞こえてきて、泣けてくる、泣けてくる!






유영석(劉永碩[ユ・ヨンソク]) ‐ ‘회상(回想[ふぇさん])’


それに、初恋を実らせることができなかった母親の代わりに
孫藝眞が初恋を成就させるというエンディングのシーンで流れた曲も良かったし・・・
実は、ホワイトという芸名で音楽活動をしていた
유영석(劉永碩[ユ・ヨンソク])というシンガーソングライターが1996年に発表した
「회상(回想)」という曲がモト歌。
映画では、歌詞を変えて別人が歌ってますが、モト歌の歌詞を見てみると、
監督がこの歌詞から映画のアイデアをふくらませたのでは?と想像できます。



우리 어머닌 나에게 항상 이런 말씀 하셨죠
니가 가지고 싶은 꿈을 안고 하늘높이 오르라고

예쁜 꿈들이 있었죠 지금 내 마음엔 없지만
2학년 5반 그때 아이들은 아직 꿈을 키울까요

성탄절 종소리에 눈물 흘릴줄도 알았었죠
하지만 나 이제는 너무 다른걸요....

우리 할머닌 가끔씩 빈하늘만 바라보시죠
이젠 주인 될수 없는 젊은날, 그땔 생각 하나봐요

그 모습을 보면은 나는 왠지 가슴이 아파요
하지만 난 아는걸, 멀지 않았음을....
멀지 않았음을...... 멀지 않았음을.....





にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
↑     ↑     ↑
クリックしてくださればHAPPYです。
感謝ハムニダ~!